痛風 アルコール飲料 | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風中にアルコールを飲むとどうなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風発作 アルコール飲料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風発作の真っ最中に、
ビールなどのアルコール飲料を飲むのは・・・どうなの?

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 ノンアルコールビール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ノンアルコールビールで尿酸値は上がる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビールについては
「プリン体、プリン体」とばかり言われているような気がしますが、
そんなに気にしなくても良いのでは ないか、とも思います。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 ビールを飲めば水分不足になる!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 1日2リットル飲む?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の人は、水分を多めに摂るべきだ、と言われていますね。

1日2リットル飲め、とか。

 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 プリン体 焼酎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
焼酎なら痛風でも飲んでも大丈夫?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の元凶(?)とされている尿酸ですが、
プリン体が尿酸の原材料になっていることは知られています。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 飲み会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 忘年会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末年始が近づいてくると、やたらと
飲み会が増えます。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

通風 飲酒

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 飲酒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風のことを通風という人もいますが、正しくは痛風です。

で、痛風に飲酒は良いのか、痛風だけど、
アルコール飲料は飲んでもいいのか・・というと、
飲めば飲むほど尿酸値があがるので、飲むのはやめた方がいいです。

プリン体ゼロのビールを選択しても同じことです。
プリン体の含有量より、アルコールが体内で分解されるときに
尿酸が生成されるし、同時に乳酸という物質が腎臓の尿酸排泄を
低下させます。
その上、ビールには利尿作用があって、
過剰な水分排出によって血液中の尿酸濃度が上がります。


じゃあ、ビールじゃなきゃいいのか?
焼酎なら?
日本酒(お酒)なら?
ウイスキーなら?
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

尿酸値が高いから、プリン体0のビールを飲んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリン体ゼロビール 尿酸値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「尿酸値が高いから、プリン体0のビールを飲んでいます」→

“プリン体ゼロのビールが尿酸値を上げない”というのは間違いです。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 4リットルの水でどのぐらいの尿酸を排泄できる?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
水分は とりすぎてもよいか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



痛風改善法として「1日2リットルの水を飲む」のが
推奨されたりしています。


これは、本当に正しいのか?

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

通風の薬を飲みながらビールを毎日飲む


通風→痛風(つうふう)です。

風通し、ではなく、足が痛い「痛風」です。


で、通風の薬、じゃなくて、痛風の薬というのは、
いわゆる、尿酸降下薬です。
フェブリクとかザイロリックとか、尿酸値を下げる薬ですね。


で・・これらの薬を服用すると、どうなるのか?


たちまちのうちに、尿酸値が、ず−−−ん、と下がります。


尿酸値 7.0mg/dl以上が、高尿酸血症(発作が出たら痛風と診断される)
なのですが、あっという間に、6.0mg/dl以下になります。


それは、まあ、少しずつ、
尿酸降下薬の服用量を増やしているからなのですけど。


これで、あの痛くて苦しい痛風発作とは縁切りだと思うのは、
ちと、早計です。


痛風発作の要因は、血液中に溶けきれなくなった尿酸が
(尿酸値 7.0mg/dl以上で溶けにくくなります)、全身の関節などに
結晶化して沈着していくのが原因です。


ですので、この体内に尿酸結晶が蓄積した状態で、
尿酸値が大きく変動すると、痛風発作のリスクが高まります。


痛風発作は尿酸値が高くなったときに出やすいイメージがありますが、
急に下がったときにも発症しやすいのです。


と、いうことは?


痛風の薬(尿酸降下薬)を飲んで、大きく尿酸値が下がったときにも
痛風発作は出る、ということです。
(必ず、じゃありませんが)


これは、もう仕方が無いんですよ。
もうすでに、体内に尿酸結晶がたくさん溜まってしまっているのですから。


ですが、半年〜一年を経過して、安定期に入ると、
以後は、ほとんど痛風発作が出なくなります。
つまり、尿酸値は低いレベルで安定している、ということ。


まあ、薬のおかげなんですけどね。


さあ、ここで本題です。


やったぜ、痛風発作が出なくなったぜ!
さあ、さあ、毎日、ビールをガンガン飲むぜ!
焼酎も飲むぜ!
ウイスキーも飲むぜ!
日本酒も飲むぜ!
それ、それ〜


たぶんね。
それでも、おそらく、この時期以降は、
痛風発作は ほとんど出ないと思います。


ビールなどのアルコール飲料が、どうして痛風に芳しくないのかというと、
一般的に、ビールなどに含まれているプリン体が原因、と
思われているようですが、そんなことじゃないんですよ。


問題は、アルコールが肝臓で分解されるときのこと、なんです。
アルコールが肝臓で分解されるときに、尿酸が生成されるので、
飲めば飲むほど、尿酸は作られます。


さらに肝臓で代謝されるときに乳酸という物質もできるので、
この乳酸が回りまわって、腎臓へ蓄積して、
尿酸の排泄するチカラが低下する可能性があります。


つまり、ビールを飲めば飲むほど、尿酸値は上がるってこと。
だから、プリン体ゼロのビールでも同じことなんですよ。



痛風 プリン体ゼロのビールにダマされてはいけません
 


じゃあ、また昔に逆戻り?
あの、恐怖の痛風発作が・・・・?


ところが、ね。
おそらく、痛風発作は出ないと思うのですよ。


なんでかって・・そりゃあ、痛風の薬(尿酸降下薬)を飲んでいるから。
これが肝臓の働きを抑えて、尿酸を作るのを抑制するから。


プラスマイナス、ゼロじゃないと思いますが、
まあ、クスリのチカラはすごいもんです。


じゃあ・・・薬さえ飲んでいれば、
いくらビールを飲んでもいいのね?
ナニを飲んでもいいのね?
どれだけ飲んでもいいのね?


飲むか、飲まないか、を決められるのは、本人だけです。
家族ですら、コントロールできません。


どんなに家族が止めても、医師の先生が止めても、
当人が飲もうと思ったら、隠れてでも飲むでしょう。
誰も止められやしません。


ただね・・
大きなお世話だとは思いますが、
ビールなど、飲酒を続けている限りは、
一生、痛風の薬(尿酸降下薬)をやめることはできないと
思います。


もし、薬をやめたい、一生 飲み続けるのはイヤだ、
クスリを飲むのをやめたい、と切望しているのならば・・
まず、禁酒することです。


ですが、ビールは人生の楽しみ、と
位置付けている方も大勢おられると思いますので、
それは、もう、各自が、どうするか、決めることです。


自分だけが決められることです。
そして、当人だけが行動を起こすことができます。



・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 プリン体ゼロのビールで尿酸値の影響はゼロか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビール プリン体ゼロ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゼロどころか、ばんばん尿酸値は上がります。

プリン体ゼロとうたっているビールを飲んで、尿酸値は上がるのか、
上がらないのか?
という話です。

プリン体ゼロビールのテレビCMがたくさん うたれていますが、
そのCM、よ〜く、聞いてみてください。
よーく、見てください。

「この、プリン体ゼロのビールを飲んでも尿酸値は上がりませんっ」

・・・な〜んて、一言も言ってないです。

っていうか、まったく尿酸値には触れられていません。


プリン体ゼロビールのCMは、何一つ、嘘は言っていません。
プリン体がゼロ、といっているだけです。

ユーザーが、勝手に
「プリン体ゼロなら、尿酸値も上がらないに違いない」
と、勘違いしているだけなのです。

また、うまく勘違いするように、
テレビCMは作られています。
プロの仕事ですね。
さすがです。




痛風 プリン体ゼロのビールにダマされてはいけません





|★ プリン体ゼロ
└───────────────────

プリン体が大量に作られるのは、3パターン。

1つめ→ 
食事が体内に入ってきて、分解され、プリン体となる。

2つめ→ 
体内の細胞が新陳代謝のときに壊れて、
プリン体を老廃物として吐き出す。


3つめ→ 
エネルギー代謝の過程でプリン体ができる。



この3つめのエネルギー代謝というのは、体内の栄養分を体を動かすエネルギーに
変換する際にできるものです。

ちなみに、これらのプリン体は血液にのって、肝臓に送られて、
そこで最終代謝物として尿酸になります。

で、ビールの場合は、この「1つめ」のパターンだと思うでしょ?
ビールの含まれているプリン体が多めなので、
これが原因で、体内のプリン体が増えて、尿酸に変わって・・
結果として、尿酸値があがる、そう思うでしょ?


違うのです。


ビールに限らず、アルコール飲料は体内に入ると
肝臓で分解されます。
そのとき、分解のときに、大量の尿酸が発生します。
ビールを飲む量が多ければ多いほど、生成される尿酸も増えます。

また、アルコール飲料が肝臓で代謝されるときに乳酸が発生して、
増えていきます。
それらの乳酸が腎臓にじわじわと蓄積します。
結果→尿酸が排泄されにくくなります。

ですので、ビールのプリン体がゼロであろうが、なかろうが、
関係なく尿酸は飲む量にほぼ比例して作られ続けます。
飲めば飲むほど、尿酸値は上がるでしょう。



じゃあ、プリン体ゼロのビールは無意味か?

いえ、そんなことはないです。


プリン体が多いビールより、プリン体の少ないビールほうが
少し気が楽ですし。
プリン体の少ないビールなんだ、という安心感があります。

ビールを飲む人は、他人がナンといおうと、
必ず飲みます。
やめろ、といって聞くような人は、あまりいません。

何があろうが、飲む人は飲みます。

そういう人は飲む量も多いでしょうから、
どうせ飲むなら、プリン体の少ない、もしくはゼロのビールのほうが
良いと思うのです。


プリン体ゼロのビールは尿酸値に影響ない、というのは
マチガイですが、だからといって、
どうせ飲むなら、やはり、プリン体ゼロのビールでしょう。


一番良いのは、飲む量を減らすことです。


仕事が終わった後の一杯が生きがい、と言う人も
大勢おられると思いますので、禁酒禁酒とばかりいうのも、
ストレスになってしまい、逆に尿酸値があがってしまうかもしれません。

ここはひとつ、上手にビールと付き合っていくのが良いと思います。


本数を減らしながら、肝臓を休める日も作りながら、
ビールと長く付き合っていく。

プリン体とか気にしすぎるよりも、
少ない本数をぐいぐいとおいしくいただいた方が、
精神衛生上、良いように思います。


で、どうせ飲むなら、やっぱりプリン体ゼロのビール、
ということで。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/
 

【おすすめ記事(広告を含む)】
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 アルコール飲料 | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ