━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリン体の多い食品の食べ過ぎ?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の原因といえば
「プリン体の多い食品の摂り過ぎ」というのが定番ですが、
実は、食事に由来する“プリン体の多い食品の過剰摂取”は、
全体の2割に過ぎないと考えられています。
 
昭和の時代はね。
「痛風=おいしいものの食べ過ぎ(贅沢病)」だったのですよ。




プリン体の多い食品を摂りすぎる人が痛風になるんだ!
と思われていましたが、今では、世間の風潮も
ちょっと違いますね。
だんだん、わかってきたんでしょう。
痛風の人もどんどん増えていますし。


「プリン体の多い食事一覧」を見ながら、
プリン体の多い食品に気をつけて食事をすることは
決して悪いことではありませんが
(っていうか、依然として 痛風の人にとっては望ましいこと)
昔ほど、節制とか、食事制限とか、あまり言われてなくなってきています。


プリン体の多い食事の摂り過ぎが2割なら、あとの8割は何なの?


・・・ということですが、あとの8割は、
ひらたく言えば “遺伝” です。


食事に含まれるプリン体が全体の2割としたら、残りの8割は、
体内で作られるプリン体です。

栄養分を体のエネルギーに変換するときにできるプリン体。
それから、
細胞が新陳代謝を繰り返して壊れるときにできるプリン体。

これらが8割です。


プリン体が最終的には老廃物として尿酸になるので、
体内で、ほどよく尿酸が作られたら理想的なのですが、
痛風になる人は、うまれつき、
“体内で尿酸を作り過ぎる体質”もしくは
“尿酸を排泄する力が弱い体質”なのです。

あるいは、その両方を兼ね備えている人もいますし。
つまり、尿酸を作りすぎて、その上、尿酸を排泄する力も弱い、と。



これらは東洋医学でいうところの「先天の気」というやつで、
つまり、持って生まれた体質、遺伝なので、
なかなかね・・体質は変えられません。


さらに痛風というのは、複合的な原因で発症するので、
遺伝・体質以外にも、後天的な要素が大きく作用します。


具体的にいうと・・っていうか、そのうちの一つが

「ストレス」



痛風といえば、世間一般では、
プリン体が原因というのは知られていますが、
「ストレスが大きな原因の一つ」であることは、
それほど認知されていません。


ストレスを受けると人間の体は、
「アドレナリン」の分泌を促進させるので、
体内の血管が収縮してしまうのです。
血管が収縮すると腎臓への血液量も減少するので、
比例するかのように“尿量が減少”してしまいます。

尿酸は水に溶けにくい性質がありますが、それでも
その大半を尿に溶けて、尿と一緒に体外に排泄する、
という排出手段に頼っています。

ですが、ストレスのせいで、尿量が減少してしまい、
尿酸の排せつが減るので、結果的に、尿酸値が上がってしまう、というわけで。


さらに・・
ストレスは、交感神経を興奮させる作用があって、
心拍数が増加したり、血圧の上昇などの体への影響もあるのです。


う〜ん・・
たかがストレスといえども、体へのさまざまな影響があるのですね。
ストレスが原因で、うつ病とか、いろいろな病気になることもあるので、
ストレスって怖いです。


ストレスは人間が生きている以上、避けて通れないものですから、
自分なりの、自分にあったストレス解消法を見つけることが大切です。


おすすめは、ありきたりですが、
『歩くこと』。





歩き続けることで、ストレスで受けた物質が筋肉中に移動して、
そのストレスの物質が筋肉中に分散されるそうですよ。

少しは気分もスッキリすると思うので、
歩くことで筋肉量も増えますし、血流も良くなりますし、
低体温対策にもなりますし、お金も かかりませんし、
時間をつくって、歩いてみる・・ってのは、いかがですか。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ