━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 運動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風で病院へ行くと、即、
「さあ、尿酸値を薬を飲みましょう!」
と言われてしまうイメージがありますが、
必ずしも、そうでもないみたいです。

もし、痛風発作が出て病院に行ったのなら、
まず、処方されるのは消炎鎮痛薬。
つまり、ロキソニンやボルタレンのような
痛み止めの薬です。

これは、痛風発作が発症中に
尿酸値を下げる薬を飲んでしまうと、
急激に尿酸値が下がってしまい、
血液中により多くの尿酸が溶けだしてしまい、
結果的に、痛風発作の炎症がもっと酷くなるから、です。
つまり、もっと痛みや腫れが強くなってしまうわけで。

で、こんなに腫れ上がっているのなら、
こんなに痛みが強いのなら、まず、この痛みを
なんとかしましょう、という治療法。

でもね。
痛風発作のときに痛み止めの薬を飲むのは、
あくまで対症療法なんです。
対症療法、といえば、なんとなく、
いい感じに聞こえるかもしれませんが、要するに
「その場しのぎ」です。

今は、痛みさえ緩和されれば、それでいいや、と。


痛風の場合、あくまで根本的な治療とは
「尿酸値を下げること」ですからね。

通風 運動


で・・
上記のケースは、あくまで痛風発作が出た人の場合。

痛風発作が今まで一度も出た経験がなくて、けど、
尿酸値が高い。

尿酸値が高いといっても、どの程度かというと、
「尿酸値 7.0mg/dl以上」

この「尿酸値 7」という数字の根拠は何か、というと、
「尿酸値 7.0mg/dl以上」で血液中に尿酸が溶けなくなって
飽和状態になってしまうから。

血液中に尿酸が溶けない、という意味は、
溶けなくなった尿酸が結晶化して、尿酸結晶となって
体内の関節などに蓄積していくから、なのです。

これが、いわゆる、痛風発作の遠因。


ところがね。
いくら尿酸値が高くても(尿酸値 7.0mg/dl以上)、
今まで一度も痛風発作が出たことがないのなら、
尿酸降下薬を処方されることは、まず、ありません。

しかしながら、これにも限度のようなものがあって、
「尿酸値 7.0〜9.0mg/dl程度で痛風発作の経験なし」ならば、
生活習慣の改善のみ、を推奨されますが、
いくら痛風発作が出た経験がなくても、
「尿酸値 9.0mg/dl以上」ならば、即、薬物療法スタート、
となるようです。

ちなみに、この薬物療法ってのは、
尿酸値を下げる薬を毎日かかさず飲むこと。

まあ、転ばぬ先の杖って感じですかね。


(病院によっては、尿酸値 7程度で痛風発作がなくても、
尿酸降下薬を処方された場合もある、と聞いたことがあります。
ある程度、医師の先生の裁量によるのかもしれません)




でね。
薬物療法、つまり、薬を飲まない場合は、
「生活習慣の改善」となるわけですが・・・

それって、結局、
「食生活の改善」が基本となるわけでしょ?


「食生活の改善」っていえば、聞こえがいいですが、
とどのつまり、

「食生活の改善」→「キビシイ食事制限」→「貧しい食生活」

ってことじゃないの??


通風 痩せる


「食生活の改善」ってのは、
突き詰めて言えば、要するに
「プリン体の多い食事の制限」のことです。

肉類、レバーとか、魚卵とか。
おいしいものには、だいたいプリン体が
たっぷり入っている場合が多いです。

あと、禁酒ね。
ビールとか、飲むなよ、と。
無理なら、せめて、量を減らせよ、と。


で・・
こんな侘しい(わびしい)思いをするくらいなら、
薬を飲んだ方がマシ、という理由で
尿酸値を下げる薬を飲み始める人も多いようです。

っていうか、たいていの人は、そうかも。



ところでね。
「生活習慣の改善」=「食生活の改善」
というふうに認識されることが多いような気がしますが、
食生活だけが生活習慣じゃないですからね。

つまり、食い込む余地は他にもある、というか、
別の手段がある、というか・・


なんなの、それは・・というと
『運動』です。



通風 肥満


うんどう?
運動すれば、尿酸値は下がるの?


・・・というと、たいして下がらないと思います。
少なくとも、尿酸値を下げる薬を飲むように
大きく尿酸値が下がることはないような気がします。

ただね。
運動と食事(少し食べる量を減らす)を組み合わせて、
痩せることに成功すれば、話は また別。

個人差はありますが、痩せるだけで
尿酸値が下がったという人も大勢います。

(下がらなかったぞ、という人もいるのですが・・)


で。
ただ、痩せれば良い、ダイエットすれば良い、というものでもなく、
内臓脂肪を減らすことが肝要なんです。
筋肉を減らすような減量法はダメです。

内臓脂肪が出るホルモンに似た物質が
尿酸値を上げるのに一役買っているので、
この内臓脂肪を減らすことが、尿酸値を下げる要因の一つになります。

まあ、要するに
「腹まわりを減らせよ」と。
そーゆーことです。


ところがね。
ダイエットといえば、スポーツジムへ通って、
がんがん筋トレして・・・というのが良さそうに思いますが、
痛風の場合は、いろいろと ややこしくて、ねえ。

無酸素運動は尿酸値を上げてしまうので駄目で、
ゆったりとした有酸素運動をしましょう、ということになっているのですよ。


なんで、無酸素運動がダメなのか、というと、
息を止めて行うような激しい運動
(強い筋トレ、短距離ダッシュなど)は、
一時的に体内に酸素が入ってこないので、
体内の細胞が壊れやすくなるのですよ。

この「体内の細胞が壊れる」と言われてしまうと、
げげっ!?
という感じですが、なんのことはない、
体内の細胞は常に新陳代謝として、
「壊れては、また作られる」を繰り返しているので
心配いらないです。

ただ、細胞が壊れる時に、細胞は
「核」というものを吐き出すので、この「核」が
まわり回って、最終的に尿酸になるのです。

つまり、激しい運動は尿酸を増産する可能性が高いので、
なるべく、体内が無酸素にならないよう、
ゆっくりと呼吸しながら続ける運動をしましょうね、と。



で、具体的に「有酸素運動」って、どんなものをするの?

有名なのは「散歩」とかね。


ジジイか。
散歩のどこが運動なの!?



いや、でも、痛風の本とかに、そう書いてあるし。

そうそう、痛風の本といえば、
「腹筋」なんかも無酸素運動だそうです。

アンタも痛風なら「腹筋」するなよ、と。


これ、ど〜思いますか。


私は、痛風の本なんか、話半分に聞いとかなきゃ、
と思って、無視して「腹筋」は しています。

だって、人間の身体の中で、一番重要なのは「脳」。
そして、その次が「内臓」なんです。

その内臓を支えるのが腹筋。
その腹筋が「ない」状態なのが、どうしても良い状態だと思えない。

私の場合、机でパソコンに向かっている時間が
結構、長い(日もある)ので、
「腹筋がない」とね。

だんだん姿勢が悪くなるのですよ、前かがみ、というか。
上体を支えきれるチカラが弱ってくる、というか。

前かがみの状態が続くと、いずれ、腰に来ますからね。
つまり、腰痛が起こるわけです。

人間が人間として活動していく上で
最低限の筋肉は必要ですよ(あくまで個人的考えですが)。


通風 ダイエット


さっき、散歩のことをボロクソに言いましたが、
実は「歩くことは痛風改善の王道なんです。

本当は、毎日、しっかり歩いた方がいいのです。
わかっていましたけどね。


「歩く」とね。
下肢の筋肉が つきますし、筋肉を歩く、つまり動かすことによって
筋肉が発熱します。
すると、筋肉に張り巡られている無数の毛細血管に流れる血液も
温められて、全身を巡ります。

よって、全身の血流も良くなる。
さらに温かい血液が全身を巡ることによって体温も上がる。

血液中に尿酸は体温が高いほど「溶けやすくなる」ので。

(もっとも「尿酸が溶けやすくなる」のは、
体温37℃から、なんですが・・。
なかなか、37度も体温ないですからね)



と、いうわけで
「散歩ばんざ〜い!」なのでした。


ですが。
現実に散歩する、といっても、日々、忙しい人には、
そんな暇などないわけで。

早朝、早起きしてウォーキングする、といっても、
冬は寒いですしねえ。

布団(ベッド)から出られやしない。

私のように人生、そろそろ枯れてくると、
寒い冬の朝に外を散歩なんかしてたら、
「血管、切れたら、どうしよう!」とかね。
そんな心配が出てきたり。

だから・・といって、夜、仕事が終わってから、
暗い夜道をウォーキングしていたら、
犬のウンチを踏んだりね。
(私の場合)ロクなことがないんです。




で。
この際、家の中でできる運動は ないのか・・・ということで、コレです。

これなら、飽きっぽい私でも、1週間くらいは
続きそうに思うのですが・・・・
って、1週間じゃダメでしょ!?




▽↓ステップウェル2 [楽天]

▽↓コナミスポーツライフ(KONAMI SportsLife) ステップウェル2 [Amazon]




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/



【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ