痛風 東洋医学 | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風は夜が痛い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風発作 夜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「痛風は夜が痛い」
いえ、朝も痛いですよ。

この場合の“痛風”というのは、痛風発作のことです。


たしかにね。
痛風発作が発症する時刻、時間帯というのは、
圧倒的に「夜」が多いです。
あと「夜更け」「未明」・・とかね。

あっ!
来るな!?

痛風がやって来る直前は、自分でもわかりますからね。

いや、これは知らないうちに捻挫したんであって、
覚えはないけど無意識のうちに足をくじいたんであって、
住み慣れた自分の家で自分の部屋で、なぜか
気がつかないうちに躓いた(つまづいた)のであって、
これは痛風じゃないんだ、痛風のわけないんだ、
痛風とは違うぞ、痛風のハズがなかろう!!

・・・・というふうに自己暗示をかけるのですが、
自分がどう思い込もうが、容赦なくやって来るのが
痛風発作というものです。


でね。
筋肉痛とかでしたら、一晩寝たら、
朝になったら、痛みが引いたり緩和していたりすることが
多々、あるじゃないですか。

同様に、突然、原因不明に足が痛くなりましたが、
大丈夫だよ、きっと、これ、朝になったら、
すっかり痛みは なくなってるよ。

・・・・そう思って、寝て、起きて、朝になったら、
昨晩よりも、もっともっと酷くなっているのが
痛風発作の常。

・・・っていうか、明け方に激しくなる激痛で
目を覚ましたりね。

ああ、やっぱりか、って。
痛風が来たんだな、と。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風発作に鍼灸治療はホントに効果的か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 鍼灸治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これから書く記事の内容は、私が実際に体験したことを
元にして記述したものなので、必ずしも
万人向きじゃないかも、というか、正しいのかどうかも
わかりませんが、とりあえず
自分が思うことを書いてみたいと思います。


まず、鍼灸(しんきゅう)というのは、
「鍼治療」と「お灸」のことです。
(って、そこからかよ?)

鍼と書いて「はり」と読みます。
「鍼治療=はりちりょう」です。

お灸は、自分でもやろうと思えば
(ツボの箇所がわかる人ならば)できますが、
鍼治療は国家資格を保有している鍼灸師しか
施術することはできません。


で。
鍼灸治療は痛風に効くのか?


世界保健機関 (WHO) は、
『鍼灸治療は“痛風”に適応』と認めています。

おお!?
世界に名前の轟く「WHO」が
鍼灸は痛風に効果があるって認めているって!?


でもね。
良く考えてください。

たしかに「世界保健機関 (WHO)」は、
鍼灸が痛風に適応、と認めていますが、
『鍼灸が痛風発作に効果的』とか
一言も言っていないのですよ。


??

どういうこと?

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

飲み過ぎ 足裏が痛い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 足裏が痛い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「足裏が痛い」というのは、足の裏が痛い症状のこと。

それも裸足で画鋲(がびょう)を踏んだ、とか
明らかに原因のわかっている場合ではなくて、
外傷とか、別に心当たりもないのに、なんとなく
(歩いたり、体重をかけたりすると、特に)痛い。
そんなケースのこと。

このブログは「痛風ブログ」なので、
痛風の人が「足の裏が痛い」場合のことを
書いてみたいと思います。

で、「飲み過ぎ」といっても「水の飲み過ぎ」とか
いろいろありますが、世間一般で言う「飲み過ぎ」
というのは、普通、お酒のこと。
ビール、ウイスキー、焼酎などのアルコール飲料のことですね。

これらの酒類の飲み過ぎのせいなのか、どうなのか、
翌日とかに気が付いたら「足裏が痛い」、と。


これは、なんでか。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

春バテ 症状 対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
春バテ解消法 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はるばて?

「春バテ」って知っています?

私は昨日まで、知らんかったよ〜
あはは〜

あはは、じゃねえって。


気候の変化、夏のあまりの暑さに体調を崩すのが
「夏バテ」だとすると、それが春にも起こるらしい。

私のような昭和の人間には考えられない。
春にバテるなんて。
ショーワには春バテなんか、なかったけどなあ。

春のゴールデンウィークで休み過ぎて、
んでもって、休みボケになってんじゃないの?

世の中には、ゴールデンウィークであろうが、
ずっと仕事の人もいるのに。ぶつぶつ・・。


そんな書き方をすれば、いかにも
私はゴールデンウィーク中もずっと仕事していたように
聞こえますが、実は、ずっと休んでいました。

(なんじゃ、そりゃあ)


で。そんなことより、
その「春バテ」の症状。原因。対策。
一気にいきます。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

ねこきちの痛風の苦しみブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ねこきちの痛風ブログ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この「痛風ねこきち」という痛風ブログ(痛風の苦しみブログ)は、
ジュゲム(JUGEMブログ)のシステムを使って書いているのですが、
来訪者がどんなキーワードで訪問してくれたのか、
ちょっとだけ見れるようになっています。

で・・
どんなキーワードで「痛風ねこきち」にやって来たのかな、
と思ってみていたら、その中に・・

『ねこきち は 嘘つき』

というキーワードが。



げっ!?
ねこきち、って、もしかして、私のこと?



ねこきち って
  嘘つきだったのか!




読みに来てくれた人をダマしてやろう、と思って
記事を書いているわけではないのですが、どーやら、
私の書いた記事のせいで不愉快な思いをした人がいるようで、
申し訳ございません。

これからは、なるべく、当たり障りのない、
無難な内容で、のんべんだらりと書いていきたいと思います。
(と、その場しのぎで、そう言っておく)

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 腎臓は顔色でわかる?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 顔色 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東洋医学に「春は“肝(かん)”」という言葉があるのですが、
これは日本には四季があって、季節の移り変わり、
気候の変化などによって人間の体も影響は受ける、という意味があります。

春夏秋冬、それぞれ、人間の内臓で影響を受けやすい場所は違うのですが、
春は「寒い冬」から「暖かい春」に変化するときですので、
人間の内臓では「肝臓」が変調しやすい季節と考えられてるようです。


かんぞう?
痛風に関係ねーだろ?


痛風といえば、足が痛くなる病気と考えられがちですが、
本当は「代謝の病気」
内臓は、やはり密接に関係しています。


で・・
さっきの「春は肝(かん)」ですが、
春になって気候の変化で肝臓に変調しやすくなってくると、
脾系に影響が出てきます。

脾系?
脾臓のことね。

ヒゾウ、といっても、まるでピンときませんが、
要するに「消化器系」です。
胃などにも影響があります。

だから、春になって、肝臓の調子が落ちてしまうと、
なんだか胃の調子も一緒に悪くなってくる、などと
いうことが起こって来るわけです。


ん〜?
胃の調子が悪いのは花見で飲み過ぎたからで、
春とか肝臓とか関係ないって?


んなことより、痛風のことを書けよ。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブリクをやめ梅干にしたい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 梅干
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「フェブリクをやめて、梅干にしたい」→
いえ、梅干で尿酸値は下がらんでしょう。
梅干でフェブリクの代替には ならないでしょう。

フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、
尿酸値を下げる薬のこと。
40年ぶりの新薬ということで、
「痛風新薬」と呼ばれることもあるようです。

梅干、というのは、食べるとスッパイ、あの「梅干」のこと。

フェブリクに限らず、世にある医薬品というのものは、
その効果と引き換えに、多少なりとも副作用があるのが
一般的ですから、飲んでいる薬の服用をやめたい、
というのは わからなくもないです。

じゃあ、なんで梅干か・・というと、
フェブリクの代わりには ならなくても、
これがまた、意外な効果があるようなのですよ。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

尿酸値とパーキンソン病

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 パーキンソン病
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「パーキンソン病」というのは、難病です。

つまり、簡単に治らない。
なかなか治らない、ということは苦しむ期間が長い。
つらい病気です。

苦しむ期間が長い、という面では痛風と似ていますが、
(痛風発作じゃなく、痛風そのもの)
パーキンソン病と痛風は全く違う病気です。


私の親戚の人もパーキンソン病でね。
長年、ずっと寝たきりでした。

寝たきりになったキッカケは、自宅の玄関で
つまずいてコケて、大腿骨を骨折したから。

当人は、コケて骨折したから寝たきりになった、
と主張していましたが、普通ね。
自分の家の玄関で躓いてコケたりしませんよ。
そんな年でもないのに。

住み慣れた自分の家の玄関先で躓いて転倒する、
ということ自体、もうすでに
運動神経が少しダメになってきていたんじゃないか、
と思います。

つまり、
寝たきりになったからパーキンソン病になったんじゃなくて、
パーキンソン病になったから、うまく歩けなくなっていて
転倒したんですよ。

本人は、そういうふうに思いたくないみたいでしたが。


で・・・
そのパーキンソン病と痛風が何の関係があるのか。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 冬でも2リットルの水を飲むのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 寒い季節
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風発作は夏場が多発する季節ですので、
冬場は痛風発作が少ない傾向がありますので、
一安心の人も多いのでは?

でもね。
痛風初期症状の人なら ともかく、
20年、30年と痛風の年数が長い人には
あまり関係ないのですよ。
つまり、冬でも痛風発作が出る、ということ。
容赦なく出る、ということ。

冬に痛風が出る、ということは、
夏には痛風が出ないのか、というと そんなことはなく、
冬に痛風発作が出るような人は、やっぱり
夏にも痛風が出るんです。

つまり、春夏秋冬、季節なんか関係なく痛風が出るんです。


ああ、なんて
苦痛の多い人生なの!?
フツーに歩けた私の人生を返して!!


で。
痛風改善の基軸となるのは、今も昔も
とにかく「尿酸値を下げること」
これに尽きます。

尿酸(尿酸値)さえ基準内というか、
尿酸値 7.0mg/dl以下ならば、血液中に尿酸は
順調に溶けてくれますので、
飽和状態になって結晶化して関節などに沈着したりすることは
ないわけで。
(この尿酸結晶の蓄積が痛風発作の遠因)

病院へ行って痛風です、と言えば、
さあ、薬(尿酸値を下げる薬)を飲みましょう、となるわけですが、
これが一般的な痛風治療と考えられています。

それ以外にも、たくさんの痛風改善法のようなものもあって、
それこそ、民間療法の域を出ないもの、都市伝説みたいなもの、
なんじゃ、そりゃあ! と言うようなもの、など
無数にあるのですが、その中には、
どうやら本当に効果がありそうなものも
いくつかは あるようです。


でね。
痛風の本とか、お医者さんが推奨している方法の一つに
「水を多めに飲みましょう」というのがあるのです。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

冬になると足がつる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 足がつる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

足がつる、というのは、いわゆる「こむらがえり」のこと。

子供の頃、「コブラ帰り」と思い込んでいて笑われたアレのことです。

ふくらはぎの筋肉が痙攣(?)したり、筋肉に激痛があったり、
あるいは、足の親指が変な方向へ
ひん曲がったり。

通常では、有り得ない方向に足の指が曲がったりしますからね。
自分でも、びっくりしたりしてしまったり。


で・・・
その「足のつり」が痛風と何の関係があるんだ、といえば、
関係ないですよ。

しいて言えば、痛風の人は手足が冷たい人が多かったり、
血流の良くない人も多いので、血流の悪さが「足のつり」と
関係がなくもないかもしれない、という程度。

 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 東洋医学 | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ