━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 両足
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「痛風発作が両足にでることはありますか?」
あります。
滅多にないですが。

私も一度だけ、両足に痛風が出た経験があります。

通風 両脚


私の場合はね。
まず、左足に痛風発作が発症して、その痛い左足が
まだ治っていないのにも関わらず、続けざまに
右足にも痛風が出た、という感じでした。

で、事実上、左足も右足も痛風で痛くて歩けない、というわけで。
アウトですね。
両足とも、痛いのですから、どうしようもない。

寝たきり生活ですよ。

寝たきり生活を続けるうちに、脚の筋肉がみるみるうちに衰えて、
骨と皮のようになって、ああ、今も・・・

♪チキン、チキン〜
  チキンを見ると思い出す・・・


しまった、こんな記事、書くんじゃなかった。
情けない日々を思い出してしまうじゃありませんか。


通風 両足


人間の体というのはね。
うまく言えませんけど、二重三重の安全装置みたいな構造になっていて、
簡単には死なないようになっています。


たとえば、鼻の穴。
なんで、二つもあるのか。
一つで充分じゃないの?

鼻の穴が一つしかないと、風邪とかで鼻が詰まってしまったら
呼吸困難になってしまうので、鼻の穴は二つあるのです。

じゃあ、鼻の穴が三つあったら、もっと磐石じゃないの?

鼻の穴が三つもあったら、ハナクソを掃除するのが大変なので、
二つしかないのです。
(今、テキトーに考えた。たぶん、デタラメ)


ところが、そんなふうに知らないうちに生存を高めてくれる、
二つある鼻の穴ですが、風邪、それも鼻風邪のときには
両方の鼻が同時に詰まってしまうことも稀にあります。
膿みたいな、濃い鼻汁が出るようなときね。

そんなときは、ちょっと苦しいですけど、
口をあけて口呼吸です。
これで呼吸確保、酸素確保です。

人間は、そう簡単に死んだりしないのです。


ですが、両方の鼻が風邪で鼻詰まりになって、
しかも、頼みの口呼吸も喉に痰が絡んで咳き込んで
窒息・・・・なんて、可能性はゼロではないかもしれませんが、
滅多にあることではないのです。

人間の体は二重三重に防御が働くようにできているから。
そう容易く、人間は死んだりしません。


痛風の両足同時発作も、そういう意味で、
もし、痛風が両足同時に出ると「歩けない」ですからね。

片足だけ痛くても、ほとんど激痛で歩けない痛風発作なのに、
両足に痛風でたら、もうオシマイです。

だから、人間の体の構造からして、普通は
痛風発作は両足同時に出ないようにできているのです。
フツーはね。


通風 転移


あと、これは尿酸値が高い状態(尿酸値7.0以上)で
しかも、痛風になってからの年月が長い人に多いのですが、
痛風発作になると「長びく」「なかなか回復しない」あるいは、
「次から次へと違う場所に痛風が出る」場合があります。

「痛風発作が治った、と思ったら、また違う場所に出る」ってヤツですね。


このことを「痛風が転移した」
なんていう言い方をする人がいますけど、


癌じゃねえよ!!


転移とか、言うなよ。



これね。
わかりにくいんですけど、あれですよ。

たとえば、痛風発作が・・・そうですね。
左足の親指の付け根の関節に出た、とします。

痛いのは、腫れているのは「左足の親指の付け根の関節」だけです。

痛風発作の原因は、尿酸値が高くて
体内に溶けきれなくなった尿酸が結晶化して、関節などに
蓄積していたことが要因です。

つまりね。
今、痛いのは、今、腫れているのは
「左足の親指の付け根の関節」だけかもれしませんが、同様に
他の箇所にも、しっかりと尿酸結晶は溜まっているのですよ。

表面上、痛風発作として(今は)出ていないだけ。

足の甲にも、かかとにも、アキレス腱にも、くるぶしにも、
あるいは膝にも・・・同様に尿酸結晶はタップリたまっているはず。


じゃあ、なんで、それらの場所は痛風が出ないの?


そこは、人間の防御装置の話になってくるんですよ。
いっぺんに全箇所、痛風が出てしまうと「歩けない」から。

あるいは、あまりの激痛に、どうにかなってしまうかもしれませんね。
一箇所だけでも、あんなに痛い痛風発作なのに、
10箇所くらい同時に出てしまったら、人間って、
どの程度まで耐えられるのか。

つまりね。
普通は、痛風は一箇所ずつしか出ないようになっているのです。


「痛風発作が治った、と思ったら、また違う場所に出る」って言うでしょ?

それは、ある意味、体を守っているわけです。

もし、いっぺんに痛風が何十箇所も同時に出てしまったら、
人間、どーなるのか。

考えたくもないですよね。


通風 移動


で、両足同時痛風発作の件。

普通、考えられるのは、
片方の足に先に痛風が出て、その反対の足が
まだ前の痛風が治っていないのに、続けざまに出るという
パターン。

尿酸結晶の蓄積が、相当、飽和状態というか、
危険信号というか、ヤバイ状態のときに起こりうるケース。


この、痛風発作は長びきますよ。

両足が(ほぼ)同時に痛風が出た人は、
覚悟してください。


私の場合は「半年」でした。


マジですよ、これ。
このまま死ぬんじゃないか、と思いましたよ。



━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/
 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ