━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
尿酸値が高いけど痛風が出ない人は薬を飲むか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中には、尿酸値が高いのだけど、
痛風発作なんか一度も出たことがない、という人がいます。

いえ、尿酸値の高い人の中で、むしろ
痛風発作が出ない人の方が、圧倒的に割合は多いのですよ。
いわゆる、高尿酸血症、というやつです。


尿酸値が高くても、痛風になる人の方が
少ないんだって!?



マジですか!?

 

通風 尿酸値


痛風で長年、苦しんでいる私からすると、
なんか、羨ましい気もしますが・・・まあ、
何なんでしょうね。
体質なんでしょうかね?

そのタイプ(体質)によって、
尿酸値が高くても痛風にならないようです。
世の中、不公平すぎます。


で・・

「尿酸値が高いけど痛風発作が出ない人は薬を飲むか?」
これはね。
難しい問題ですよ。
主治医の判断しだいでしょう。


っていうか、病院に行けば、おそらく
十中八九、尿酸値を下げる薬を飲め、と
言われそうな気もしますが。


そもそも、この「尿酸値が高い」というのは、
どの程度のことを言うのか。

教科書通りに言えば、
尿酸値 7.0mg/dl以上が高尿酸血症なわけですから、
尿酸値 7.0mg/dl以上の人は「尿酸値が高い人」ということに。

なんで、尿酸値 7.0mg/dl以上かというと、
血液中の尿酸が、尿酸値 7.0mg/dl以上になると、
もう溶けなくなるのです。

溶けなくなった尿酸は結晶化して、
だんだんと体内の関節などに蓄積していくわけで、
それが痛風の遠因となるのですが、
体内に尿酸が蓄積し続けていても、なぜか
痛風発作など出ないタイプの人もいるのですよ。


高尿酸血症の人、必ずしも、痛風にあらず、と。


こういう人はね。
痛風発作が出たりとか、激痛で苦しんだりとか、
そういう自覚症状がありませんので、
尿酸値を下げる薬なんか、飲む気にならないでしょう。

だって、痛くないんですから。
あの激痛を知らないのですから。
何日も歩けない不自由さとか、経験ないのですから。


厳しい食事制限なんか、しないでしょう。
プリン体なんか、どこ吹く風かもね。

運動とか肥満対策とかビールとか・・
いわゆる、生活習慣の改善とか、もしかしたら
まるで気にしないのかも。



そういう人に「薬を飲みなさい」と言っても、

「なんで?」

とか 言われてしまいそうです。



通風 薬



私は個人的には、
尿酸値 7.0mg/dl程度で痛風発作が出ないのなら、
尿酸値を下げる薬なんか飲まなくもいいと思います。

まあ、なんていうか、尿酸値 11〜12.0mg/dlでも
尿酸降下薬を飲んでいない人もいますし・・・
う〜ん・・・どうなんでしょうねえ。

難しい問題ですよ、これは。
人それぞれ、考え方も違いますし。



でも、病院に行けば、
「将来、腎臓が悪くなってもいいのですか」とか脅されて(?)
尿酸降下薬を処方されてしまいそうです。

っていうか、そもそも、
尿酸値が高くても痛風発作の出ないタイプの人は、
病院なんか、行きませんしね。


大きな会社に お勤めの人は、毎年のように
健康診断があるかもしれませんが、そのとき、
自分が尿酸値が高いことに気がつくでしょう。


でも、痛風でもないのに、病院に行く気になるか、どうか。
自覚症状もないのに、病院で治療を受ける気になるか、どうか。
仕事で忙しい中、通院しようという気になるか、どうか。


私なら、たぶん、病院に行かないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ