━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 血液検査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

血液検査をすると・・血液検査の結果を一覧表の形で
見せてもらえますが、なんか、数字とかアルファベットばかりで
よくわからない。

いったい、どこを・・どう、みればいいの?



●「尿酸」

痛風の場合はね。
なんてったって、尿酸値を知りたくて血液検査するわけですから、
何はなくとも、まず「尿酸」の項目を見ます。


知りたいのは「尿酸値」ですが、尿酸値という項目はないので、
「尿酸」です。

尿酸値 7.0mg/dl以下ならば、いいのですが・・・
尿酸値 7.0mg/dl以上ですと、残念なことに
高尿酸血症、ということになってしまいます。

さらに、高尿酸血症の人で痛風発作の経験が一度でもあれば、
痛風、と診断されてしまいます。

尿酸値は重要な指針、というわけです。

尿酸値が高ければ高いほど、痛風発作のリスクも上がります。




●「尿素窒素」「クレアチニン」

痛風の人なら、「尿素窒素」と「クレアチニン」のチェックは必須です。
これらは腎機能に関連する数値です。

痛風の人はね。
痛風初期症状の頃はいいですが、だんだん・・
何十年も痛風で苦しんでいると、腎機能が低下していく傾向があるのです。
尿酸が結晶化して、腎臓の糸球体などに沈着してしまうわけです。
これが腎機能低下の要因。

本来なら、尿として排泄されているはずの、老廃物である
「尿素窒素」と「クレアチニン」が血液中に多くある、ということは、
つまり、腎機能が低下してきているので、
これらの排泄がうまくいっていない、だから、
血液中に、これらの老廃物が多くなってきている、と考えられます。




●「血糖」

血液中のブドウ糖がどれだけあるか・・ということですが、
糖尿病になっていないか、どうか、の目安になります。

痛風と糖尿は全然別の病気のように思えますが、
合併症を起こしやすい、と言われています。

糖尿にならないよう、いつもチェックしておいた方がいいです。




●「中性脂肪」「HDLコレステロール」「LDLコレステロール」

中性脂肪やコレステロールが、なんで痛風と関係あるのか?


何も関係ないです。

関係ないですが・・・
痛風の人はね。
狭心症と心筋梗塞のリスクが高い、という説もあるのです。

これね。
痛風と「狭心症と心筋梗塞」とは関係ないですよ。

直接は関係ないですが、まったく関係ないわけじゃないんです。



つまり、尿酸値が高いから、
狭心症とか、心筋梗塞になりやすいわけじゃないですが、
尿酸値が高いことによって、

「中性脂肪 → 高くなりやすい」
「善玉コレステロール → 低くなりやすい」

・・・・の、です。


いわゆる、善玉コレステロールってのは「HDLコレステロール」のことで、
悪玉コレステロールってのは「LDLコレステロール」のこと。


だから、痛風だから、狭心症・心筋梗塞になる、とは限りませんが、
尿酸値が高いことによる遠因で、
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低くなってくると、
要注意、ってことです。




あと、フェブリクなどの痛風の薬(尿酸値を下げる薬)を
飲んでいる人は、肝機能もチェックしておいたほうがいいかもしれません。

どうしても肝機能が低下気味になってきますからね。



血液検査は、献血などでは
ある程度の健康チェックはできても、肝心の「尿酸値」とかは
わからないので、病院で定期的に血液検査を受けるのが基本です。

病院に小まめに行ける人はいいですけどね。
仕事とかが忙しくて、病院に行くヒマもない人もいるかもしれません。

そんな人のために、
自宅でできる検査キットというのが販売されています。

たった1滴の採血を返送するだけで、今の自分の尿酸値が明らかに!

また、検査結果が郵送される前にも
パソコンや携帯電話から検査結果を知ることも可能ですので、
検査結果が気になったり、そわそわしたりすることなく、
迅速に検査結果を知ることができるようになっています。



▽↓ デメカル血液検査キット



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ