━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● ストレスがなくなる!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストレスがなくなる薬とか、ストレスがなくなる食べ物を
教えてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


そんなモノは、ありません!


もし、あればノーベル賞もの、です。
っていうか、そんなものがあれば、とっくに
私が飲んで食べて、ここのブログで紹介しているハズです。


ですが、良く聞く話にこんなのがあります。

ドカ食いすれば、「ストレス解消」になる。
好きなものをお腹いっぱいに食べたら、「ストレス解消」になる。

これは・・確かに、一理あるかもしれませんね。
好きな食べ物を好きなだけ食べたら、御機嫌になります。

また、ストレスがたまると、ストレス解消のために
洋服、バッグなどをショッピングで買いあさる、と。
そうすれば、ストレス解消になる、という人もいます。

でもね。
おカネをいっぱい持っている人はそれもいいですが、
普通の人は、お小遣いに制限があるので、
そんな事をしていたら、あっという間に
お金がなくなってしまいます。

好きなものをドカ食いする件もそうです。
そりゃあ、そのときはストレス解消になるかもしれませんが、
そんなことをすれば、たちまち尿酸値が急上昇してしまいます。

痛風には満腹、食べ過ぎは厳禁なのです。

プリン体の多い食事を気にするのなら、
「食べ過ぎ」の方を気にするべきです。

(食べ過ぎると、体内に大量の食事が流れ込むので、
肝臓で分解するときに、大量の尿酸が生成されます)

じゃあ・・食べ物がダメなら、薬は?

精神安定剤のような薬は?

薬というのもは、いわゆる対症療法なので、
根本的な解決になりません。
薬でストレスを解消しようという考えは、おススメできません。

そもそも、なんでストレスが良くないのか?

本当は、ね。
ある程度のストレスは、体にとって必要なのですよ。

ストレスはいわば緊張で、その逆はリラックス、つまり緩和です。

人間の体は緊張と緩和の繰り返しでうまくいっているのです。
いわゆる、交感神経優位(緊張)と副交感神経優位(緩和)ってヤツです。

人間は昼間、働いて(緊張)、夜、家に帰って くつろいで(緩和)の
繰り返しでうまくいっているのです。

ほら、定年になって、することがなくなった途端、
急に年をとってしまう人がいるでしょう?

定年になっても趣味とか、何か生きがいのある人はいいのですが、
仕事一筋だったような人は、もぬけの殻みたいになってしまう場合が
あるです。
これは、つまり、緊張(ストレス)がなくなってしまったからなのですよ。

ストレスといえば、諸悪の根源のように思われていますが、
有る程度は必要なのです。

ところが、ある程度どころか、
現代人のストレスは多すぎて、強すぎて、それで調子を崩したり、
病気になってしまうのです。


ストレス 痛風 尿酸


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● なんで、ストレスがダメか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風の人にとって、ストレスがどうして良くないのか?

交感神経優位(緊張状態)が続くと、体は外界からの影響(ストレス)に
立ち向かうため、体を緊張させて、血管を収縮させます。
いわゆる、血流が良くなくなるのですが、これがイカンのです。

たとえば、腎臓あたりの血管も収縮してしまうので、
血液を濾過して尿酸を体外に排泄するチカラも弱ってしまうのです。

で、尿酸の排泄量が減って、血液中の尿酸濃度も高くなる。

結果として、尿酸値があがってしまい、
痛風発作のリスクを高めてしまいます。

つまり、ストレスは、ある程度なら体に必要だけど、
度を過ぎたストレスは体に悪影響を与える、ってことです。

え?
そんなこと、わかっているって?
どうやれば、ストレスがなくなるかを知りたいんだって?

ストレスは現代社会に生きている以上、不可避なものです。

ストレスが嫌だからといって、外界との交流を絶ち、
人との触れ合いを避け、自宅の籠ってしまうのが
自分の生存にとって望ましいものとは思えません。

ストレスは受けないように、逃げ回るものではなく、
ストレスを受けてしまったら、ストレスをためてしまわないように
適当に発散する、という方向で考えるべきだと思います。

ストレスの発散方法なんて、人それぞれです。
ここで、そのやり方を書くようなものでもありません。
千差万別ですからね。
基本は「楽しいこと、自分の好きなことをする時間」を作ることです。
どんなに仕事が忙しくても、です。
少しの時間でもいいから。

ただ・・痛風の人は、
ドカ食いだけは、やめてくださいね。


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ