━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロキソニン 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つい、さっきまで他人様のブログ(痛風モノじゃないよ)を
読んでいたのですが、これがまた、偉そうな“上から目線”のブログでね。
ブログぐらいで、そんなに偉そうにしなくてもいいのに。

それに比べて、ここの「痛風ねこきち」は、なんてバカ丁寧なブログなのか。
さっきまで読んでいたブログと大違いじゃないですか。

・・・というわけで、さっそく、
当ブログも、件の「上から目線ブログ」を真似して、
趣旨、変更することにする。

よいか、キミタチ。
わかったか。

痛風のキミ達は、常時、カバンの中に
「ロキソニン」を忍ばせておきたまえ。

なぜならば、夏場は痛風発作が頻発する季節なので、
常に諸君は、万が一の痛風発作に備えねばならない。

備えあれば憂いなし、と言うだろう?

たとえ、本当に飲まなくても良いのだ。

万が一、痛風発作に突然、見舞われても
イザという時にはカバンの中にロキソニンがある。

この安心感が心を落ち着かせてくれるのだ。
わかったか、キミタチ。


・・・・・・・・・・・・・・・・。


え?
キャラじゃないって?

通風 すとれす


疲れるので、文章、元に戻します。

あのね。
さっきのロキソニンの件なんですけど・・・
カバンの中に常備していた、というのもホントで、
なんと本当に私、飲んだことがあるのですよ。
その、常備していたというロキソニン。

何年か前なんですけど、母が入院したことがあってね。
その見舞いに行こうとしたんですよ。

手術ではありましたが、でも、命がどうこう・・ということもないので、
見舞いに行こうしたんですが・・・・。

やっぱりね。
心配だったんでしょうね。
私のほうが。
母のことを。

その「心配」が自分にとって、知らないうちに
ストレスになって。

痛風ってね。
ストレスが引き金になって痛風発作を発症するケースがあるんですよ。

強いストレスは、体内を交感神経優位にさせて
血管を収縮させる作用があるので。

血管が収縮すると、なんで痛風?
・・と思うかもしれませんが、血管が収縮すると
血流が悪くなって、腎臓への血液供給も減少するので。

腎臓は血液から尿を作るので、腎臓への血液の流れが減ると
作られる尿も減る。

尿酸は尿に溶け込んで、尿と一緒に体外に排泄されるのが
大部分なので、尿による体外排泄が減少するとマズイわけで。

つまり、排せつが少ないので、血液中の尿酸があまり減らない。
ってことは血液中の尿酸が飽和状態になって、尿酸値が上がり、
痛風発作が誘発しやすくなる、と。


通風 ストレス


で、見舞いの話。

地下鉄まで歩いて、地下鉄の階段を下りて・・
そのあたりまでは良かったのですが、電車に乗って
次の駅へ到着する頃から、どうも様子がおかしい。

様子がおかしいってのは、もちろん、自分の足のこと。
左足の親指の付け根に妙な違和感があるんです。

もう、すぐにわかりましたよ。
だって、その違和感の場所って・・・
「左足の親指の付け根」ですから。

私が「左足の親指の付け根」が痛い・・・
って言ったら、
痛風発作以外に有り得ない!!

(自慢じゃねえよ)


通風 原因


で・・
電車に乗っている間にドンドン痛みが強くなってきてね。

そりゃあ、まあ、私は痛風ですから、
痛風発作が出るのは仕方がないかもしれませんが、
これから母の見舞いに行く途中ですからね。

見舞いに行って、母に会ったとき、
私が痛風で足を引きずっていたらマズイでしょう。
心配をかける、というか。

入院している母に、痛風で痛そうに足を引きずりながら、
痛みで顔をしかめながら、
「だいじょうぶ?」とか言ったら

 


オマエがな!」

 

とか言われそう。


でね。
仕方がないから、ロキソニンを飲んだんですよ。
駅中の自動販売機でミネラルウォーターを買って。
その場で、常備している(?)ロキソニンを1錠。
ごくごく、と。

まさか地下鉄の中でロキソニンを飲む羽目になる、とはね。


で・・
無事に(?)見舞いは終わったのですが、
そのときは痛風のことは一言も言わなかった母ですが、
後日、たまたま話が出て、
あのとき、一目見て、私が痛風発作の真っ最中だ、とわかったそうです。

う〜ん・・・なんで、わかったんだろう??


・・・・・・・・・。


・・・というわけで。

カバンの中に、いつ痛くなっても大丈夫なように、
と忍ばせていたロキソニンですが、カバンに入れているだけで、
出先でロキソニンを飲むことになるなんて、一生ないだろう、
と思っていました。

う〜ん、油断大敵ってヤツですかね。


夏場になって、長期休暇のとれる人などは
海外旅行に行く機会もあるか、と思うのですが、
有り得ない、とか思っても、痛風の人の場合、
いつ、足の激痛が暴発しても不思議じゃないので、
万が一の「備え」はしておいたほうが良いと思います。

飲まなくても、持っているだけでも安心しますから。



━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ