━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 アロシトールとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アロシトールとは、痛風の薬です。
痛風の人や高尿酸血症の人の治療に使われている、
いわゆる、尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)。
どんな薬かというと、
体内で尿酸が作られすぎるのを抑制する薬。
主成分は「アロプリノール」でザイロリックなどと同種類の薬です。




|★ アロプリノール フェブリク 違い
└───────────────────

ところで、フェブリク錠とアロシトール錠は、
同じ痛風の薬でありながら、どう違うのか?

何が良いのか、どこが違うのか。


フェブリクの方が新薬で(40年ぶりの痛風新薬)
尿酸値を下げる効果が大きく、副作用は少なめ、と言われています。

それも大きなメリット・効果ですが、
フェブリクには、もっと大きな利点があります。


それは・・
アロシトール(アロプリノール)が、腎臓排泄型なので
尿酸を排泄するため腎臓にばかり負担が かかるのですが、
腎臓が悪くなってしまった人は服用するのが困難になってくるわけで。

しかしながら、フェブリクの方は、
複数の排泄経路で尿酸を排泄する(胆汁中にも排泄)、という
大きなメリットがあります。
フェブリクの方が、はるかに腎臓の負担は少ないです。

これは腎臓機能が低下している人には、とても ありがたいこと。




これからの時代、尿酸値を下げる薬を飲むならば、
やっぱり、フェブリクでしょう。

昔から、ずっとアロプリノール(アロシトール、ザイロリックなど)を
飲み続けている人なら、ともかく、
これから新たに飲み始めるなら、フェブリクを選択しない理由は ありません。



ただ・・新薬なので、フェブリクの薬価は 少し高めですけどね。

まあ、40年も研究開発して、研究開発費用が かかっているので
仕方ないです。
って、ユーザーには 関係のないことかも しれませんが。



フェブリクは、病院の処方箋が必要な薬なので、
一般の薬局などで市販は されていません。
それに新薬なので、後発薬(ジェネリック)もありません。

海外では、フェブタズ(Febutaz)という
激安のフェブリクのジェネリックが発売されているので、
日本にいながら、個人輸入代行業者から購入、という裏技もあります。

仕事の関係で、病院の開院している時間帯に病院に行けない、
など、人それぞれの事情があるので、
一概に、病院へ行かずに
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)を購入することが良くない、とか、
言い切れませんが・・・


ですが、やはり、基本は病院に行って、先生の指導を受けながら、
フェブリクを服用する、というのが一般的です。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ