━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんでフェブリク錠10mgから飲むのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな薬にも副作用は つきものですが、でも
できることなら、なるべく副作用は少なく済んで欲しいものです。

フェブリク(フェブキソスタット)などの
尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)の場合も同じく、
都合よく尿酸値「だけ」が下がってくれれば嬉しいのですが、
下がらなくも良い「肝機能」なども低下気味の傾向があります。


フェブリク(ふぇぶりっく ×)というのは、
40年ぶりに発売された痛風新薬のこと。

なんで、40年も かかったのか、というと、
従来からある尿酸降下薬(ザイロリックなど)よりも
「副作用が少なめで、それでいて、効果の大きい薬は できないものか」
というコンセプトの元で開発された薬だから、なのだそうです。

・・・って、ぶっちゃけた話、
40年も かかったんじゃなくて、40年前から
ず〜っと開発し続けていたわけじゃないんでしょうけどね。
本格的に開発を始めたのは、ほんの数年前だったりして。
いえ、知りませんけど。
 
ふぇぶりっく

フェブリクには(日本では)
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
の三種類があるのですが、一般的には
「フェブリク錠 10mg」からスタートして飲み始め、
数週間〜数ヶ月の間隔をあけて、「フェブリク錠 20mg」に増量。
また、一定の間隔をあけて、最終的には「フェブリク錠 40mg」
に落ち着くケースが多いようです。

ですが、これも主治医の見解によるのか、いきなり
「フェブリク錠 20mg」からスタートする場合もあるので、
ケースバイケースなのかもしれません。

なんにしろ、フェブリクは徐々に増えていく、ということ。


なんで、こんな面倒くさいことをするのか。
どうして、いきなり「フェブリク錠 40mg」から始めないのか。


主な理由は、二つ。
●痛風発作を(なるべく)誘発させないため
●尿酸値を下げる効果が出ているか、重篤な副作用がないか、様子見





〜〜“痛風発作を(なるべく)誘発させないため”〜〜

フェブリクを飲もうと思うような人は、
尿酸値が高く、長年、尿酸値 7.0mg/dl以上だったような人は
体内に相当量の尿酸結晶が蓄積している、と考えられます。

で、フェブリク効果が急に尿酸値が下がってしまうと、
体内の尿酸バランスが崩れて、痛風発作が誘発されてしまうのですよ。

埃だらけの、男の一人暮らしの部屋みたいなもの、です。
タンスとか、いろいろなところに白い埃が
まるで雪化粧のような蓄積していても、住んでいる人は
慣れていて、なんの不都合もありません。

ですが、急に掃除をはじめて、ハタキをかけたりすると、大変!
もうもうと舞い散る粉塵!

尿酸値が高い日々が長く続いていた人は、
たくさんの尿酸結晶が溜まっているでしょうし、
フェブリクが尿酸値が急変した(尿酸値が下がった)
ことによって、体の中でゴミ(尿酸結晶のこと)が
動くのです。

で、これがキッカケで痛風発作に。


そういうことに、なるべくならないように。
いきなり「フェブリク錠 40mg」でスタートすると、
尿酸値がものすごく下がってしまうわけです。
下がりすぎてしまうわけです。

そうなると、体内に蓄積している尿酸結晶は、
黙っちゃいないでしょう。

足早に到来してくるのは、激烈な痛風発作、というわけで。

「フェブリク錠 10mg」からスタートするのは、
少しずつ尿酸値を下げるため、でもあります。
おそるおそる・・痛風発作が起こりませんように、ってね。



それでも、痛風発作が起こってしまう場合が多いようです。
「フェブリク錠 10mg」からスタートしているのに。
こんなに気を使って、少しずつ尿酸値を下げているのにね。

でも、いきなり「フェブリク錠 40mg」でスタートするより、
ずっとマシでしょ、という話。




〜〜“尿酸値を下げる効果が出ているか、重篤な副作用がないか、様子見”〜〜

副作用だけはね。
個人差があって、よくわからないのですよ、
実際に飲んでみないことには。

個人個人、体質・体力・尿酸値・尿酸値が高かった年数・・
みんな、それぞれ違いますから。
同じ条件の人は、一人としていないわけで。

また、フェブリクが効果があるかどうかも
人によって違うので。



というのも、おおざっぱに分けて、痛風の薬は
3種類あるのです。

○尿酸生成抑制薬
(フェブリク、ザイロリックなど)
○尿酸排泄促進薬
(ユリノーム、ベネシットなど)
○酸性尿改善薬
(クエン酸カリウム、クエン酸ナトリウムなど)


これは痛風の人が3つのパターンに分かれていることに
対応しています。

つまり、痛風(あるいは、高尿酸血症)の人は、

●尿酸を作り過ぎる体質(尿酸産生過剰型)
●尿酸の排泄が弱い体質(尿酸排泄低下型)
●その両方、兼ね備えた体質(混合型)

この3種類に分類されます。
全ての痛風の人は、これらのどれか、なんですね。


痛風の薬(尿酸降下薬)といえば、フェブリク(あるいはザイロリック)
と思われているようですが、実際には
フェブリクは「尿酸産生過剰型」のタイプの人のための薬なんです。
「尿酸生成抑制薬」ですからね。

本当は、投薬前に「尿酸クリアランス」という検査をして、
自分が「尿酸産生過剰型なのか。尿酸排泄低下型なのか。
それとも混合型なのか」というタイプを把握して、
自分に合った薬を処方してもらう、というのが必然だと思うのですが、
現実として、近所の病院(小さな病院)では
尿酸クリアランスの検査をする設備がないのか、それとも
何らかの事情があるのか、この「尿酸クリアランスの検査」を
“はしょる”場合が多いようです。


つまり、自分が「何型の痛風なのか」わからないのに
薬を処方される、ということ。


フェブリック

ん〜?
なんか、違和感を感じます?
でも、これが現実です。


でね。
「フェブリク錠 10mg」からスタートするのは、そこなんです。

まず、最初に血液検査して、現在の尿酸値を把握。
そして、「フェブリク錠 10mg」を処方して飲ませてみる。

数ヵ月後(あるいは数週間後)、また血液検査(尿酸値検査)。

ここで、「フェブリク錠 10mg」を一定期間飲んでみて、
『尿酸値が下がっているか、どうか』なんです。


「フェブリク錠 10mg」を飲んで、順調に
尿酸値が下がっていたら(尿酸値 7.0mg/dl以下)
この患者さんは「尿酸産生過剰型」と推測されます。

そして、尿酸値が下がっているのですから、
フェブリクが効果があったのですから、薬を変える必要もないでしょう。

ところが、このとき、尿酸値が下がっていなかったら。
「フェブリク錠 10mg」を飲んでいるのに、期待したほど
尿酸値が下がる効果がなかったら。


その場合、薬を変えることになります。
つまりね。
その患者さんは「尿酸産生過剰型」じゃなくて、
尿酸の排泄が弱い体質の「尿酸排泄低下型」と推測されるわけです。

効果のない薬を飲み続けても仕方がありませんので、
この場合、ユリノーム、ベネシットなどに切り替えることになるようで。

常に、何らかの“手は ある”ということです。
フェブリクで尿酸値が下がらなかったから、といって
決して絶望なんかじゃありません。

自分の体質に合う薬に変えれば良いだけの話。


これが、いわゆる「様子見」。

重篤な副作用が起こっていないか、という体調の変化を見る、
というのもモチロン、あるのですが、
尿酸値が下がっているか、実際に効果は出ているのか、という
様子を見るわけです。

様子を見るなら、いきなり
「フェブリク錠 40mg」からスタートするより、
「フェブリク錠 10mg」から始めるほうが妥当でしょ、という話。

「フェブリク錠 40mg」から始めるのは「いけない」という
わけでもないのですが、一般的には「フェブリク錠 10mg」から、
という場合が多いようです。

 

 

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ