━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 ルイボスティー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ルイボスティー』って知っていますか?


るいぼすてぃ?


なんだか、レベル75でラストダンジョンに乗り込んだら、
おどろおどろしく出てきたラスボス、みたいな名前ですが
「ルイボスティー」と最後に「ティー」とついている以上、
お茶の名前でしょう、これは。

なんで「ルイボスティー」の話か、っていうと、
二、三日前、近所のスーパーへ行ったら、売っていたのですよ。
お茶売り場に。


どうして、この店頭に陳列されていた「ルイボスティー」のパッケージが
パッ、と目に付いたのか、というと、確か・・・
昔、この「ルイボスティーは痛風に効果的か!?」みたいな記事を
どこかのブログで書いたことがあるのですよ、たしか、そうだったと
おぼろげな記憶が・・・。


ルイボスティーは痛風に効果あるの?
ルイボスティーで尿酸値が下がるの?
ルイボスティー 通風


とかいっても、「ルイボスティー」ってのは、お茶ですからね。
医薬品のような劇的な効果は期待薄でしょう。

しかしながら、世間一般で言われている、
「(痛風に関する)ルイボスティーの効果・効能」のようなものは、
だいたい、以下のような感じ。

〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜

『ルイボスティー』は、お茶ですが「利尿作用がある」お茶です。

痛風改善のサポート役として期待できるのは、
この「利尿作用」が一役買ってくれるから。

「ルイボスティー」の利尿作用で、
体内の不要な水分と一緒に“体内の老廃物”も体外へ排出
この老廃物の排出の促進が、肝機能の改善する効果が期待できます。

肝機能が改善されれば、血液中の尿酸濃度も低くなり・・・
っていうことは尿酸値も改善されて、
痛風の症状改善や緩和にも良い結果を得ることができる・・・かも、と。


〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜 *〜


ルイボスティー 尿酸値下げる


たしかに、尿酸値を下げるためには
できるだけ、体内の、血液中にある尿酸値を体外へ
排泄したいところなのですが、
その尿酸の排せつ方法として、最大のものは「尿」ですからね。

尿酸は尿に溶けて、尿と一緒に体外へ排泄されるので。

で・・
血液中の尿酸が減るということは、
血中尿酸濃度が下がるので、結果として
尿酸値が下がる、ということなのですが・・・・。


どーですかね、これ。

ホントに、この通りの効果があるのか、あるいは、
ちょっと大げさな謳い文句なのか。

どっちにしろ、これ、お茶ですからね。
そーゆーもので体質改善を狙うならば、かなり
長期的に継続しなきゃならないと思うのです。

毎日飲んでも、1週間や2週間では何も変わらないような気がします。


私のように、短期決戦型というか、
1ヶ月も飲んでみて、実感できるような効果がなかったら、
すぐに投げ出してしまうようなタイプの人間には、
ちょっと向かないかな、とも思います。


ルイボスティー 尿酸値下がる


続けられるか、どうかってのは、結局、
「ルイボスティー」がお茶として、おいしいか、どうか・・ですね。
いえ、自分の口に合うかどうか、というか、
要するに自分の好みに合うか、どうか。
お茶そのものを嫌いな人もいるかもしれませんし。


いくら体に良くても健康に望ましくても、
おいしくないものは、なかなか続かない。

ダイエットでも、これを食べて入れば「痩せる」という
食品があったとしても、それが「おいしくない」ならば、
なかなか、続かないでしょう。
はじめは我慢していても、だんだんね。
なんだか、苦行みたいになってきて。

だから、はじめっから、
「尿酸値がどうこう」とか「痛風改善をうんぬん」とかじゃなくて、
純粋に
「ルイボスティーを飲んでみたら、おいしかった!」
という人は継続すればいいんじゃないかな、と思います。
特に、お茶の好きな人はね。

一年、二年と「ルイボスティー」をおいしく飲み続けているうちに
知らないうちに尿酸値改善効果が出てくるかもしれませんしね。


夏はアイスで。
冬はホットで。

私のように「アイス」といえば「アイスクリーム」が。
「ホット」といえば「ホットコーヒー」が頭に浮かんでしまう人間には
向かないかもしれませんが。



▽↓ルイボスティー 有機JASオーガニック 特選エクストラファイン3g×50包 送料無料:メール便 (ノンカフェイン ルイボスティ ティー お茶 煮出し ハーブティー ティーバッグ) [楽天]



▽↓ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入 [Amazon]



━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/



【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ