━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェブリクは 痛風発作中は、飲むのか、飲まないのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリク錠というのは、痛風新薬です。

新薬って、もう発売されてから数年経過するので、
いつまで新薬なんだ、という感じもしますが、
なんせ、尿酸降下薬(尿酸値を下げる薬)としては
40年ぶりに発売された、というインパクトがあるので、
未だに痛風新薬、と呼んでいる人もいます。

まあ、確かに新薬なんですけどね。
っていうか、40年も何していたんだ・・というのは、
コッチ側が言うことであって、研究開発する側は
いろいろ大変だったんでしょう。


通風 フェブリク



で・・・どう新薬なのか、どう凄いのか。


フェブリク錠は、従来のアロプリノール(ザイロリックなど)
に比べて、尿酸値を下げる効果が大きく、それでいて
副作用は少なめ、と考えられています。

そんな言い方をすると、まるで
ザイロリックが古い薬、旧商品のように聞こえてしまいますが、
そんなことは ないです。

今でも飲み続けておられる方も大勢おられますし。


痛風新薬と言われているフェブリク錠が発売されたことで、
ザイロリックからフェブリクに切り替えなきゃ、
と思う人もいるかもしれません。

ですが、昔からザイロリックを継続して飲み続けていて、
そして、尿酸値も低い水準に維持できていて、
さらに、体調も悪くないのでしたら、無理に
フェブリクに切り替える必要もないかもしれませんしね。


フェブリクもザイロリックも、同じ尿酸生成抑制薬。
つまり、尿酸を作りすぎないようにさせる作用があって。


では、何が違うのか。


フェブリクとザイロリックの最大の違いは、排泄経路です。

フェブリクは複数の排泄経路があって、
肝臓で代謝された後、胆汁や腎臓などの複数の経路から、
代謝物が排泄されます。
代謝物は尿を中心に、便からも排泄されます。

ですが、ザイロリックの排泄経路は腎臓中心なので、
腎臓にばかり負担がかかるというか、
腎臓が悪くなってしまった人には使えない、というマイナス面があって。

その点、フェブリクは腎臓のみの排泄経路に頼るわけでないので、
少々、腎機能が低下している人でも服用することができるようです。

(重度の腎機能低下の人は、主治医に相談してください)



で・・・

「フェブリクは 痛風発作中は、飲むのか、飲まないのか」
という話をするはずでしたっけ。


なんで、
フェブリクを飲む、とか、飲まない、とか言うか、というと、
フェブリクを飲み始めてから しばらくは
かえって、痛風発作を誘発しやすいのです。

この「しばらく」というのは、飲みはじめから
2ヶ月〜半年くらい(個人差アリ)。

「痛風発作が嫌だから、痛風の薬を飲んでいるのに、
なんで痛風が出るんだ!」

と怒って、尿酸値を下げる薬を止めてしまう人も
おられるそうです。


これは、なんでか。
なんで、薬を飲んだら痛風発作が出るのか。


フェブリクやザイロリックを飲む人は、
尿酸値が高い(尿酸値 7.0mg/dl以上)わけで、それだからこそ、
痛風(高尿酸血症)なわけですが、そういう人は、長年の間に
体内の関節などに、ある程度の量の尿酸結晶が蓄積しているわけです。

痛風発作というのは、尿酸値が高いと発症する、
というイメージがありますが
(尿酸値が高いと尿酸が沈着するので、確かに、その通りですが)、
尿酸値の急激な変動でも発症するのです。


「急激な変動」というのは、
“尿酸値が急に高くなる”ばかりじゃなく、
“尿酸値が急に低くなる”ということも含まれるわけで。


で・・
フェブリクを飲む。
飲んだら、尿酸値が下がる。
尿酸値が下がるのはいいのですが、
急に下がりすぎた。尿酸値が急変した。

痛風発作が やってくる!


・・・というケースが多いようです。


だから、はじめてフェブリクを服用する場合でも、
なるべく尿酸値が急変(この場合は、急に下がる方)
しないように、「フェブリク錠 10mg」からスタートして、
副作用とか経過を見ながら、数週間の間隔をあけて
「フェブリク錠 20mg」に増量。
さらに体調などの様子を見ながら、数週間あけて
「フェブリク錠 40mg」に。

こういう増量の仕方が一般的です。
いきなり「フェブリク錠 40mg」を処方されたりすることは
まず、ないはずです。



フェブリク錠 通風



でね。
--------------------------------------------------------------
●今まで、フェブリクやザイロリックなどの尿酸降下薬を
全く飲んでいない人の場合。


→痛風発作が出た!
痛風発作中は、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤で痛みを緩和。
フェブリクなどの尿酸降下薬は、痛風発作が治まるまで飲まない。
(痛風発作が治まってから、新たにフェブリクを飲み始める)


●もう、すでに、フェブリクやザイロリックなどの尿酸降下薬を
飲み続けている人の場合。


→痛風発作が出た!
痛風発作中は、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤で痛みを緩和。
フェブリクなどの尿酸降下薬は、痛風発作が出ても飲み続ける。
--------------------------------------------------------------

これらが、一般的です。

でも、絶対的な正解、というわけでも ないようです。



たとえば・・
「痛風ガイドライン」というものがあります。

これは何かというと、医師が痛風患者を診断・指導する上での
指針になるもの。
つまり、教科書のようなものです。

ところが、この「痛風ガイドライン」というのは、
絶対的な・・たとえば、法律や憲法のようなものではなく、
あくまで、指針に過ぎないようです。


具体的に、どういうことかというと、
病院によっては、今までフェブリクを全く飲んでいない人が
痛風発作が出ている最中に病院へ行った。

で、いきなり、フェブリクを処方されたりするのですよ。

痛風発作が出ている最中なのに。


これが正しいのか、そうでないのか、
私には わかりませんが、主治医の先生が処方するなら、
それが正しいのでしょう。

なんていうか、病院によって、医師によって、
考え方というか、治療法というか、かなり違うような気がします。



たとえば、病院に行って、

「痛風なんでフェブリクを処方してください」

と言ったら 断られたりね。
(これ、ホントの話です)

なんで断られるのか、理由を聞いたら、
その医師の先生が言うには、

「フェブリクは新薬なので、実際の患者が
長期に服用し続けたデータが少なく、信用できない」

ということなんだそうで。



その先生の方針が正しいのか、正しくないのか、とか
そういう話じゃなくて、現場の病院によって、医師によって
微妙に考え方が違う、ということ。


このケースの場合、ここから先は自分(患者側)が決めることです。

つまり、その先生を信用して、
その医師が処方する薬
(たぶん、アロプリノール系の尿酸降下薬。ザイロリックか?)
を服用するか。

あるいは、
フェブリクを処方してくれる、違う病院に行くようにするか。


正解とか、あるのか ないのか、わかりませんが、
自分が決めれば良いだけのこと。




と、いうわけで。

「フェブリクは 痛風発作中は、飲むのか、飲まないのか」
という話でしたが、

絶対的な正解は「ない」

ということに落ち着きそうです。



今まで尿酸値を下げる薬を飲んでいない人の場合は、
尿酸降下薬は、痛風発作が治まるまで飲まない。


もう、すでに尿酸値を下げる薬を飲んでいる人の場合は、
痛風発作が出ても飲み続ける。


・・と、いうのが一般的では ありますが。

 

 

 

 

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ