━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 消炎鎮痛剤
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風発作は激痛で、とてつもなく痛いものです。
 



特に、痛風発作が発症してから、3日〜5日目くらいは、
痛風の極期といって、痛みが極限に達するというか、
ピークになります。

助けてくれえ!

と叫びたいくらいの激烈な痛み。


この強烈な痛みを大きく緩和する方法は、ないものでしょうか。



で、その、方法↓

まず、用意するものは「ロキソニン」、そして「水」。

水はロキソニンを飲むためのもの、です。
ロキソニンだけを嚥下すると、食道の粘膜を痛める恐れがあるので。


ロキソニンは、処方された薬でも、市販薬の「ロキソニンS」でも
何でもいいです。

処方薬であるボルタレンでもいいのですが、強烈すぎるので、
(効果も大きいけど、副作用も強力)
このやり方をするならば、見送ったほうが無難。


ロキソニンの本来の処方箋は、
「1回1錠、朝昼夕、毎食後。1日合計3錠まで」
・・というのが、一般的な服用方法です。

コレを無視します。


●ロキソニンを1回に3錠飲む。

●さらに、3時間おきに(3時間の間隔をあけて)
また3錠飲む。


●まだ、痛風発作の痛みが強ければ、さらに
3時間あけて、3錠飲む。


●合計9錠。
あとは、もう、どんなに足が痛くても飲まない。


●このやり方は、1日のみ、限定。
翌日は決して、やっては いけない。



この、鬼のようなロキソニンの飲み方は、
私が考案したわけでもなく、
「短期大量衝撃療法」(NSAIDパルス療法)という飲み方です。

「痛風ガイドライン」にも記載されている療法ですが、う〜ん・・・
あまり、現場で推奨されている、という話を聞いたことがないですね。


あ、「痛風ガイドライン」というのは、
医師が痛風患者を治療するにあたって、指針にする、というか、
教科書代わりにする手引書みたいなもの、です。



で・・
書いておいて言うのもナンですが、現実には、
試してみないほうが良い、と思います。

私なら、このやり方は「自分では やらない」です。

この方法を推奨している先生は、実際に、
ご自分で自分の体で試してみた経験があるのかどうか、
聞いてみたい。


3時間の間隔をあけるとはいえ、
トイレに行ったら、便のかわりに血が


!!


・・・と出てきたら、誰が責任を取ってくれるのか。


(血便。つまり、ロキソニンの副作用で胃に潰瘍ができている可能性)


そりゃあ、限度を越える飲み方をしているのですから、
痛風発作の痛みも緩和、激減するでしょう。
効果てきめん、でしょう。

でも、健康を害してしまったら、意味ないです。

私なら、どんなに足が痛くても、
そんな飲み方をするくらいなら、痛みの方を我慢します。




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち』
  http:// e.gout.tokyo/

 
【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ