━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 梅干
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「フェブリクをやめて、梅干にしたい」→
いえ、梅干で尿酸値は下がらんでしょう。
梅干でフェブリクの代替には ならないでしょう。

フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、
尿酸値を下げる薬のこと。
40年ぶりの新薬ということで、
「痛風新薬」と呼ばれることもあるようです。

梅干、というのは、食べるとスッパイ、あの「梅干」のこと。

フェブリクに限らず、世にある医薬品というのものは、
その効果と引き換えに、多少なりとも副作用があるのが
一般的ですから、飲んでいる薬の服用をやめたい、
というのは わからなくもないです。

じゃあ、なんで梅干か・・というと、
フェブリクの代わりには ならなくても、
これがまた、意外な効果があるようなのですよ。

クエン酸 通風

ところで、フェブリクってのは、
売り文句は何か、というと、
「尿酸値を下げる効果が大きくて、副作用が少なめ」というもの。

この根拠は、どこから来ているのか、というと、
従来の尿酸降下薬に比べての話。

具体的にいうと、従来から尿酸値を下げる薬として
広く使用されている「アロプリノール(ザイロリックなど)」のような
「尿酸生成抑制薬」と比べて「尿酸値を下げる効果が大きくて、副作用が少なめ」
ということ。

そんなに尿酸値が大きく下がるのだったら、
あの痛くて歩けない痛風発作から
解放されるってこと?


(・・と、油断していると、フェブリクの飲み始めの頃の
半年間くらいは、体内に蓄積している尿酸結晶が溶けだしたりして
かえって痛風発作を触発することもあります)


で。
“尿酸値を下げる効果が大きい”方はいいんですけど、どうしても
“副作用が少ない”の方が気になったりね。

“副作用が少ない”っていえば、聞こえがいいですけど、


じゃあ・・・
フェブリク錠の副作用ってのは、ナンなの?


一般的に言われているのは、
「眠い、ダルい、イライラする、目の調子が悪い、皮膚がかゆい・・・」など。
(副作用には個人差があります)


これはね。
全て、「肝機能低下」のときに生じる症状なのですよ。

つまりね。
フェブリクは尿酸値を大きく下げてくれる、という素晴らしい効果と
引き換えに、肝機能が低下する傾向があるのです。
これが主な、フェブリクの副作用。


肝機能 通風


東洋医学ではね。
肝臓は、目や皮膚と関係がある、と考えられています。

ついでにいうと、体の右半分が不調なときは、
「肝臓」の調子が良くない場合が多く、
体の左半分が不調なときは「胃」に原因がある場合が多いようです。

中医学(中国の東洋医学)では、
「肝は目に穴を開く」とか言いますしね。

“目に穴を開く”って、なんじゃ、そりゃあ!
・・・という感じですが、要するに
肝機能の低下などの症状が、体の表面である「目の不調」
として現れる、ということ。

内臓などの不調は、生きて活動している人体を
切って開いて見てみたりできませんが、
体の表面に起こる不調などから、
内臓のどこに不調が起きているのか、ということを
はかり知ることが東洋医学の真骨頂です。

また、東洋医学では、わかったような わからないような、
よくわからない言い回しばかりのような気もしますが、
「肝は腎に養われる」という言葉もあります。

え?
なんのこっちゃ?

“肝”というのは、肝臓のこと。
“腎”というのは、東洋医学では、腎臓だけじゃなくて、
「腎臓+副腎」のことを指しています。

この副腎というのは、腎臓の上側に位置する小さな臓器で、
体内でステロイドなどの、抗ストレスホルモンを分泌する、
非常に重要な臓器です。

「副腎」という、その名前に“副”がついているので、
どうせサブ的な存在だろう、と誰もが甘く見るのですが、
本当は大切な臓器。

じゃあ、そんな大切な臓器なら、どうして、名前に
名前に“副”がついていて「副腎」なんだ、というと、
最初に副腎を発見した人が、まだ、副腎の本当のチカラを
何もわかっていなくて、小さい臓器だし、どうせ
たいしたことがない臓器だろう、と思い込んで
「副腎」と名づけたのだそうです。

なんじゃ、そりゃあ!
・・・という感じですが。

まあ、そんなこと、どうでもいいや。





で、「肝は腎に養われる」の話の続き。

人間の体は、とにかく、脳に血液を送らなきゃならない。
ですが、全身をくまなく巡る血液を脳に送る前に、
とりあえず、肝臓に必ず、立ち寄るのです。

肝臓が血液を蓄える、溜める・・・というイメージですかね。

その肝臓に血液を通して、栄養分を送り込む役目が腎臓ですので、
肝機能を改善するには「腎臓も大切ですよ」と。

これが「肝は腎に養われる」という意味。



さあ、そこで、やっと「梅干」の話。

梅干は、ね。
いいんですよ、健康食品なんです。

そりゃあ、確かに梅干を食べたから、といって
メキメキと尿酸値が下がるわけじゃありません。

ですが、梅干の「スッパさ」は肝臓に良い(肝臓を養う)
と考えられているのです。

さらに、梅干の適度「シオからさ」は、
腎臓に良い(腎臓を養う)と言われているのです。


梅干の酸っぱさも、塩辛さも苦手な人は苦手でしょうけど、
昔からの和食、日本古来の食事には梅干がつきものでしたしね。

大昔は、食品に防腐剤のようなものがなくて、
梅干は、その代替品のような意味合いもあったのかもしれませんが、
東洋医学のことなんか何も知らなくても、昔の人は
梅干が体に良い、健康に良い、ということを
なんとなく知っていたように思います。


たしかに、梅干ではフェブリクの代わりには
ならないでしょうけど、フェブリクの副作用が気になる人は
食事ごとに梅干を食べてみるのも
副作用軽減に悪くないかもしれませんよ。
 

 



▽↓【クーポン利用で10%OFF! 送料無料 】【 梅干し 紀州南高梅 800g はちみつ梅】【訳あり つぶれ梅】【あったかいご飯のお供に】【はねだし梅みかん蜂蜜入り 【紀州南高梅干 食品 梅干し はちみつ梅 南高梅 わけあり ワケアリ バニリン】 [楽天]

 

 

 


▽↓紀州南高梅 梅干し 大粒つぶれ梅 減塩はちみつ 塩分約4% (1kg) [Amazon]

 

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ