━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● タバコは痛風に関係あるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


煙草が尿酸値を上げる、とか
そんな話、あまり聞いたことがないですね。
関係ないんじゃないですか。


ですが、直接、たばこやニコチンが
尿酸値に関係なくても、まったく
痛風と無関係・・というわけでもないのです。

できるならば、たばこは止めた方がよいです。

まあ、誰しもわかっているんでしょうけど。

痛風の原因といえば、プリン体の多い食品の摂り過ぎが
有名ですが、本当はそれだけじゃなく、
遺伝による体質とか、肥満とか、酸性尿とか、運動不足とか、
ストレスとか・・・
いろいろあるのです。
 


ストレス?




痛風のストレス対策には、ビタミンCとビタミンB1が効果的!?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● ストレスも痛風に関係が?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(強い)ストレスを受けると、体内の血管が収縮して、
内臓への血流が悪くなります。

で、尿酸を排泄する腎臓の機能も低下するので、
血中尿酸濃度が高くなり、尿酸値も上がる、と。


ところが、ストレスを受けて、
腎臓だけではなく、内臓の機能が低下してしまうと、
人間の体は困るので、対処するため、というか
内臓を守るため、副腎という腎臓の上のあたりにある臓器から
「副腎皮質ホルモン」というものを分泌して
ストレスから内臓を守るのです。

いわゆる、抗ストレスホルモン、ってやつです。


ところが・・
この副腎が副腎皮質ホルモンを分泌するときに
ビタミンCを消費するのですよ。


まあ、燃料みたいなものですね。

寒いので、石油ストーブをつけようと思って
点火しても、タンクに灯油が入っていなかったら、
火はつかない、ちっとも温かくならない・・みたいな感じで。

 

で。
体内にビタミンCが充足していれば良いのですが、
残念なことに「タバコはビタミンCを破壊する」のですよ。


だから、仕事とか
いろいろイヤなことがあったりとか、
強いストレスを受けてしまったとき。

人間の体は内臓を保護するため、
副腎皮質ホルモンというものを分泌して守れるように
できているハズなのですが、
ビタミンCという燃料不足なため、
抗ストレスホルモンが分泌できず、
結果として内蔵機能が低下して、
腎臓の機能も低下して、尿酸を排泄するチカラも
弱くなる、ということです。



ああ、大変。


ビタミンCのサプリを飲まなきゃ。




 

えっ?


そっちなの?


タバコを止める方じゃなくて?




▽↓ 詳細は コチラ



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ