痛風発作が出ている真っ只中には・・
 

「温泉」に入らない方がいいです。

 

痛風 サウナ 良い 悪い

 

これは温泉に限らず、お風呂に入ることも言えることですが、
ゆっくりとお湯につかって温まると、全身の血流が良くなるのです。

簡単に言うと、血行が良くなるのはいいのですが、
白血球も活発になって、体の大掃除を始めるのです。

痛風発作で腫れて痛い患部にも、血液の流れから良くなることで
白血球もじゃんじゃん活動して、腫れて痛い関節などに沈着している
尿酸結晶が剥がれ落ちたものを異物と認識してしまい、
攻撃するのです。

白血球というのは、普段はバイキンなどをやっつけてくれる、
ありがたい存在なのですが、体内の良くないと思われるモノは
何でもかんでも攻撃してしまうので、やっかいです。
 

で・・その、結晶化した尿酸が患部から剥がれ落ちたものを
攻撃するときに、あの、痛風発作の痛みの元となる成分が
発生するのですよ。
 

ああ、なんてことなの。
 

白血球によって、体は守られていても、
痛みの張本人は白血球でもあるのです。


う〜ん・・まあ、でも、
尿酸が結晶化して体内に溜まらないようにしておけば、
問題ないのですけどね。

尿酸値を下げれば(尿酸値 7.0mg/dl以下)
尿酸は結晶化して溜まっていかないのですけど、
生まれつきの体質とか、いろいろあって、
なかなか尿酸値はメキメキと下がりません・・・
 

で。
何のハナシかといえば、温泉の話なのでした。


温泉とは体を洗うだけの場所ではなく、
昔から、湯治と呼ばれている温泉療養にふさわしい温泉が
各地に多くあります。

中には薬効をうたっている温泉も多く、
長期逗留者もおられるようです。


硫黄が良いとか、ラジウムが良いとか・・
リュウマチに効くとか、よく話に聞きます。


基本的に、温泉での薬効は「慢性病」に効果があると、
考えられています。

打撲とか、捻挫とか、そういうのに効くとか、
あまり聞きませんしね。


もちろん、痛風に効果がある、と
うたっている温泉もあります。

う〜ん・・でも、これ、どうなんでしょう?


痛風改善のために、温泉巡りしたり、します?

まあ、そんな人もいるかもしれませんけど・・

リュウマチとかはね。

瞬間的な苦痛、激痛は、はるかに痛風発作のほうが痛いです。

でも、痛風発作の壮絶な激痛は、
痛風発作が発症しているときだけ、です。

リュウマチの痛みは、
痛風発作のような激烈なものではないかもしれませんが、
その痛みが一年中、続くのです。


ですので、痛風の人は、
本当の意味での、リュウマチの人の苦しみは
わからないのかもしれません。


だから、
リュウマチの人が日々、痛みに苦しみ、
リュウマチに良いという温泉の話を聞いて、
治療目的で温泉療養する、というのは
なんとかくわかる気がします。

少しでも良くなりたいですからね。


でも、痛風の場合は、どうなの?

痛風発作で痛い最中は、そりゃあ、
少しでも良くなりたい、早くラクになりたいですけど、
痛風発作の期間は歩けないんですよ。
(発作の場所は足とは限りませんが)

だから、温泉には とてもじゃないですが、
行けやしません。

だって、歩けないし。


じゃあ・・

痛風発作の痛みや腫れが治まってから、
温泉療養に行けばいいじゃん。


でもね。

痛みが消えてしまったら、
痛い最中に決心したこととか、改めようとしたこととか、
綺麗さっぱり、すっかり忘れているんですよ・・・


ああ、困ったものです。


 

▼↓ 痛風に効果がある(らしい) 温泉、探してみる?


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ