━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
冬でも尿酸結晶は溜まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋から冬になって寒くなってくると、
急に体調を崩したりすることがあります。

体調を崩す、とまでは いかなくても、
鼻が詰まってきたり鼻水が出たり、とか。


風邪を引いたのかなあ。
その割りに熱もないしなあ。


こんなとき、病院(西洋医学)に行くと、
何ともないから、温かくしてよく睡眠を取るように、とか。
あるいは風邪薬を処方されたりするのだと思いますが、
東洋医学では少し考え方が違っていて。

急に気候が寒くなって、外気が冷たくなると、
冷たい空気が急に肺に入ってきて「肺を冷やさないように」
体が対策を立てて、それで(体が)
鼻を詰まらせたり、鼻水を出させたりして、
ワンクッション置くのだそうです。

直接、いきなり冷たい空気が入ってきて
肺を冷やして内蔵機能を低下させないように。
冷たい空気を鼻詰まりなどによって入りにくくするのだ、とか。



しかしながら、なんか上げ足を取るようですが、
鼻が詰まって、苦しいので仕方なく口であけて呼吸していたら、
余計、(口から)冷たい空気が入ってくるように思うのですが・・・


??

なんなのでしょうね?



と、いうわけで、
どうでもいいことのようですが、
体は体なりに、外界の変化に対応しようと、
なんらかの行動・反応を起こすのだそうです。
まあ、いわば、身を守る、というか。
内臓を守る、というか。



ところで、これって・・・
痛風にも言える?
 

通風 冬


尿酸値が高い(尿酸値 7.0mg/dl以上)と、
血液中に尿酸が溶けなくなってしまい、飽和状態になってしまった
尿酸は、血液に乗って全身を巡り、結晶化して関節などに
沈着してしまいます。

これが長年の間に少しずつ累積して、やがては
痛風発作の遠因になるわけですが、この尿酸結晶というのは、
体のどこにでも溜まるわけではなく、溜まりやすい場所と
そうでもない場所があります。

溜まりやすい場所、というのは、体内の
比較的、体温の低い場所。

つまり、手足などの末端ですね。


心臓から遠い場所、というのもありますが、
尿酸は、いわゆる、代謝の最終老廃物。
要するに、ゴミです。

いえ、ゴミといえば、あんまりな言い方で、
本当は尿酸は抗酸化作用(血管の若さを保つ、など)などがあって、
体にとってなくてはならない必要なものなのですが、
過剰になりすぎると(痛風発作の原因になったりして)
やはりゴミです。
いらないもの、不要なもの、と。


話は変わりますが、家庭にゴミが出たら どうしますか?

捨てますよね。

ところが、ゴミ箱に捨てても
毎日、まいにちゴミは増えていきます。

そこで、ゴミ回収の日に家の外にゴミを出します。
マンションに住んでいる人なら、ゴミ捨て場に。

家の中にずっとゴミを置いておくと、
生ゴミとかニオイがしてきたりね。
夏なんか、特に。


で・・
できるだけ、家の中に置いておきたくないので、
遠いところへ、遠いところへ、と捨てます。

自室より、キッチンに。
キッチンより、戸外に。


体もね。
できるだけ、内臓から遠いところへ、遠いところへ、
とゴミ(尿酸)を捨てようとするのですよ。

だから、足先などの末端に尿酸結晶が溜まりやすい。


ケンドーコバヤシ CM


ところが・・
さっきの家庭のゴミの話ですけど、
ゴミ回収車が来てくれなかったら、どうするのか。
いつまでもゴミを集めに来てくれなかったら、どうするのか。

あっという間に自宅がゴミだらけになってしまいますね。
中にはゴミ屋敷になっても平気な人もいるかもしれませんが、
普通、家がゴミだらけになったら、あまり嬉しくないでしょう。


体もね。
はじめのうちは・・・
足先などの末端に尿酸が、尿酸結晶となって
沈着していくのですが、何十年も尿酸値が高いままですと、
だんだん、その足先などの関節に溜まりきれなくなって
飽和状態になってくるんです。

もう、これ以上、だめだよ、と。
限界だよ、と。


すると、どうなるのか。



痛風が「体の上にあがってくる」のですよ。


足の親指の付け根の関節、にしか出なかった痛風発作が、
やがて、足の甲、アキレス腱、かかと・・などに出るようになった、
と思ったら、くるぶし(足首)、膝などにも出始めます。

そして、ついには手指、手首、ひじ、肩、耳たぶなどにも
炎症が起こるようになってきて。

こうなるとね。
自覚症状はなくても、腎臓の糸球体にも尿酸結晶が
溜まり始める可能性が高いです。

この糸球体というのは、腎臓の濾過のフィルターの役目をする
大切なところ。

ここに尿酸結晶が溜まっていくと、徐々に腎機能低下が
起こるようになってきます。

腎機能と高血圧は連動していて、腎機能が低下していくと
高血圧にもなってきます。

いろいろとね。
体に、あまり嬉しくない影響が出てくるので。


病院に行くと、尿酸値を下げる薬を
「飲みなさい飲みなさい飲みなさい」と
3回くらい言われます。


まあ、たしかに尿酸降下薬を飲むと尿酸値は
てき面に下がりますが、副作用もあったりするので、
頑として飲まない人もいるでしょう。

一番良いのは、生活習慣の改善だけで尿酸値が下がれば理想ですが、
これがなかなか難しい。


プリン体の多い食事の制限、食事量の制限、
肥満の解消(ダイエット、減量)、運動(有酸素運動)の継続、
禁酒(ビールやお酒は止めましょう)、充分な睡眠、
ストレス解消、野菜や海藻を多めに食べる、果糖など甘いものの制限・・・・

上記の、これらを一生、継続するわけです。


隣のオッサンがビールを飲みながら、
焼肉やレバーや魚卵や蟹ミソを食べたりしながら
ニヤニヤしていても、です。


ぐびぐび・・ぷはぁ!!
うおー、たまらん、とか言われても、知らんぷり、です。



できますかね?

いえ・・できる人もいる?



次に試してみるのは、痛風サプリ、とかいうヤツ。
サプリメントですね。

これは個人差があるようなので、
あまり期待値が高いとガックリくるかも。


アンセリンなど、比較的、
実際に飲んでみたら尿酸値が下がったよ!
という人が多いサプリを選択するのがベターかな、とも思います。

プリン体と戦う乳酸菌とか、
プリトロール(小林製薬)とか、いろいろありますけど・・・


▽↓明治プロビオヨーグルトPA-3ドリンクタイプ【2ケース24本入り】05P01Oct16 [楽天]

 


▽↓小林製薬の栄養補助食品 プリトロール 約9回分 27粒  [Amazon]




どれか一つを選べ、と言われたら、やっぱり、
アンセリンかな、と。


でも、アンセリンを飲んだから、といって、
尿酸値12.0の人→尿酸値5.0になった!

・・・なんてことはないと思いますよ。

そこまで劇的な効果を期待するなら、
フェブリクなどの尿酸値を下げる薬を飲むしかないです。


でも、
少しでも尿酸値を下げたいよ!
というならば、アンセリンを試してみる価値はあるかも。
 

 



▽↓アンセリン 240粒入 約30日分  [Amazon]





━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ