━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェブリク 切り替え
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリク錠(フェブキソスタット)ってのは、痛風の薬のことで、
尿酸値を下げる薬のこと。

従来より、尿酸降下薬としては、
ザイロリック(アロプリノール)などの「尿酸生成抑制薬」が
広く使用されていましたが、徐々にですが、
“痛風新薬”と呼ばれているフェブリクが主流になりつつあります。


って、今でもザイロリックは使われ続けているのですけどね。
廃れているわけではないです。


ところがね。
その、40年ぶりに発売された、という痛風新薬(フェブリクのこと)に
切り替えようと病院で、そう言ったら「断られる」場合が稀にあるようです。

つまり、ザイロリック→フェブリクに切り替えようとしたら、
主治医に断られたってこと。


こういうケースって、何度か聞いたことがあります。
よくあることなのか、どうかはわかりませんが・・・。
 

ふぇぶりっく


はじめて、痛風発作を起こして、自分が痛風だと知った人が
病院へ行って、いきなり
「フェブリクを処方してください」
と言う人はいないでしょう。

はじめて痛風になって病院に行ったのなら、
痛風の薬どころか、新薬であるフェブリクの存在すら知らないのが
普通です。

まあ、親兄弟が痛風で(体質は遺伝するので)
家族が痛風の薬を飲んでいて、痛風の薬のことを見て聞いて
よく知っている、というなら話は別ですが。


たいていは、ね。
病院で患者の方から「フェブリクを処方してくれ」というのは、
今まで、他の痛風の薬(ザイロリックなどの尿酸降下薬)を
飲んでいた人が、そう申し出るのだと思います。


ところがね。
それを断る医師がいるのですよ。


なんでか。



●フェブリクの在庫が病院にない → ×
(なければ仕入れれば良い)

●ザイロリックを処方したら儲かるけど、
フェブリクを処方しても病院が儲からない →
×
(フェブリクの方が薬価が高い。よって病院の売上は上がる)

●ザイロリックよりもフェブリクは副作用が大きい →
×
(間違い。フェブリクの副作用は少なめ)

●医師が いじわる →
×
(間違い。知らんけど。たぶん、そうじゃないと思います)



じゃあ・・・

なんで?
なんで、フェブリクの処方を断るの?

 



ふぁぶりく

 



「フェブリクを長期に服用した人の、生データがない」

 


・・・・というのが、その医師が
フェブリクの処方を断った理由なんだそうです。

つまり、
「尿酸値を下げる効果が大きくて、それでいて、副作用は少なめ」
というのが、世に言われているフェブリクの特徴なのですが。

それを否定するわけじゃないのですが、ザイロリックのように
現実に「実際に何十年も服用続けた人がいる」という、
生のデータがない、と。

机上の理論で「安全だ、安全だ」とか言われても、
フェブリクには何十年も飲み続けた人がまだいないので(新薬なので、当然)
そんなもん、信用できるか、と。

そんな信用できるかどうか、よくわからん薬を
大事な患者さんに処方できるか、と。

言い方は違うでしょうけど、
だいたい、そういう内容の意味のことを実際に言われた人がいるそうで。


まあ・・
言わんとすることは、わからなくもないですが、
そんなこと言ってたら、世の新薬は全て使えなくなってしまう。



フェブリック


私の親戚に、何十年もC型肝炎で苦しんでいた人がいたのですが、
最近できたC型肝炎の新薬で、なんと完治したそうです。

C型肝炎には、従来、
インターフェロンという治療法があるのですが、
その治療法は副作用が非常につらく、抗がん剤の治療に匹敵するほどの苦痛、
という人もいるくらいなのだそうで。

それでも、インターフェロンの治療でC型肝炎が完治すればいいのですが、
治る確率は「10人中3人」ほどらしい。

その、親戚の人は、インターフェロンの治療をすると
おそらく(副作用で)仕事ができなくなる、と思って、
治療に二の足を踏んでいたのですが、なかなかツライ症状らしくて。

ちょっと睡眠不足なだけで、次の日には目に黄疸が出るんだそうで。
肝臓と目は、関係がありますからね。
(東洋医学)


そんなとき、ええと、あれ、なんていうんですか、
治験モニター?

まだ発売していない(?)新薬を摂取して・・・
言葉悪いけど、実験台みたいな感じ。

そのかわり、世にまだ出ていない新薬を試せますよ、と。

その治験モニターに「C型肝炎の新薬を飲む」というのがあって、
それに飛びついた親戚の人は、それで無事に治ったそうですよ。

副作用はゼロなんだそうで。


わざわざ、私の家まで (呼んでもないのに)
「C型肝炎が治った!」
報告に来たくらいですので、よっぽど嬉しかったんでしょうね。



だから、ということでもないですが、
新薬だから、だめ。
とは、限らないです。

まあ、たしかに先行者がいない、ということは
リスクでもあるかもしれませんので「様子見」ということは
悪いことじゃありませんけどね。



痛風もね。
あれですよ。
フェブリクも悪くないですが、あれは
尿酸値を下げる薬ですから。
もっとハッキリ言えば「尿酸値を下げるだけの薬」ですから。

C型肝炎の新薬のように、
本当の意味での痛風を完治させる薬ができたら嬉しいのになあ。

「痛風が治った!」ってね。
 

 

 



▽↓【痛風(縦書)】書道家が書く漢字Tシャツ 本物の筆文字を使用したオリジナルプリントTシャツ 。書道家が魂こ込めた書いた文字を和柄漢字Tシャツにしました。 ☆今なら漢字Tシャツ2枚以上で【送料無料】☆ 【楽ギフ_名入れ】 pt1 .. [楽天]

 

 

 


▽↓(クラブティー) ClubT 痛風 Tシャツ(ホワイト) M ホワイト [Amazon]

 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ