痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

フェブリク飲んでいるのに痛風が出る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 新薬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリクを飲んでいるのに、痛風発作が出てしまった。


この、フェブリクというのは、フェブリク錠(フェブキソスタット)のことで、
近年、40年ぶりに発売されたという、痛風新薬です。
尿酸値を下げる効果のある薬、すなわち、尿酸降下薬というやつですね。


以前はザイロリックなどの薬が尿酸降下薬の主流でしたが、
今後は、このフェブリクが主役となっていくことでしょう。
尿酸値を下げる効果はザイロリックよりも大きく、そして、
副作用も従来の薬よりは少ないらしいじゃないですか。


ただ、価格的には、旧薬よりも、お高いです。
なんでかというと、ジェネリック(後発薬)の存在がないから。
そりゃあ、新薬発売当初から安売りしていたんじゃあ、
研究開発費が回収できないでしょう。
まあ、当分、特許切れにはならんでしょう。


でもね。
価格が高いといっても、ザイロリックなどの薬は
一日に2〜3度、服用しなければならないところ、
フェブリクの方は一日1錠で良いようです。
飲む人の負担も減りますし、少々値段が高くても
月単位のトータルの薬代に換算したら、それほど
変わらないかも?


っていうか、そんな話はどうでもいいんです。


痛風発作が嫌だから、フェブリクを飲み始めたのに、
痛風発作が出ちゃったじゃない!?
どうしてくれるの!?
このクスリは、詐欺!?





|★ フェブリク錠 副作用 ??
└───────────────────


いえいえ。
そうじゃありませんよ。


現時点では、尿酸値を下げる効果に関していえば、
フェブリク錠は、業界最強クラスのクスリです。
インチキなんかじゃ、ございません。


痛風発作というものは、尿酸値が高いと発症する、と思われていますが、
確かにその通りですが、それだけじゃなく、
「尿酸値が急激に変動したときにも発症する」のです。


つまり、尿酸値の変動というのは、
「尿酸値 低い→高くなる」でも痛風発作は出るし、また、
「尿酸値 高い→低くなる」でも出るんです。


要するに、急に高くなっても、急に低くなっても、出る、ということ。


フェブリクの尿酸値降下の効果は、抜群すぎて、
それが体内に蓄積している尿酸結晶に対して、
トリガーになってしまったのでしょう。

まあ、きっかけ、というか、何というか。



じゃあ、仕方がない、とでも?



う〜ん・・まあ、そのあたりは、医師の先生もちゃんとわかっていて、
処方箋はキチンと考えてくださるハズです。
つまり、フェブリクは最初は微量で、そして、様子見で。
で、経過次第で、だんだんフェブリクの量を増やしていく、とか、
そんな感じのはずですよ?


そして、必要に応じて、コルヒチンという薬を断続的に投与したりね。
コルヒチンカバーというのですが、これは、いわゆる痛風発作対策です。
フェブリクの急激な尿酸値降下が事前にわかっているので、
痛風発作を未然に防ぐための投薬ですね。


まあ、フェブリクなどの尿酸降下薬を飲み始めたのに、
痛風発作が出てしまうと疑心暗鬼になりガチだとは思いますが、
ここは担当の医師の先生の言葉を信用して、
先生の指導通りに服用なさるのが良いのではないでしょうか。


・・・・とか何とかいっても、ナットクできませんけどね。


痛風発作が嫌だから、クスリ飲んでるのに、
なんで痛風発作が出るんだよ・・・・・・・・ぶつぶつ・・・・ったく!




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 尿酸薬をコーヒーで飲む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 予防 コーヒー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尿酸薬というのは、いわゆる尿酸降下薬。
具体的にいうと、ザイロリックとかフェブリクとか、
尿酸値を下げる薬のことです。


それから、痛風に何でコーヒーが関係あるのかというと、
珈琲を毎日、6杯以上飲み続けると、
尿酸値を下げる効果が確認できたという、外国の研究結果が
あるから、だと思います。



尿酸値が下がる?
コーヒーの効果?


なんで、6杯なのか、5杯じゃだめなのか、
あるいは、逆に7杯だと駄目なのか、とか、
6杯なら6杯でデミタスカップみたいな小さなカップじゃ意味がないのか、
とか、いろいろと思うトコロがあると思います。


そのコーヒーが尿酸値に良い影響を与えるのは、
クロロゲン酸というポリフェノールのチカラによるものなのです。
ですので、珈琲を6杯くらい飲むと、そのポリフェノールの総量が、
尿酸値にある程度の影響を与える量になる、ということなのでしょう。



っていうか、そんなことより、
その尿酸降下薬をコーヒーと一緒に飲んでいいのか、どうか?





|★ コーヒー 薬 飲む
└───────────────────


一緒に飲んでいいのかって・・・・・薬は、水で飲んでください!


尿酸降下薬に関わらず、クスリは水と一緒に飲むのが基本です。


これは何でかというと、口から食道を通って胃に入るまでの経緯で、
薬が一緒に飲んだ飲料水の影響を受けて、酸化したりするからだと
思います。


ラーメンの汁でクスリを飲んでいる人を目撃したことがありますが、
そんなことをしちゃダメですよ!!?


ついでにいうと、栄養ドリンク剤で薬を飲む人を見たこともあります。
きっと、その人は薬嫌いなんでしょう。
薬はマズイですが、喉に(無理にでも)流し込みたい気持ちはわかりますが、
それは駄目でしょ。


まあ、水以外のもので薬を飲んでも、クスリの効果が無効になったり、
お腹が痛くなったりすることはないでしょうが、せっかく飲むのですから。
やはり、最大限というか、クスリ本来の効果を享受すべきです。


ですので、尿酸降下薬を飲むなら、コーヒーじゃなく水で。


いや、俺はコーヒーが水代わりなんでね、というなら、
まあ、止めやしませんけど。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風と野菜ジュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 食事 注意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有名なスポーツ選手で、野菜が大嫌いな選手がいるそうです。


プロスポーツ選手ならば、栄養面も大切だと思うのですが、
全くというほど、野菜は食べないそうです。
一切、食べないそうです。


だめじゃん、食べなきゃ。


で・・彼の奥さんが苦肉の策で、
旦那さんが大好きなカレーライスに野菜をタップリ混ぜることによって、
なんとか野菜を食べてもらうことに成功したのだ、とか。


まあ、カレーなら、味で誤魔化せますからね。
肉をたっぷり入れておけば、野菜も(味が)わからないように
食べてもらえそうですね。


さて、スポーツ選手でなくても、野菜の嫌いな人は多いでしょう。
特に痛風になりやすい、痛風体質の人は、野菜嫌いな人が多いのでは?


みんな、肉は好きでしょう?


肉が嫌いな人って、あんまり聞いたことがありません。


私の友人で、一人だけ、肉が嫌いな男がいますが、
彼は子供の頃、欲張って肉をバカスカ食べているうちに、
肉片を喉に詰まらせてしまい、窒息死しそうになったのだそうです。


それ以来、あんなに食べていた肉が大嫌いになり、
肉を食べなくなり・・って、そんなこと、どうでもいいですが。


で、肉の嫌いな人は少ないですが、野菜嫌いな人は多いです。
これは普通に考えると、酸性尿になりやすい、その可能性があります。


痛風だから肉を食べちゃダメ、というわけでもないのですよ。
そりゃ、食べすぎは駄目ですけど、毎日、肉ばかりでは
望ましくないですが、普通程度なら大丈夫ですよ。


ただ、肉を食べるなら、それ以上に野菜も食べないと。
栄養のバランスというのもありますが、
酸性の食品を食べるのが圧倒的に多いと酸性尿になってしまいます。


この酸性尿とは、何か?


痛風の関係のある尿酸ですが、その名の通り、
大半が尿に溶けて、尿と一緒に体外に排泄されます。


尿酸値を下げることが痛風発作リスクを下げること、
また、ひいては将来の合併症のリスクも回避できることに
繋がるので、なんとしてでも尿酸値は下げるようにしていきたいです。


で、尿酸値を下げるには、体内で尿酸を作り過ぎないようにするか、
尿酸値をたくさん排泄するか、ですが・・
尿酸を作り過ぎるほうは、生まれつきの体質とかもあって、
なかなかうまくいきません。


ですので、尿酸を排泄する方を強化したいのです。


それには、酸性尿では尿酸は溶けにくい、ということ。
アルカリ尿ならば、尿酸は溶けやすい、ということ。


肉や魚ばかり大好きで、野菜は大嫌い。


そういう食生活の人は、酸性尿になりやすい、ということです。


どうしても野菜が嫌いな人は、「野菜ジュース」。


ほら、近所のスーパーに売っているでしょう?


あれを飲んでください。





|★ 野菜ジュース 野菜の代わり
└───────────────────


本来は野菜を食べたほうが良いのですが、
「マズくて大嫌い。野菜なんか食べるなら、死んだほうがマシ!」
野菜が全く食べられない、そんな人ならば、たとえ、
野菜ジュースでも飲まないより、飲んだほうがずっと良いです。


この頃の野菜ジュースは、果汁配合とか工夫されていて、
飲みやすくはなっていますが、果糖、そして砂糖など
糖分がたくさん配合されているものは、少し注意が必要です。


つまり・・
糖分の摂りすぎは肥満に繋がるし、
油断していると、痛風→糖尿病への架け橋になるかもしれませんよ?


もちろん、大量に飲みすぎなきゃ大丈夫です。
1日、1〜2本程度なら、問題なし、心配なしです。


1日、1〜2本・・・といっても、
2リットル入りの瓶のことじゃないですからね???





▽↓ 雪印メグミルク アンセリン 1日野菜プラス 200ml×18本入
▽↓ 雪印メグミルク アンセリン 1日野菜プラス 200ml×72本入





━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/
 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風と外食

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 食事 メニュー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風では食べるもの、つまり食事療法などと言い、
食べること自体が治療の一環のように呼ばれています。


ですが、誰しも、それぞれの生活パターンがあり、
その枠の中で生活しています。


どういうことかというと、仕事が会社勤めの人ならば
昼食は外食の人も多いでしょう。
朝食を食べる暇すらない人もいるかもしれません。
また、夜勤の人もいるでしょうし、シフトの関係で
とても不規則な生活、ひいては不規則な食生活を送ることも
やむなし、となっているかもしれません。


これは、もう、生きていくためには
どうしようもないことです。
嫌なら、会社を辞めなきゃなりません。


で、たとえば、昼食。
ランチを食べに行くとして、喫茶店でも食堂でも
・・なんていうんでしょ、とにかくね、肉が多いんですよ。


つまり、肉の入っていない料理のランチなんて、
お客さんは喜んで食べてくれないんです。
すなわち、商売にならない。
お客も来ない。
だから、自然とユーザーの望む食品になっていくのです。


これが、いわゆる、プリン体を多く含む食品が中心になりがちです。
料理長は、痛風で食べモノを気にする人のことなんか、
何も考えませんからね。
だいたい、肉や魚や空揚げ、フライものが多く、
野菜は少なめです。


これは、もう・・仕方がないです。
そんなこと言ってれば、あれは駄目、これは嫌とか
言っていたら、お昼休みは終わってしまいます。
食べられるランチを出してくれる店を探しているヒマは
ありません。


どうすれば、いいのか?


食べればいいのですよ。
プリン体なんか、気にせずに。
だって、食べるもの、無いんですもの。


そのかわり、昼食は外食でも、夜はなんとか都合をつけて、
家で食べたいところです。


中には飲み会も仕事の範疇の人もいるでしょう。
年末などは仕方がないとして、
なるべく家で食事を摂るようにしましょう。


どういうことかというと、家で夕食を食べるときには、
昼のランチの帳尻合わせじゃないですが、
野菜をたっぷり食べるのです。
食べたくなくても、海藻もたくさん食べるのです。


野菜も海藻もアルカリ食品ですから、尿をなるべく
酸性に傾けないように。




|★ 痛風 治療 食事
└───────────────────

この、尿が酸性、アルカリとかいうのは、
尿酸は酸性尿には溶けにくいので。
なんとかアルカリに傾けて、少しでも多くの尿酸を
体外に排泄したいですからね。


結局、食事療法といっても、どの人も
それぞれの生活、仕事があり、日常パターンも
人それぞれなのです。


ですので、自分の生活パターンに合う食生活を
工夫していかなければなりません。


基本的に外食は、痛風の人にとっては不向きな場合が多いです。
それをカバーするような、家での夕食のメニュー内容を
食べるようにしていきたいですね。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ