━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 pH試験紙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の検査といえば、尿酸値検査が有名ですが、
他にもいろいろあります。

尿酸値検査は、血液検査ですが、
他にも尿検査、とかね。

尿検査といっても、いろいろありますが、
自宅でできる簡単なものもあります。

これが「尿のpH」を測定する検査です。


このピーエッチ(pH)というのは、ペーハーのことで、
自分の尿が「酸性かアルカリ性か」を測り知るためのものです。


自分の尿?
酸性であろうが、アルカリ性であろうが、どーでもいいよ!

・・・と思うかもしれませんが、痛風の人にとっては
看過できない大切な項目です。


と、いうのも
酸性の尿→尿酸値が高めの傾向」があるから、です。

アルカリ性の尿だと尿酸値が低い、とは限りませんが、
尿酸はアルカリ性の尿には溶けやすく、酸性尿には溶けにくい性質が
あるので。

尿酸値というのは、血中尿酸濃度のことですから、
血液中に尿酸が過剰になっていると尿酸値は高めになりますし、
血液中に尿酸が少なければ、尿酸値は低めになる傾向があります。

つまりね。
体内で作り出される尿酸をできるだけ、多く体外に排せつしたいわけです。
尿酸値を下げるためには、ね。

ところが、尿酸ってのは「尿と便」からの排せつが
ほぼ100パーセントなので、中でも圧倒的に尿からの排泄が多いので。

なのに、酸性尿で、尿に尿酸が溶けにくくなっていたら、
尿酸を多く排泄できないでしょ?

アルカリ尿のほうが尿酸が溶けやすいんだから、
多く溶けている尿を排せつする方が、あまり溶けていない尿を排泄するよりも
いいでしょ?


で、酸性尿よりアルカリ性の尿に傾けましょう、となるわけです。


ところがね。
残念なことに・・痛風の人は酸性尿の人が多いのですよ。
 

通風 尿検査

 


酸性尿の改善の基本は、やっぱり食事療法。

野菜や海藻を多めに食べて、
肉や野菜を少なめに・・・という、あまり嬉しくない食事療法を
実践するわけです。

あと、運動や睡眠も「尿のpH」に関係あるようですよ。

ちなみに、具体的な「尿のpH」、つまり、自分の尿が酸性かアルカリ性か、
ですが・・・・


「pH 7.0」 が中性、と言われています。
この「pH 7.0」 を基準に「数値が大きいか、小さいか」で
酸性か、アルカリ性か、を判断するわけです。

つまり、
「pH 9.0」 ならアルカリ性ってことです。
「pH 5.0」 なら酸性ってことです。

ちなみに、健康な人の「尿のpH」は、「pH 6.0」 前後だと
考えられています。

じゃあ、「pH 6.0」 だと、いいのね?


ところがね。
アルカリ尿の方は、ともかくとして、
痛風の人は「酸性尿」なんですよ。

いえ、酸性尿だから痛風になるのかもしれませんね。

具体的な数値は、
酸性尿の人の数値は「pH 6.0未満」 です。


つまり、「pH 6.0」 から数値が小さくなるにつれて
酸性尿の度合いが強くなるってこと。

「pH 5.5」 の人よりも「pH 4.0」 の人のほうが、
より酸性の度合いが強い、ということになります。

つまり、尿酸が溶けにくい尿、ということに。
尿酸値も「尿pH」 にスライドして高くなっているのかもしれませんね。


「尿pH」 が酸性に傾いていると、
尿路結石のリスクも高くなります。


なんてったって、酸性だと尿に尿酸が溶けにくいですから。
いろいろと不都合がね、あるんですよ。

酸性尿のせいで、
尿酸が尿に溶けにくくなるので、尿の中で尿酸が結晶化して
「尿酸結石」ができやすくなってしまったりね。

酸性尿のせいで、
クエン酸が減少するので、
「カルシウム結石」ができやすくなってしまったりね。

どれも、死ぬほど痛い、尿路結石のリスクを高めるもの、です。
あまり ありがたくありません。



通風 酸性尿


じゃあ、自分の「尿のpH」は、どうやってわかるの?

これがね。
簡単にできるのですよ。
自宅でもできます。

自分の尿を採って「pH試験紙」に浸すだけです。
それだけで「尿pH」 が測定できます。

自分の「尿のpH」って、どれくらいなんだろう?

どーせ、酸性尿だろう、とか思わないで
一度、自分でチェックしてみては いかがでしょうか。


この「pH試験紙」ってのは、いろいろなタイプが
発売されているようですが、驚くほど、安価ですしね!
 

 



▽↓pH試験紙(スティックタイプ)pH1-14 ペット/ペットグッズ 熱帯魚/アクアリウム 用品/ 自由研究 器具 水質管理関連 水質測定剤 送料無料 [楽天]

 

 

▽↓pH試験紙(スティックタイプ) pH1-14 [Amazon]


 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ