痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風 発作 ストレス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ストレス 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風とストレスは大いに関係ありますよ。
厳密にいえば、ストレスと痛風発作が、です。


これは20数年前は、痛風とストレスがどうこう、なんて
誰も言わなかったので(プリン体の多い食事を食べ過ぎるな、ばっかり!)
近年、究明されてきたことなのでしょうね。


ストレスは尿酸値に影響を与えて、じわじわと上げますが、
強烈なストレスだと、急上昇します。


具体的にいうと、
家族が(何の前触れもなく)急死するとか、
大切な友人が事故死するとか、
火事で家が燃えたとか、
そのクラスの衝撃を受けると、即日、痛風発作が出ます。


もちろん、元々、尿酸値の低い人は発作なんか出やしません。
尿酸値が高めの人でも、痛風歴が浅かったり、つまり、
体内に結晶化した尿酸の蓄積が少なかったりすると、大丈夫。
そう簡単に痛風発作は出たりしません。


でもね、痛風歴が長かったりすると(つまり、体内の尿酸結晶の蓄積量も多い)
たったそれだけのことで、急に痛風発作が起こったりすることがあるのです。
そのショックな出来事が、痛風発作の引き金になる、みたいな。


世の中のできごとは、不可抗力のことも多いですが、
こんなピンチなときに痛風発作が出るのか、思ったりしてしまいます。
まさに泣きっ面に蜂、っていう感じです。


対策なんかはありません。
普段から尿酸値を上げすぎないよう、なんとか下げれるよう
善処するくらいしかありません。




|★ 痛風 原因 ストレス
└───────────────────

あと、それと人によっては、
ストレスに強い人と弱い人がいるかもしれませんね。


同じ出来事を経験しても、割りと平気で平静でいられる人もいるでしょうし、
ショックを受けて、ガックリきてしまう人もいるでしょう。
それこそ、個人差があります、という世界になってしまいます。


こういう突発的な強烈なストレスは避けようがありませんが、
普段、仕事や日常生活で受けるストレスなら話はまた別です。


こういう、日々のストレスももちろん、尿酸値に影響を与えます。
もちろん、下げるほうじゃありません。
容赦なく、じわじわと尿酸値を上げてしまうのです。


ストレスは生きていくうえで避けられないものかもしれませんが、
できるだけストレス解消をするよう、
いろいろ気をつけたほうが良いと思います。


楽しみの時間を作るとかね。
いわゆる、趣味ってヤツです。


のんびり生きようなんて言っても、
性格とか、生き様とかは中々、変えたり出来ませんので、
なるべくストレス解消するよう、ストレスをためないようにするのが
良いように思います。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

トクホ コーラ 痛風

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特定保健用飲料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トクホ (特定保健用食品) のコーラ飲料がいろいろ発売されていますが、
これらの飲料は、痛風に良い、つまり痛風発作を防ぐのに効果があるのでしょうか!?


って、効果があるわけないでしょう。


トクホのコーラを散々、飲んできた私が言うのもナンですが。


がんがん飲んでも、夏になると普通に痛風発作は出ます。


トクホだから、トクホのコーラを飲めば尿酸値が下がるってことは
有り得ないし、逆に
トクホを飲んだから痛風発作が出る、というわけでもありません。


結論→“要するに、飲んでも飲まなくても「いっしょ」”



じゃあ、なんで、おまえはトクホのコーラを飲むのか?


喉が渇いたからです(なんじゃ、そりゃあ)





|★ トクホ飲料 効果
└───────────────────


いえ、はじめは(発売当初は)、
トクホだからという、妙なスケベ心があって、
もしかしたら、コレを飲んでいたら、健康増進じゃないのか、
あわよくば、痛風発作に効果もあるんじゃないか、と思ってみたりもしました。


でも、何十本飲んでみても、効果なんか、ありゃしません。


トクホコーラ飲むんだったら、ゼロカロリーのコーラを飲んだほうが
まだマシです(少し価格が安いから)


ところが、このゼロカロリーってのも、実は嘘っぱちで、
本当はカロリーゼロなんかじゃないんですよ。


な、なんですと!?


カロリーゼロは、真っ赤な嘘だとでも!?


ところが、その、真っ赤な嘘を厚生労働省が認可しているのですよ。
つまり・・どういうことか。


100ml当り5kcal未満ならば、「カロリーゼロ」と表示していい、って
許可したんですよ。
厚生労働省が。


な、なんじゃそりゃあ!?


100ml当り5kcal未満ならば、「カロリー5kcal未満」と表示するのが
常識ってもんじゃないの!?


まったく、もう・・世の中、間違っとる。
ぶつぶつ。


・・・てなわけで、コーラのパッケに書いてある表示自体が
この体たらく(ていたらく)ですから、
トクホの表示なんて、抜け道だらけ・・・と考えるのが妥当です。


それでも、アナタはトクホコーラに痛風効果を期待しますか?


私はもう、とっくにトクホコーラなんか飲むのを止めています。
(って、飲んでたのかよ!?)




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 いい病院は、近所の病院

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 治療 病院
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、いろいろわかってきたのですが、
病院によって・・というか、医師の先生によって、
だいぶん、診察の内容、対応とか違うようですね。


もちろん、痛風について、です。


私の場合、面倒くさいというのもありますが、
近所の病院しか行ったことがありません。
あまり他の病院は、どうなのか、よく知りません。


診療放浪じゃないですが、病院をコロコロ変えるのは、
あまり芳しくないとも思っていましたし。


でも、ね。
聞くところによると、病院によっては、
患者さんに
「プリン体の多い食品の一覧表」とかを渡してくれる先生も
いるそうじゃないですか。


私の病院、そんなもの、くれたことないですよ。


そりゃ、私も痛風歴が長いので、
どの食品にプリン体が多いのかとか、だいたい知っていますよ。
別に教えてもらわなくても。


でも、嬉しいじゃないですか。
病院の先生が、いろいろ、日常生活・生活習慣について
何に気をつけたらいいのか、などのアドバイスをくれるってこと自体が。


いいなあ。


ウチの病院は、
「あ。アナタ、痛風。はい、薬、出しときますね。お大事に。
ハイ、次の方、どうぞ」


・・・てな感じですよ、マジで。


病院によって、対応が違うんですねえ・・・(しみじみ)


私が行く病院は内科だったので、内科は診る病気の種類も多いだろうし、
広く浅くじゃないですけど、別に痛風専門じゃないですしね。
そんなことを期待することが間違っているのかもしれません。


いいですよ、別に。
「プリン体の多い食品の一覧表」なんか、くれなくても。

ふん。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 遺伝子変異

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺伝子検査 病気
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一昔前は、痛風といえば、
オッサンかジジイのなる病気、というイメージでしたが、
なんのなんの、今は普通に若年層の方でも痛風になります。


痛風の前身というか、痛風発作を起こす前の状態ともいえる
高尿酸血症に至っては、高校生、いや中学生でもなったりしているようです。
つまり、尿酸値が高いってコトですね。


な・・なんと、子供も痛風になる時代ですか!?


いくら飽食の時代とはいえ、トホホ過ぎます。


さて、若い人(20代、30代)の人どころか、若過ぎる人(10代)もなる痛風ですが、
誰でもなるわけじゃないんですよね。
つまり・・痛風にならない人は、ならない。
たぶん、一生ならない。


でも、痛風になる人は若くしてなってしまうのですよ(個人差あり)。


なんでか?


これは
「防衛医科大学校、東京薬科大学、東京大学」の研究成果らしいのですが、


『若くして痛風を引き起こす主な要因が
「ABCG2」という尿酸輸送体の特定の遺伝子変異


・・・なのだそうです。



遺伝子変異?



つまり、「遺伝子変異による尿酸排泄の機能低下」ってのが、
痛風の原因である、と。


要するに、体内で作られた尿酸の排泄がうまくいかない、
少ししか体外に出せないってことですね。




|★ 遺伝疾患
└───────────────────

しかし、この遺伝子変異って、どういう意味でしょうね。
遺伝子は、わかります。
その遺伝子が変異、すなわち異なるものに変わる、変化するってことでしょうけど、
う〜ん。


生まれつきの遺伝子は(痛風に関しては)大丈夫でも、ある日、突然、
遺伝子に変化がおこって、尿酸の排泄がうまくいかなくなるってこと?


尿酸の排泄がうまくいかない、能力低下するってことは、
血液中の尿酸が多くなりすぎて溢れかえってしまう。
つまり、血中の尿酸の濃度が高くなるので、尿酸値が上がる。
尿酸値が上がると痛風リスクも高まるってこと・・ですかね??


遺伝子って、生まれた時から、ずっと同じじゃないの?
変化するの?


変化するなら、そのトリガーは何?
何がキッカケで変化するの?
何歳で変化するの?


??


ムズカシイことは、さっぱりわかりませんね。


で、まあ、今回の研究には、どんな意義があるかですが、
遺伝子変異を検出することによって(割と簡単な検査らしいのですが)
痛風の発症しそうな人を早期に発見できるそうです。


ふ〜ん。
そりゃ、素晴らしいや。


20数年前に痛風になってしまった私には、何の関係もありませんが、
実に素晴らしい研究ですね。


時代は・・というか、医学はどんどん進歩してきて、
これからは「遺伝子検査」が「痛風の検査」のスタンダードになるかも。

痛風も「遺伝の病気」ということで、痛風の治療法も
変わってくるかもしれませんね!



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ