━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 足裏が痛い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「足裏が痛い」というのは、足の裏が痛い症状のこと。

それも裸足で画鋲(がびょう)を踏んだ、とか
明らかに原因のわかっている場合ではなくて、
外傷とか、別に心当たりもないのに、なんとなく
(歩いたり、体重をかけたりすると、特に)痛い。
そんなケースのこと。

このブログは「痛風ブログ」なので、
痛風の人が「足の裏が痛い」場合のことを
書いてみたいと思います。

で、「飲み過ぎ」といっても「水の飲み過ぎ」とか
いろいろありますが、世間一般で言う「飲み過ぎ」
というのは、普通、お酒のこと。
ビール、ウイスキー、焼酎などのアルコール飲料のことですね。

これらの酒類の飲み過ぎのせいなのか、どうなのか、
翌日とかに気が付いたら「足裏が痛い」、と。


これは、なんでか。
 

通風 足裏


まず、足の裏には「腎のツボ」が集まっている。

「腎(じん)」というのは「腎臓と副腎」のこと。

アルコール飲料を暴飲することによって、
腎に負担がかかって、足の裏の腎のツボが
反応が出て痛くなる。

えっ?
意味不明?

人間の体の表面には、無数のツボ(経穴)というものがあって、
これらは内臓と繋がっている。

つながる・・というと、妙な感じですが、
反射鏡というか、関連がある、ということ。

たとえば、猛烈に飲み過ぎて腎臓に負担がかかってしまった、と。
このままじゃ、腎臓にダメージがかかっちゃう。

じゃあ、体はどうする?
どう対処する?

腎臓っていうか、内臓は人間にとって最重要なので、
これらがダメージを受けてしまうと、生存上、非常に困る。

で・・
その腎臓が受けたダメージを身体の表面のツボに逃がす、感じです。

だから、かわりに、その負担がかかっている内臓のツボが痛くなる。

これが、もし、ツボが痛くなっていなかったら、どうなるのか?

そりゃあ、ダメージを逃がす場所がないんだから、
直接、腎臓がダメージを受けてしまいますよね。

これって、困る。

だから、内臓が受けたダメージは、
反射鏡ともいえる、体の表面のツボに反応がでるわけです。

だから、ツボが痛い。


たとえば、大雨で家の屋根が
穴があいて雨漏りしたりダメージを受けて痛まないように、
雨樋(あまどい)が設置されているようなものです。

強い雨でも、雨を屋根から逃がす・・みたいにね。

新しい家に住んでいる人は不要かもしれませんが。

ちなみに、私の家は老朽化が激しくて
一度、修理を依頼しなきゃ、と・・・・え?
誰も聞いてない?



通風 足の裏


で、足の裏の話。

足の裏は腎のツボが集まっている、ということでしたが、
「疲れが溜まる」と足の裏が痛くなるケースもあります。

疲れ、というのは、体の疲れや心の疲れ、とか
いろいろありますが・・・足の裏が痛くなる、ということは、
なんらかの心労、疲労が蓄積している注意信号のような
状態かもしれません。


あと、マジな痛風。

足の裏に痛風発作が出る場合もあるんですよ。

足の裏に?
痛風が?

足の裏には膝やくるぶしのような大きな関節もないのに、
なんで・・と思うかもしれませんが、
筋(すじ)があるんです。

このスジに、なんと、尿酸結晶が溜まる。


しかしながら、痛風発作といえば、
一番の好発部位は「足の親指の付け根の関節」で
それから「足の甲」「アキレス腱」「くるぶし」などで
足の裏に痛風が出ることは稀です。

足の裏に痛風発作が出る人は、かなり
痛風になってからの年数が長い人かもしれませんね。



で、解決策・・・なのかな?

飲み過ぎで足の裏が痛くなった人は、
飲酒を控えれば数日が足の裏の痛みは緩和すると思います。

疲労、心労で足の裏が痛い人は、
よく休んで、よく眠って疲労回復に努めれば、
かなり症状は改善する、と思います。

痛風で足の裏が痛くなった人は・・・
これは、ちょっと長引くかもしれませんけどね。




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ