━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 血液検査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

血液検査というものは、通常、医療機関で
行うものです。

特に、痛風の場合、関係がある項目は、
「尿酸」「尿素窒素」「クレアチニン」など。

この「尿酸」というのは、尿酸値のこと。
「尿素窒素」「クレアチニン」は、腎機能が低下していないか、
ということ。

長年、痛風で苦しんでいると、
腎機能が低下していく傾向があるようです。
 

痛風 血液検査


尿酸値 7.0mg/dl以上の人を、高尿酸血症と言いますが、
なんで「尿酸値 7.0mg/dl以上」かというと、
「尿酸値 7.0mg/dl以上」で尿酸が血液中に溶けなくなるから。

溶けなくなった尿酸は、血液中に結晶化して関節などに
沈着し始めます。

これが痛風発作の遠因。


ちなみに、高尿酸血症と痛風の違いは、

尿酸値 7.0mg/dl以上で痛風発作のない人 → 高尿酸血症
尿酸値 7.0mg/dl以上で痛風発作が出た人 → 痛風

・・・です。

高尿酸血症だから痛風、とは限らないけど、
痛風の人は、必ず、高尿酸血症でもある、と。



・・・というわけで。
血液というのは、見た目ではなく、きちんと
医療機関で検査するのが・・・・え?

じゃあ、血液の色から わかることなんか、
ないのか、って?


いや、それがね。
ないわけでも ないのですよ。

パッと見て・・・自分の血の「色」を見るでしょう。

採血のときでも、怪我したときでもいいから。



栄養分が過剰の血液の人は、
「濃い赤色」です。


紅色みたいな感じ。

いいもん、たくさん食ってるな・・みたいな。


逆に、栄養分が少ない人の血液は、
「薄いオレンジ色」っぽい色をしています。


アンタ、肉も食えよ、みたいな。



痛風になる人はね。

ほぼ、100パーセント「濃い血の色」をしていると思います。

「薄いオレンジ色」の人は、痛風には
ならないですよ。

もちろん、持って生まれた体質も
大きな要因であるのでしょうけど。



というわけで、
血液の色を見ただけでは、その程度のことだけで、
詳細なことは何もわかりません。

血液検査では、内臓などの状態など詳細なデータが
わかるので、定期的な検査が望ましい、
と考えられています。


仕事が忙しくて、通院できない人、
近所に病院がない人、いつ帰宅しても病院が閉まっている人、
・・・いろいろ事情もあるでしょうが、
自宅でできる「血液検査キット」などもあるので、
(年1回でもいいから)
定期的に検査して、自分の今の現状と、
過去データと比べておくのが望ましいようです。

比較することによって、以前に比べて悪化しているのか、
現状維持なのか、まあまあなのか、なにか対策がいるのか、
自分にとっての、最善の策を検討できますしね。

この、過去データを捨てずに残しておいて、
以前の検査結果と、今回のものとを比較することが重要です。




▼↓血液検査キット

プロアクト健康ウェブ通販
わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら
自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!
《充実の検査キットシリーズ》
【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能など。
《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら





━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/



 
【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ