ボルタレンやロキソニンというのは、いわゆる痛み止めの薬のことです。
つまり、消炎鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬)です。

別に痛風専用の薬というわけでなく、
いろいろな病状に利用されている薬です。

さて、どちらが副作用が怖いか、ですが・・・

間違った飲み方、デタラメな服用方法じゃなければ、
どちらもそんなに心配いらないです。


しいて言えば、ボルタレンの方が強い薬なので、
ボルタレンの方が副作用も強いでしょう。


ロキソニンの方は、ロキソニンSというカタチで
市販されていますが、ボルタレンの方は病院で処方箋が必要です。


おおざっぱな言い方をすれば、
ロキソニンでも効果がないくらい強い痛みの症状がある場合、
ボルタレンを処方してもらえる、みたいな感じです。


でも、ロキソニンも一昔前は、ボルタレンのように処方箋が必要な
痛み止めの薬だったのですからね。
現在は、第1類医薬品なので薬剤師の対面販売が基本ですが、
薬局で購入することもできます。


将来は、ボルタレンも薬局で買えるようになる時代が来るかもしれませんね。



ロキソプロフェンNa錠60mgは痛風発作に効くか

さて、そんなことより、副作用の話です。


ボルタレンやロキソニンもそうですが、
消炎鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬)というのは、
急性の炎症などに抜群の効果を発揮します。


ですから、痛風発作のような急激に患部が腫れあがって
激しい痛みを伴うような症状に効果的なのです。


ただし、痛風発作というのは、激烈な痛みで
大の大人でも、のた打ち回るほどの激痛ですからね。
痛風発作の極期(ピーク時)ではロキソニンですら、
あまり痛みを抑え込むことができない場合も多いです。


そういうときに、病院に行って
事情を話して陳情すればボルタレンを処方してもらえるのかもしれませんが、
だいたい、そういう時期って、自分が歩けませんからね。
(痛風発作で足が腫れている場合)


だからといって、ロキソニンを一度に大量に飲むと、
胃がやられることになります。


通常、朝昼夕、毎食後に一錠くらいが正しい(?)服用法だと思いますが、
痛みが強いからといって、たくさん飲んで、それでいて
副作用を心配するのは、お門違いというものです。


いくら痛くても、無茶な飲み方をしたら、
気分が悪くなったり、吐き気がしたり、胃がおかしくなったりします。


どんなに痛みが強くても、処方箋の服用量を厳守してください。



それから、ロキソニンもボルタレンも
急性の炎症には効果がありますが、慢性の痛みには
あまり効果がありません。



仮に痛風発作の痛みが年に一回、発症するとします。


で・・我慢できないくらい痛いのが、およそ10日間とします。


10日間、朝昼夕、と毎日ロキソニン、もしくはボルタレンを
飲んだところで、10日間×3錠=30錠です。



ところが。
いつも、どこかが痛いから、といって、
毎日、ロキソニンやボルタレンを飲んでいたら?


たとえ、一日1錠しか飲まなくても、一年間飲み続けたら、
365日×1錠=365錠です。


30錠と365錠では、どちらが副作用が心配?


つまり、痛風発作の間だけ、痛い間だけ飲む程度なら、
そんなに副作用の心配はいらない、ということ。


心配なのは、痛いからといって、毎日飲む人。
まいにち、飲み続ける人なのです。



ボルタレンとロキソニンはどちらか副作用が怖いか、ですが、
毎日飲み続ける人にとっては、どちらも副作用は怖いでしょう。


同時に胃薬ももらうことになると思いますが、
私は本当に痛い時以外は、痛み止めの薬は
飲まない方が良いと思います。



胃というのは、食べモノが食道を通って最初に入ってくる、
体の中の「かまど」の役目ですから、
このカマドの胃が悪くなると、体のあちこちに影響が出てきます。


ボルタレンにしろ、ロキソニンにしろ、
長期服用は、どちらも副作用は怖い、ということです。


少量、短期間ならば、そんなに心配することはないと思いますよ。





★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




▼↓ 詳細は コチラ
痛みに良く効く!頭痛、生理痛、骨折痛、歯痛に!【メール便対応可能!】ロキソニンS(痛み止め...

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ