━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワインで痛風になる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビールなどのアルコール飲料は、本当においしく、さらに
1日の疲れを癒してくれる、人生の彩りです (人によっては、ですが)。

ですが、プリン体が多く含有されていたり、
そもそも、体内でアルコール分解されたときに
尿酸が生成されてしまいますからね。

アルコール飲料は痛風の天敵でもあります。

さらに、アルコール飲料には尿酸値を上げる要因が
他にもありますし・・・


アルコール 尿酸値


でもね。
自分が飲むものや食べるものを、なんでも
痛風と結びつけて、これは尿酸値があがるから
やめておこう、とか。
これは痛風に良くないから食べないようにしよう、とか。

あまり気にしすぎると、食べるものが無くなってきて
栄養が偏る・・というのもありますが、それ以前に、
何ていうんでしょ。
人生が“味気なく”なってしまいそうです。


なんで、自分だけが (痛風というだけの理由で)
迫害されているんだ、なんて気になってしまいそう。
まあ、別に迫害でも何でもなく、
自分で、そうしようと決めているだけなのですけどね。



それは、ともかくとして、じゃあ・・・
痛風ならアルコール飲料は、駄目なのね?

・・・というと “ワインだけは、別格” なんです。
 

通風 ワイン

ワインは、アルコール飲料なので、例外なく
体内で解毒のときに尿酸が生成されてしまうのですが、
ワインには「ポリフェノール」が含まれているのですよ。

その、含有されているポリフェノールの抗酸化作用のおかげで、
尿酸値が下がるのです。

ところが、ワインはアルコール飲料。
体内で肝臓で分解されるときに尿酸が作られてしまいますが、
そのポリフェノールが尿酸値を下げる効果と相殺されて、
「尿酸値は ほとんど上がらない」のです。


やったぜ!
ワインなら、痛風でも飲み放題だぜ!

・・・と思ったら、やっぱり落とし穴というか、
オチというか、そういうものがあって、
「ワインは尿酸値を上げないが、ただし、少量なら
という“但し書き”が ついているわけで。

いくらワインとはいえ、大量に飲んでしまうと、
ポリフェノールの抗酸化作用より、解毒による尿酸生成の量の方が
勝ってしまうんでしょうね。

なんでも、ホドホドにしましょうね、ってところでしょうか。


日本でもワイン好きの人は大勢おられる、とは思いますが、
外国の人は食前酒のような感じで、水のように飲む
お国柄の人もいますしね。
まあ、日本人とは体格も違いますが・・・


世の中には、いろいろな人がいますが、もしかしたら
痛風で、尿酸値が気になってビールが飲めない!
という人もいるかもしれません。


私の知り合いの人は、痛風であろうが、何も気にせず
ビールを飲んでいますけどね。

それがどうした、尿酸値が何だ!
オレの人生だ、文句あるのか!
・・・って。


ですが、尿酸値が気になる人は、
ビールからワインに切り替える、というのも一つの方法です。

やはり好み、嗜好というものがあって、
アルコール飲料なら、何でも良いわけではなく、
ビール好きの人にワインで代替など できないかもしれませんが、
尿酸値のことだけを考えるなら、ワインのほうが適当かもしれません。


でも・・・・まあ、また、微妙に違いますしね。
いや、微妙どころか、かなり違いますよ。
ビールとワインって。

これは無理な相談ってヤツかもしれません。

 

 

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】