━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「尿酸値は 測りたいけど、他のゴチャゴチャした項目は いらない」

なんとなく、気持ちは わかりますけど、
尿酸値検査は単独の検査ではなく「血液検査」なので、
他の項目も付随して わかるようになっています。

たとえばの例ですけど、
仮に病院での尿酸値検査の代金(?)が1,000円としたら、
「オプションで“尿酸値検査+腎機能検査+肝機能検査”で
3,000円になります!」
・・・とか言われたら、
「いえ、尿酸値検査だけでいいです」というのは、わかりますが、
尿酸値検査だけでも、他の項目を増やしても同じですからね。


えっ?
違った?

そういえば・・
医療機関の明細書を見たら、検査内容が点数化されていて、
項目が多いほど、医療費も高くつくんだっけ。
そうだっけ。


ま。まあ、その、あの。
多少は、検査代が高くつくかもしれませんが、
痛風の人ならば、せっかく検査するなら、
「尿酸値検査」だけでなく、「腎機能」と「肝機能」は
最低限、一緒に検査してもらったほうがいいです。
 

通風 尿酸値検査


で・・
検査しました。
数日後に検査結果がわかりました。
病院で検査結果の紙をもらいました。

さて、その数値のドコを見るのか。


まず『尿酸』


尿酸値のことですが、なぜか「尿酸値」ではなくて、
「尿酸」という項目になっています。

尿酸の基準値は「3.0〜7.0」(mg/dl)となっていて、
この範囲内ならばOK、ということなのですが、
痛風の人は、だいたい、尿酸値 7.0mg/dl以上です。

っていうか、7以上だから痛風、というのですが。


で。
生活習慣の改善にしろ、肥満解消にしろ、
尿酸値を下げる薬を飲むにしろ、手段は とにかく、
尿酸値の目標値は、まずは「7.0mg/dl以下」

尿酸値 7.0をボーダーラインとして、
血液中に尿酸が溶けなくなりますから。
溶けなくなる、ということは尿酸が結晶化して尿酸結晶になって、
体内の関節などに長年の間に蓄積して、痛風発作の要因になる、
ということ。
だから、まずは「尿酸値7.0mg/dl以下」が目標。

でも、
本当の目標は「尿酸値6.0mg/dl以下」なんです。

・・というのも、「尿酸値6.0〜7.0mg/dl」では、
たしかに、これ以上、もう尿酸結晶は体内に蓄積していきませんが、
だからといって、今まで長年、体内に蓄積してきた尿酸結晶を
溶かすことは できないんです。


体内に尿酸結晶を溶かす方法は、ただ一つ!


『“尿酸値6.0mg/dl以下”になってから、
   2年間!』




2年ですか・・・
長いなあ。


でも、尿酸値6.0mg/dl以下の状態で「2年間」経過すると、
体内に沈着した尿酸結晶が、ほぼ溶けて なくなるので。


ところで、
溶けた尿酸結晶は、どうなるのか。


溶けた尿酸結晶は、尿酸結晶とは呼ばなくなり、
ただの尿酸となり、血液中に溶け込みます。

そして、腎臓では血液を原材料にして尿を作るので、
その、尿酸の溶け込んだ尿を排尿することによって、
尿酸を体外に排せつする、ということで。

これで、めでたしめでたし・・ですね。



通風 尿酸値


で、『尿酸』以外に着目する項目は、
腎機能肝機能

腎機能は「クレアチニン」「尿素窒素」

肝機能は「総蛋白質」「GOT」「GPT」「γ-GTP」
「乳酸脱水酸素」「アルカリフォスタファーゼ」など

腎臓検査は、他にも
「ナトリウム」「カリウム」「クロール」「カルシウム」
などもありますが、主に「クレアチニン」「尿素窒素」だけ
チェックしておけば良い、と思います。
っていうか、結構、この二つは 重要指標なので。


でね。
1回の検査で結果が出ました、ハイ。どうですか?

・・・っていうのは、あまり意味はない・・こともないのですが、
重要なことは「前回との比較」「前々回との比較」です。

つまり、毎回、検査結果を残しておく、ということですね。

尿酸値は、きちんと下がっているのか。
高いなら高いで、上昇傾向にあるのか。
前よりは少しは下がったのか。

腎機能は落ちていないか。



・・・・・といってもね。
腎機能が年々、改善する人ってのは、少ないと思いますよ。

というのもね。
人間、誰でも一年ずつ年をとりますが、
『臓器も年々、衰える』のですよ。

年をとって、体力が年々落ちているのに、
腎機能だけ年々アップする・・なんて人は、いないでしょう。



『体力は年々、衰える』→『臓器も年々、衰える』です。



だから、腎機能が低下気味でも、そんなに
ガッカリしないでください。

だだ、いかに現状を「少しでも長く維持」することは
大事に なってきますけどね。





━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/

 

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ