━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リンゴ酢 効能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「りんご酢」は体に良い、というのが定説です。

商品名に「リンゴ“酢”」と「お酢」という言葉が
入ってるだけでも、言葉の響き、というか、
なんだか見ただけで聞いただけで
健康になりそうじゃないですか。

で・・
「りんご酢」が健康に良くても「痛風」には、どうなのか。
痛風発作に、効果はあるのか。
尿酸値は、下がるのか。

聞いたところによると、
海外の、とある痛風で苦しんでいた人が、
あまりの痛風発作の激痛に苦しみもがいて、
苦し紛れに、たまたまキッチンに置いてあった
「りんご酢」をゴクゴク・・ごくごく・・・ゴクゴクごくん。

飲んだら、翌日、あら、不思議。


なんと!

なんと、あんなに腫れ上がって
激烈な痛風発作が嘘のように治まっていた!!





・・・・・・・・って。

ホントかよ、それ?


      嘘くさいな。
                 嘘くさいな。
                          嘘くさいな。
 

通風 林檎酢


まー、そんなこと急に言われたって、
私ゃあ、そう簡単に信用しませんよ。

なんてったって、昔、

玉ネギの丸齧り痛風発作に強烈に効く
・・・というネタを信じて、
来る日も来る日も、毎日毎夜、タマネギを
食べ続けた、と来たもんだ。

涙は ポロポロ出るわ、鼻は ツー−−−−------ン、とするわ、
喉は 痛いわ、食べ物の味は わかんなくなるわ、
ええ、そうですとも。酷い目に遭いましたとも。

で・・・
肝心の効果ですが、こっ、これのドコが
痛風発作に効果があるんですかい!

(後からわかったのですが、玉ネギには
「硫化アリル」という成分(いわゆる、血液サラサラになる成分)があって、
それが痛風、痛風発作にも効果がある、と言われているので、
まんざら、デタラメや都市伝説でもなさそう。
たまたま、私には効果がなかっただけ??)



ま。
玉ネギの話は、いいや。
そんなことより「りんご酢」の話。

「りんご酢」が体に良いのは疑いのないことですが、
私的には、短期的に痛風発作に効く、というよりも、
どっちかというと、長期に飲み続けることによって
体質改善の一助になるのではないか、という位置づけです。


通風 りんご酢


「リンゴ酢」というのは、その名の通り、
りんご果汁が主原料ですが、りんごを熟成&発酵させたものもあれば、
アルコールを加えて作られたものもあるようです。

この「リンゴ酢」の“酢”というのがね。
痛風の人にとっては、期待値が高いところ。

というのも、「酢」というのは酸性食品ですが、
不思議なことに体内に入ると「アルカリ食品」に変貌するのですよ。

ですから、飲む前はともかく、
事実上はアルカリ食品なんです。


“「酢 (酸性)」→ 飲んだよ →「酢 (アルカリ性)」”

・・てな感じ。


この、酸性・アルカリ性というのは何か、と言うと・・・

痛風の人は体質的に、あるいは食事の嗜好性などから
「酸性の尿」の人が多い、という話なんです。

話が見えにくいですが、
食事の嗜好性ってのは、肉や魚が大好きで
野菜や海藻は、あまり好きじゃない、という人が多い。
っていうか、普通の人は、そうでしょ?
・・・という意味。

そこ(食事の傾向)に、さらに
「持って生まれた体質(遺伝的要素)」が入り込んできて
痛風になりやすい原因を作っている、というわけです。


で、尿酸値を下げるためには、
「体内で尿酸を作るのを抑制する」か
「体外への尿酸排泄を促進する」のドチラか。

どっちにする?
ドッチがいい?

「体内で尿酸を作るのを抑制する」方は、なかなか難しい。

なんで難しいか、というと、
食事を体内に摂取したときに分解されて尿酸はできるし、
体内の栄養分をエネルギー代謝するときにも尿酸はできるし、
体内の細胞分裂で、細胞が核を吐き出すときにプリン体ができるので、
最終的に尿酸になるし・・・
とにかく、やたらと、尿酸は できるの。できてしまうの。

だって、生きてるんだから。
人間なんだから。

けど、「体外への尿酸排泄を促進する」の方なら、
ちょっとは“努力”・・・といえば、なんだかなあ、という感じですが、
ため息が出そうですが、
日ごろの心がけで、少しは改善するんじゃないか、と。


でね。
尿酸は水に溶けにくい性質があるのですが、
それでも“どうみても固形じゃなくて水でしょ”としか思えない尿に
尿酸を溶かして、体外に排泄しなきゃならないんです。

そうしなきゃ、尿酸の排泄が促進されないから。
便からも尿酸は出ますが、尿ほどのウエイトはありませんしね。

で。
尿酸は「酸性の尿には溶けにくく」
「アルカリ性の尿には溶けやすい」のです。

だから、尿をアルカリ性に傾けましょうよ、という話。

それには、酸性食品を食べたり飲んだりするよりも、
アルカリ性食品を食べたり飲んだりする方が、理に
かなっているでしょ?
というわけで。

酸性食品ばっかり食べている人の尿が「アルカリ性」に
傾いてきたら、逆に、おかしいでしょ?
・・・ということ。


通風 リンゴ酢


ところが、おいしいものって、たいてい酸性。

う〜ん・・なんか、アルカリ性食品で
おいしいもの、これなら食べたり飲んでもいいなあ、ってのは、
ないの?


そこで、アルカリ食品を飲むなら、
摂取して体内に入るとアルカリ性に変わる「お酢」なんか、どう?

・・ということなのですが、酢、ですか。

酢、ねえ?
おいしいですか。

そんなもの、誰が飲みたいの。
腰に手を当てて、酢をグビグビ飲む人って、いる?
(別に腰に手を当てなくてもいいですが)

そもそも、お酢って、お料理の原材料でしょ?
ダイレクトで飲む人っているの?


そこで「りんご酢」というわけで。

おいしいでしょ?
(酢よりは)

飲みやすいでしょ?
(まあ、喉が渇いていたら)


また、りんご酢には「カリウム」も含まれていて、
高血圧対策も期待できるそうですよ。

ただね。
購入するとき、飲むときには、
その製品、というか、ラベルの成分をチェックした方がいいです。

というのも、おいしくしなきゃ、商品は売れないので、
糖分がたっぷり含まれている可能性もありますから。

果糖や砂糖などは過剰に摂取すると、体内で分解するときに
最終的に尿酸が生成されますので、そんなに神経質になることも
ないですけど、ほどほどにしておいた方が良いかもしれません。


いずれにしろ、
「りんご酢」は健康食品ですが、過度の期待するのも、
あれかな、と思ったりします。

少なくても、痛風発作の激痛が「りんご酢」を飲めば
嘘のように消失する・・・とか、そういう期待は
あまりしないほうがいいような気がします。

「りんご酢」を飲むことによる、
長期的な体質改善、痛風改善が目的ですね。


いくら健康に良くても痛風に良くても、
おいしいと思えないならば、なかなか続きません。

「りんご酢」を試しに飲んでみて、
おいしいと思える人なら、チャレンジしてみるのも
一つの方法です。



えっ!?
私ですか?


私は・・ですね。
ええと、その。


近所に「りんご酢」を売っている店が
ないんですよ!

 

 

 


いやあ、残念だなあ!!





▽↓[楽天]

 

 

 


▽↓ミツカン ビネグイットまろやかりんご酢ドリンク(6倍濃縮タイプ) 1000ml [Amazon]





━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/

 

 

 


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ