痛風 温泉 | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風 お見舞い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風のお見舞いに何がいいですか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の お見舞いですか?

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

通風 温泉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 温泉 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本では古来、温泉療法 [湯治(とうじ)のこと]というものがあって、
温泉地で、ゆっくり滞在して、日に何度も温泉に入ったりして、
リラックスして、病気を治す、という治療法があります。

この、日常の喧騒も何もかも忘れてリラックス・・
というのが良いのかもしれませんが、それ以上に、
温泉の湯に含まれている成分が薬効がある、と考えられています。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

尿酸値 サウナ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 サウナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サウナは、世間一般に体に良い、健康に良い、と考えられてます。

それには、根拠があって・・・
まず、体温が上がることによって血流も良くなり、
大量の発汗によって、減量効果などもあり、さらに気分がスッキリします。

この気分がすっきりする、というのは、単なる気のせいではなく、
汗と一緒に、体の中にある良くないもの(?)も一緒に排出できるので、
サウナの後、爽快なのは気分だけでなく、本当に体調が良くなるようです。


ところが。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風のときにサウナに行っていいですか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風にサウナは良いのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「痛風のときにサウナに行っていいですか」

やめたほうがいいです。
 

痛風発作の激痛の真っ最中に・・という意味なら、
サウナに行かない方がいいです。

っていうか、自宅にしろ、銭湯にしろ、
風呂で湯船の中で ゆっくり温まったりするのも、
やめておいたほうが無難です。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風発作 温泉


痛風発作が出ている真っ只中には・・
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 冬場に風呂に入った後、気分が悪くなるのは なぜ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● そんなに長時間、風呂に入ったわけでもないのに気分が悪い人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風とは全く関係ないように思うかもしれませんが、
冬、風呂に入った後、しばらくすると、なんとなく体がダルい、とか、
気分が悪い、とか思うことがある人もいるようです。

これは、なぜ?

若い人にはピンとこない、というか、まるで縁のない話ですが、
年をとってくると、だんだん体の中の順応性がなくなってきます。

どういうこと?


風呂に入るでしょ。
冬場の風呂は、あったかいですし、体も温まるし、
ぽかぽかしてホントに良い気分になります。

いいですねえ、お風呂って。

このとき、体はリラックスして、体内の血管は広がっている状態なのです。

血管というのは、常に一定の太さではなく、
ある程度、そのときの体の状態によって収縮するのですよ。

ところが、風呂から上がると、しばらくすると、
だんだん体が冷えてきます。

すると、血管は収縮するのです。

血管が収縮すると、どうなるの?

血管というのは、血液の通り道で、その道幅が狭いということは、
血流が悪くなるとということ。
血液の流れが狭い道を速く通らなければならなくなります。

このとき、気分が悪くなったりします。


でも、大丈夫。
しばらくしたら、治まるのです。

これは血圧が高いから、とか、心臓が悪いんじゃないか、とか
脳梗塞になるんじゃないか、とか、そんな心配はないです。

急に温かいところから、寒いところへ、
体の対応が上手く行っていないだけ、です。

死んだりしませんので、ご心配なく。

 

痛風 心臓疾患
 


で、その対策↓


●風呂から上がるとき、両手首から先を10秒くらい、
冷たい水に つけます。
 

それから、風呂から上がります。

手先というのは、とても敏感で、ツボなども集まっていて、
反応しやすいところなのです。

風呂から出たときは、体全体がとても温まっている状態なので、
手先だけ、冷やしてみることで体を順応させる目的があります。
 

もし、似たような症状がある人は、一度
試してみてください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 夏に痛風発作が多い2つの理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、お風呂上りの話よりも、痛風の話。

夏場に多い痛風発作ですが、これは暑さのために
たくさん汗をかいて、水分不足になるから、と考えられています。

水分不足になると、体内の尿酸の濃度が高くなり、尿酸値が上がる。

そして、同時に発汗のため、尿を出す回数が減り、
(尿酸は尿に溶けて排泄されるのが大半)
体外にハイセツする尿酸が減るので尿酸値が上がり、
痛風発作のリスクが高くなる、と。


もちろん、これは正しいのですが、
この考え方は西洋医学の考え方です。


漢方医学(東洋医学)の考え方は、そうじゃありません。


夏場は暑いので、体の中の血管が広がるのです。
いわゆる“副交感神経反射”というのですが、
緊張が交感神経とすると、副交感神経とは、その逆でリラックスのことです。

体内の血管は緊張すると、収縮し、リラックスすると、拡張するのです。

夏場は暑いので、血管が広がりやすく、
血流が良くなることよって、体が大掃除を始めるわけです。

痛風の場合は、溜まりに溜まった尿酸結晶というゴミ(体にとって要らないモノ)
を掃除するのです。

それが、痛風発作。

発作による発熱(痛みと腫れもアリ)で結晶化した尿酸を溶かすのです。

ですので、本当は痛風発作が起こってしまったら、
薬などで抑え込まないほうが良いのですが、
痛いので、ついつい、痛み止めなどの薬を飲んでしまいますね。

なかなか理屈通りには いきませんが、
本当は、痛風発作にも、体にとって起こるべき理由がある、ということ。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 高血圧になるのにも、理由がある!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


高血圧だって、そうです。

西洋医学では、高血圧になると、即、薬で血圧を下げようとします。

たしかに高血圧は、もっと重篤な症状に陥るリスクがあるので、
高すぎるのは望ましくありません。

だから、薬を飲みましょう、と。


でもね。

血圧が高くなってくるのは、年をとって
血管に順応性がなくなってくるのも一因なのですが、
血管の通り道が狭くなってきたりして、心臓から
ポンプのように「強く」血液を押しださないと
手足などの末端まで血液が送られなくなるから、なのです。

だから、強いチカラで血液を押す。
血液を隅々まで届くように、圧力をかけて押しだす。

これが高血圧。


つまり、必要だから、強いチカラで押しだすのです。
でなきゃ、手足などの末端まで血液が巡らないから。

ところが、検査結果の数値が良くないからといって、
即、薬。

で・・血圧の数値は下がりましたが、血圧が下がったということは、
血液を送るチカラも弱くなった、ということ。


で、どうなる?

結果として、手足に血液をあまり送りにくくなります。

手足まで血液を送れなくなってきたら、
強いチカラで押しだそうとしているのに。

薬のチカラで、その強く押し出すチカラを弱めちゃった。


高血圧になってしまった、のではなく、

必要だったから、体は「血圧を上げた」のです。



高血圧の状態であることは健康リスクかもしれませんが、
体が、高血圧にするのには、意味があるのです。


このように、西洋医学と東洋医学とでは、
痛風に関することに限らず、まるで考え方が違います。

どちらが正しい、とかじゃなく、
そういう考え方もある、ということを
知っておいても損には ならないと思います。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

温泉の水は通風にいいのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 温泉の水は、痛風に良い?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通風ではなく、正しくは「痛風」です。
高尿酸血症(尿酸値 7.0mg/dl以上)で一度でも発作が発症したら、
痛風と診断されます。

え、なに?

温泉の水が、痛風に良いって?


以前、知り合いの人が毎月、
温泉の出る地域に出張していた時期がありました。

でね。
その人、体に良いという評判だから・・・って、
毎月、温泉の水を汲んで、ポリタンクに詰めて
持ってきてくれるんですよ。
飲むとカラダにいいから、って。

お、温泉の水・・・・・・・・ですか???

で、私は、どうしたのか?
どう対応したのか?

顔では笑って「ありがとう」といい、
ありがたく、温泉水入りのポリタンクを受け取りましたが、
結局、一度も飲まずに、毎月、こっそりと捨てていました。

え?
なんて、酷いヤツだって?

だって、温泉の水って、気持ち悪いんだもん。
ヘンなニオイがするんだもん。

断ったのですが、カラダに良いから、いいから飲め、
といって、その人、毎月、必ずポリタンクを持ってくるんです・・・



もう、いらないってば!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 温泉→入るのと、飲むのとは、また別の話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、温泉の水を飲む効果はよくわかりませんが、
肝心の温泉は、昔から、よく「湯治(とうじ)」とよばれる
温泉療法などに良く利用されています。

痛風に良い、と
うたっている温泉もありますしね。
私は実際に試した経験がないので、
現実に効果があるのかどうかは、よくわかりません。

放射能線(ラドン温泉)が良い、とか。
自然治癒力が高まる、とか。

まあ、いろいろ言われていますが・・・

たしかに、
医薬品や医療治療のような、科学的データや医学的根拠のないものを
一概に「ダメ」と決めつけるのは、間違いのような気もします。 

何十年、何百年も言い伝えられてきたのなら、
それなりの「何か」があるのでしょう。

興味と時間のある方は、一度 試してみられては、
いかがでしょうか。


ただ、その・・あの・・・
温泉の湯が効果があったからといって、
私のところにポリタンクに詰めて、持ってきたりしないでくださいね。
 



▽↓ 効能:慢性消化器疾患、慢性肝胆道疾患、糖尿病、痛風、
尿酸素質、慢性尿路疾患、じん麻疹、肥満症

鳴子温泉郷のミネラル還元水素水まつばら源泉 2Lx6本入り  【RCP】


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 サウナ 良い 悪い


サウナは痛風に良いのか、悪いのか・・・といえば、
どちらともいえません。



どうしても、どっちかに決めろ、といわれるのなら、
「サウナは痛風に悪い」という方に一票です。


でも、本当は悪いだなんて、あまり思っちゃいません。


サウナが体に悪いのならば、
あんなに日本全国にサウナがあるわけがありません。
銭湯にだってサウナを併設しているところもあります。


サウナには、疲労回復、ストレス解消、発汗による減量効果、
血流改善、肩こり解消など、さまざまな効果が期待できます。

 

でも、尿酸値の高い人(痛風や高尿酸血症)の人が
サウナに入っても大丈夫なの?


サウナは、いわば、かなり高温の熱気浴です。
つまり、大量の発汗を伴う、ということ。


まあ、この大量に汗をかく、ということが、
さっぱりして良い気分になるわけですが・・


残念ながらは、汗に含まれる尿酸は(ほぼ)ゼロですので、
いくら汗をかいたところで、尿酸は汗からはハイセツされません。


尿酸が排泄されるのは、大部分が尿です。
(便からも少し)


ということは、いくら汗をかいても、
尿酸値は下がらない、ということ。


それどころか、大量の発汗により、
体内が水分不足になり、血液中の尿酸濃度が高まってしまい、
逆に尿酸値が上がってしまう、という結果になります。


でもね。
汗による、水分不足が原因なら、水を飲めば良いのでは?


サウナで汗をかいたら、すぐ室外に出て、
ごくごく水を飲んで、またサウナの部屋に入ったら?
それを延々と繰り返したら?


それならいいかもしれないですけど、
そんなことをしている人は、いないでしょう。
あまり見たことがありません。


サウナは汗をかきに来るところ、みたいなイメージもありますしね。

 

それから、変な話ですが、
サウナは根性比べみたいな空気があって(ウチの地域だけ?)
他の人よりも一分でも長く、サウナの中で
がんばろう・・・みたいな雰囲気があるのです。


相手より先に自分がサウナ室から出てしまうと、「負けた」みたいな。


まあ、どうでもいいですけどね、そんなことは。

 

あと、長期にわたって痛風の人は、
腎機能が少し低下気味で、高血圧を併発している場合もあるので、
ちょっと注意が必要です。


どんな注意?


本当は、ね。
サウナなどの高温の風呂に入ると、血管が拡張して
血流が増えて、(一時的ですが)血圧が下がるのですよ。


ですから、サウナは高血圧に良い、と考えガチですが、
サウナうんぬん、よりも温度の差がイカンのです。


つまり、寒い部屋から(めちゃくちゃに)暑い部屋へ入る。
暑い部屋にいて、暑いからといって、冷たい水を浴びたりする。
また、暑い部屋へ入る。
そして、室外(暑くない)へ移動する。


これって、心臓にスゴイ負担がかかるのです。
痛風以前の問題です。


そりゃあ、若い人は問題ないでしょう。
問題は、中高年以降です。


昔ほど、血管に柔軟性がなくなってきている可能性もありますから、
あえて、無理することはないです。

 

サウナは入るなら、徐々に体を温度に慣らしてから。
急激な室温、体温の変化は要注意です。


痛風だから・・というのは、水分補給さえシッカリしていれば、
特に心配はないですが、サウナで根性を見せなくても
他で頑張れよ、と (私←)。

 


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 温泉 | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ