━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 寝たきり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「痛風発作で寝たきり→歩行困難」

それって、痛風発作が痛いから歩けないっていう意味?

いえいえ、そうじゃないんですよ。
痛風発作の痛みや腫れが治まっても、痛くなくなっているのに
歩けないんですよ。


これ、嘘のような話と思うかもしれませんが、
本当にあるんです。
私も現実に、こういう状態になった経験があります。


どういうことなの?
 

通風 歩けない


関節や腱の痛みが消えても、痛風発作で歩けない時期が長いと
筋肉が落ちるんです。

1ヶ月ほど、寝たきりになっていると、それこそ、
骨と皮だけになっちゃう、という感じ。

有り得ない、とか
信じらんない、と思うかもしれませんが、
それだけ痛風発作の痛みは強烈だった、ということ。
本当に酷い痛みときは、立ち上がることすら
できませんから。


寝たきり・・とまでは いかなくても、
片足だけが痛風の場合(左足の場合が多いです)
立ち上がることくらいはできるんですよ。
痛い方の足を庇いながらね。

ですが、稀ですが、
痛風発作は両足に出ることもあって
(痛風になってからの年月が長い人、限定)
そんなときは、もうアウト。
全く歩けません。
寝ているしかないです。

腕の力だけで、匍匐(ほふく)前進のように進もう、
家の中のトイレへ行こう、と思っても、
なかなか到着できません。

ああ、自分の体って、こんなに重かったんだ、
と新たな発見があったりしてね。

変に力を入れすぎたりして、背中の筋肉が
つりそうになったりね。

碌なことがないです、ったく。


通風 動けない


両足じゃなく、片足だけが痛い場合でも、
その痛風発作の炎症の箇所によっては、
これもやっぱり、歩けません。
立ち上がれません。

膝、とかね。

膝に痛風が出る場合にも2パターンあって、、
膝の表側(膝の皿のある前方)と膝の裏側があります。

膝の裏に痛風が出る場合は、まだ
ツーアウト、という感じですが、
膝の表に出てしまった痛風は、自分的には
スリーアウト、チェンジ、って感じです。
ああ、もう、おしまい・・・みたいな。

膝の裏に出ようが、表に痛風が出ようが、
痛いのは同じです。

そして、膝周りは、曲げると痛いので、
立ち上がるときにも座るときにも激痛が走ります。

立つ、とか、座る、とか、
そういう行動は、人間の行動の基本的というか、
基軸になる動作ですからね。

何をするにも付いて回る動作。
そして、動くたびに痛みが走るという、この現実。

ああ、もう、こんなに痛いのなら、
寝ていよう・・・と思いますね。

それくらい「痛風発作は痛い」ということ。


そうそう。
さっきの「膝の裏」がツーアウトとしたら、
「膝の表」はスリーアウトの例え話の続き。

「膝の裏」を触ってみると、
大きめの筋(すじ)が二本走っているかと思いますが、
この筋(すじ)に尿酸結晶が溜まっていくわけです。

それに対して、「膝の表」とは、
膝の「お皿」周りの関節。

この、お皿まわりの関節って、大きな関節なんですよ。
膝関節のことです。

面積に大きな関節ですから、表面積も大きく、
すなわち、尿酸結晶が蓄積していく表面積も大きいってこと。
つまり、尿酸結晶がたくさん溜まるってことです。


痛風発作というのは、炎症の一種ですが、
炎症は発熱を伴い、同時に
炎症を起こしている痛風発作の箇所に溜まっている尿酸結晶を
溶かして小さくしていこう、という作用があります。
ある意味、尿酸結晶を溶かす・・ということに関しては
体のため、体を守ろうとしている、とも言えます。

そして、その炎症の発熱のおかげで、
日数をかけて、尿酸結晶を少しずつ溶かしていくわけで。

やがて、必ずやってくる、
痛風発作の終息の日とは、ある程度、
尿酸結晶が溶けて小さくなってきた日のことです。

いったん、治まった痛風発作が
しばらくすると再発するケースもありますが、
そういう人は、まだまだ大量の尿酸結晶が残されていたり、
あるいは消炎鎮痛剤で力技で痛みを封じ込めていたりする場合が
多いみたいです。


でね。
膝の表側、お皿のあたりに出た痛風発作は、
蓄積している尿酸結晶も多いと推測されますので、
長びきます。
つまり、回復が遅いってこと。

膝の裏側でも、痛いのは同じですが、
腱は関節に比べて表面積が狭いので、
蓄積している尿酸結晶も少ない、と考えられます。

だから、膝の表に比べて、膝の裏が痛かったほうが
比較的、早く回復するわけです。


通風 立てない


で・・・一時的にとはいえ、寝たきりになってしまうわけですが、
歩けなくなった、足が鶏ガラのように細くなったとしても、
これは心配ないですよ。

私も、強烈すぎる痛風発作で
半寝たきりになってしまったとき、片足が
鶏がらのスープの元みたいになってしまって、
ぷよぷよになった、骨と皮だけの足をつまんで
遊んでいましたが、痛みさえ引けば、また
歩けるようになりますしね。

そして、人間の体というものは、元の状態に戻ろうとしますから、
筋肉は使わなければ衰えますが、使えば元に戻るんです。

足の筋肉の場合、特にスクワットとか筋トレみたいなことを
しなくても「歩いている」だけでも筋肉は付きます。

痛風が原因で寝たきりになってしまうと、
(仕事、どうしよう、とか)
精神的に参ってしまいがちですが、
どんな激烈な痛風発作でも必ず終わりの日がやってきますので、
それまで、しばらくの辛抱ですよ。


どうして、こんなことになってしまったのか。
二度とこんなことにならないためには、いったい
どうれば良いのか。

反省すべきことは、たくさんあるのかもしれませんが、
まあ、そんなことは、回復してから考えれば良いことです。

今は、くよくよアレコレ考えても
どうしようもありませんので、ゆっくり養生してください。



って、誰が寝たきりになっている、って言った??




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ