━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ライオンは痛風になるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ライオンは痛風になりますか」
なりません。

痛風発作でロキソニンを飲んでるライオン、とか
聞いたことがありませんし。


動物園のライオンは、ともかくとして、
ライオンは野生動物ですので、
仮に痛風になってしまったら足が痛くて走れないので
エサが獲れません・・・

って、よく考えたら、人間も同じですね。
人間は草原で逃げるエサを走って捕まえたりしませんが、
痛風で足が痛くて、会社を休んでばかりいたら、
解雇とまではいかなくても、キビシイ立場になってしまいそうです。

「傷病手当金」の申請したりして、
痛風で働けなくても「傷病手当金の給付」を受けるなど、
救いの神的な手段もありますが・・

「傷病手当金」といっても、
支給される給付金の額は、もらっていた給料の満額じゃないですし、
傷病手当金の期間は、最長でも「1年半」しか、もらえなかったり。

っていうか、
それ以前に「医師の診断書」や「事業主の証明」とかが
添付書類として必要なので、簡単に給付金がもらえそうで
実は現実には、そんなに簡単なものじゃないのかもしれません。


って、ライオンの話はどうなったのよ?

らいおん 通風


痛風で足が痛くてエサが獲れなくなったライオンは、
死ぬしかありませんが、人間は、その点、
「傷病手当金」なんて方法もあるし、もし、それが無理でも
失業保険もあるし、最悪、生活保護なんて手段もあるから、
痛風で仕事を失っても、そう簡単に死にやしません・・・
って、そんな話ではなくて。

結局ね。
昔から、痛風の人ってのは
「プリン体の多い食品の摂り過ぎに注意しましょう」と
長年に渡って言われ続けてきましたから。

つまり、肉とか魚とか・・
おいしいものには、プリン体がたっぷり入っているのが現実。

ところが、こんなおいしい大好きなものを
痛風だから、というだけの理由で我慢しなきゃならない。

それも一週間だけ、とかなら、
我慢でもなんでもしますが、これを数年、数十年、いや、
一生涯・・・・・・あああああああああああっ!

こっ、こんな現実なんてっっっっ!!


それに比べて、アイツら(ライオンのこと)は、
なんで肉ばっかり食ってんのに(肉食動物だから)
痛風にならないんだよ!?

・・・と、まあ、やっかみ半分、というわけでもないですが、
疑問に思ってみたりね。


ライオン 通風


なんで、ライオンは人間のように痛風にならないのか、というと
「人間とは体の構造が違う」から。

正確には「代謝の能力が違うから」です。


代謝の能力?


「プリン体の多い食品を食べ過ぎないようにしましょう」
と、長年、痛風の人は言われ続けてきましたが、
プリン体の多い食品を食べ過ぎると、体内で分解されたプリン体が
代謝され、最終的には老廃物として尿酸に変わるから。

つまり、プリン体を多く含有する食品を食べれば食べるほど、
結果的に、体内の尿酸も増えることになります。

尿酸が増える、すなわち、血液中の尿酸が増える、ということですから、
血液中に尿酸の濃度も上がるわけで。
ってことは、それって「尿酸値が上がる」ことなんです。

で。
尿酸値が高いと(具体的には「尿酸値 7.0mg/dl以上」)
血液中の尿酸が血液に溶けなくなってしまい、
体温の低い、手足などの末端が結晶化して沈着し始めます。
関節か、腱・・とかにね。

これが長年、尿酸結晶となって蓄積して、
痛風発作の遠因となります。

じゃあ、痛風予防というか、痛風対策して
尿酸をドンドン、体外に排泄できたらいいのね?

ところが、尿酸を排せつしようと思っても、
主な「排せつ手段」が“尿と一緒に体外に排出”
しかない。

いえ、本当は小腸経由で便からも排出されるのですが、
便から排出される尿酸は、尿に比べると
圧倒的に少ないです。
やはり、尿からの排せつに頼るしかない。


でね。
尿酸ってね。
どんな色か知っていますか?

白いんです。
ホワイト。

でも、自分の尿って・・・
白くないですよね。

本当に「尿で尿酸を排出している」の?

尿酸は尿に溶けて、尿酸が溶け込んだ尿として
体外に排せつしているんです。
だから、尿に尿酸の白い色は見えません。


肉食動物 通風


ところがね。
「尿酸」ってのは、水に溶けにくい性質があるんです。

尿に溶けて、尿と一緒に体外に排泄するのが
主な排出手段なのに、それなのに「水に溶けにくい」って・・・

水に溶けにくいのに、尿には溶けやすい・・なんて
ハズないですよね?

だって、尿だって、水ですもんね。

だから、尿酸も中々、尿に溶けない。
特に肉をタップリ食べて酸性尿の傾向の人は、
なおさら、尿に尿酸は溶けない。

だから、体外への尿酸排出が減少して、
余計、尿酸値が高くなる。

逆に、野菜や海藻を多く食べて、肉は少なめ・・
という人は、尿がアルカリ性に傾いている可能性が高いから、
尿酸は良く溶ける。
つまり、尿酸の排出が促進されるので、
尿酸値は下がる。

要するにね。
「尿酸は水に溶けにくい」という糞な性質のせいで、
人間は苦労する、痛風の人はもっと苦労する、
ということなんです。


猛獣 通風


ところが、ライオン。
肉食動物のくせに、人間とは代謝の経路が違う。

つまり、人間の場合は、
「プリン体」→「尿酸」と分解されてオシマイ。

この、水に溶けにくい尿酸をなんとか、尿に溶かして、
尿と一緒に体外にできるだけ多く排泄させて、
なんとかして尿酸値を下げて・・・と一生懸命になっている。

ですが、ライオンってのは、
「プリン体」→「尿酸」と分解されて終わりなのではなく、
「プリン体」→「尿酸」→「ヒドロキシイソ尿酸」→「アラントイン」
・・・と、さらにさらに、体内で分解できるのです。
人間より分解の工程が「2工程も多い」わけで。
この「アラントイン」を尿中に排泄するわけで。

だから、ライオンは(人間のように)尿酸の存在に手こずったり、
尿酸が結晶化して関節に蓄積したり・・・なんてことには、
ならないのです。

だから、
ライオンは痛風にならない。


普通に考えて、人間はライオンよりも高等な生物、
ということになっていますが、もしかしたら、
高等なのは脳だけかもしれませんね。

まあ、そんなことはないとは思いますが、
代謝に関してはライオンのほうが人間より上なのかも。



━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ