━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビールは痛風に良いか!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風の人にとって永遠の(?)テーマは、
ビールなどのアルコール飲料をどうするか、ということです。


この「どうするか」というのは、飲むか、飲まないか、
ということ。


「飲まないか」というのは、飲むのを止める、ということ。
要するに“禁酒”ですね。


残念ながら、ビールなどの全てのアルコール飲料は
飲酒することで、尿酸値をあげてしまう作用があります。
ビールを飲みながら痛風が改善したり、しません。

 


ですが・・・
 

何の楽しみもなく、ただ
働け と言うのか!?

 

 

アルコール 通風

 

 

・・・というわけで対策を考えます。

っていうか、
ビールだけが人生の楽しみじゃありませんでしょうけど。

 

で、ビールの場合。

昔のビールと違って、今の時代は
「プリン体ゼロビール」というものがあります。

 

まあ、ホントにプリン体がゼロなのか、どうかは
怪しいものですけどね。

 

だって、ゼロカロリーコーラだって、
実は、カロリーがゼロではなく、
「100ml中、5キロカロリー以下なら、0カロリーと表示しても良い」
という、デタラメっぷり。

 


5キロカロリー以下なら、

「5キロカロリー未満」でしょうが!?
なんで

「5キロカロリー未満=カロリーゼロ」なんだ!?

 


しかも、この消費者を小ばかにしたような表現を
厚生労働省が認めているのだそうで。
(お上の お墨付き!)

 

飲料組合が政治献金でも、したんじゃないの、
と疑いたくなるような表示方法ですが、世の中の消費者は
この表現に騙されてゼロカロリーのコーラを買います。
(私も、その一人ですっ!)


というわけなので、「プリン体ゼロビール」が
本当にプリン体がゼロなのかどうか、定かでは ありませんが、
世の中、知らないほうがいいことも多々あるので、まあ、いいか。

 


で、その「プリン体ゼロビール」さえ飲んでいれば、
痛風は大丈夫なのか、尿酸値は上がらないのか、というと、
いやあ・・・実は、そんなことは ないのですよ。
残念ですが。

 

 

あまり楽しくない話なので、駆け足で簡単に書きます。

 

●ビールはプリン体が多く、プリン体が体内で
最終老廃物として尿酸に変わる。

 

●ビールなどのアルコール飲料は、体内で
アルコール分解
(いわゆる、解毒)されるとき、
尿酸が生成される。
飲む量が多いほど、尿酸も増える。

 

●ビールを飲むと乳酸が発生。
この乳酸が腎臓に溜まって、尿酸の排泄を低下させる。

 

●ビールには利尿作用があって、
ビールを飲んだ水分以上の水分が、体外に排泄されてしまい、
体内が水分不足になって、血中尿酸濃度が上がる。
すなわち、尿酸値があがる。

 

●ビールは、いわゆる、食が進み、
食べる量が増えて、体重増加につながり肥満になる
(?)
内臓脂肪が増えると、

尿酸値をあげる要因となる物質が分泌される。

 

 

・・・・と、まあ、こんな書き方をすれば、
痛風にとってビールは悪いことばかりのように聞こえてしまいますが、
ストレス解消など、良い面もありますよ、モチロン。
(強いストレスは尿酸値をあげますし)

 

仕事帰りの“一杯”があるから、1日の仕事を
頑張れる、という人もいるでしょう。

 

飲み会、宴会があるから、仕事仲間や昔の友達と
うまくやっていける、という人もいるかもしれません。

 

痛風の人にとって、
「ビール=悪」とは、必ずしも限らないと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

 

私は基本的に「昭和の人間」なので、長年、
昭和の時代の「痛風改善法」を叩き込まれてきました。

 

つまりね。
いわゆる、アレですよ。
プリン体の多い食品を徹底的に食べるな、という
厳しい食事制限を長年、強いられてきたわけです。

 

ビールや酒は飲むな、と。
ウイスキーも焼酎も飲むな、と。


あれから、数十年。

 

ホントに、これで良かったのか、こんなことでいいのか、
と、ときどき考えるわけです。
(ジジイか)

 

泣いても笑っても、人間の一生は
ある程度、平均寿命というか、生きられる時間は
(個人差がありますが) 決まっています。

 

そんな中、食べたいものも食べず、飲みたいものも飲まず、
そんな一生で いいのか。
これで良かったのか。

 

厳しい食事制限のおかげで、何年か、長生きできるかも
しれないけど、それに“意味は あるのか”と。

 

そりゃあ、少しでも1年でも長生きしたいですが、
何にも「食べたいものが食べられない人生、飲めない人生」
ってのも、ねえ?

 


私の場合、いまさら、もう手遅れですが (おい)、
今の時代の痛風改善法は、昔のそれとは、かなり違っています。

 

今も昔も「生活習慣の改善」というのが基本ですが、
フェブリクなどの痛風新薬が出たせいなのか、昔ほど
厳しい食事制限を強いられることは少なくなっているようです。

 

それより、尿酸値を下げる薬を飲めよ、ということでしょうか。

 

 

アルコール 尿酸値

 

 

まあ・・・ねえ。

薬を飲むかどうかも、当人が決めること。
ビールを飲むかどうかも、本人が決めること、です。


夏ですしねえ。
ビールのおいしい季節ですしねえ。

 

・・・といっても、ビールを飲みすぎると、
やはり、尿酸値をあげてしまいますので、
せめて「プリン体ゼロビール」を選択して、
少しでも痛風に抵抗してやりましょう。

 

できれば、週に48時間の休肝日を作ることを
お勧めします。

 

 

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】