痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風発作は60歳になったら出なくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 発症 年齢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記事のタイトルだけで、すべてを語りつくしてしまいましたが。


正確には「痛風発作は60歳になったら出なくなる」ではなくて、

「痛風発作は60歳以降は、出るのが減る」です。



さらにいうと、

「痛風発作は70歳以降は、ほとんど出なくなる」

のだそうです。


もちろん、個人差はあるでしょうが、一般的にはそういうことらしくて。



で。
これは、どういうことなのか?




|★ 尿 酸
└───────────────────


つまり、体が老化してきて(涙)
枯れてくるというか、体内で作られる尿酸量がガクンと減少するのだそうです。
それが、60歳以降。
それでもって、またまた大幅に減るのが70歳以降、ということらしいです。


ちなみに、体内で尿酸を作るピークというか、がんがん
作りまくる年齢は、20歳代〜40歳代。
それにともない、この年代に痛風発作が最も多いのかもしれませんね。


これは尿酸値の高い人の話です。
尿酸値が低いままの人は、もともと痛風発作なんか出やしません。


でもね。
60歳以降は、痛風発作が減るからといって、
60歳の誕生日と同時に、飲めや歌えの大騒ぎ。
暴飲暴食なんでもゴザれ。
おら、ビール、焼肉・レバー、もっと持って来い!
・・・・てなことになると、やっぱり60歳でも出るものはデルと思うのです。


40歳代(あるいは30歳代)に比べたら、
痛風発作が出る回数(痛みの程度)は減ったなあ・・と。
その程度かもしれませんが、マシになるらしいですよ。


それに、年をとってくると、昔ほど、食べられませんからね。
肉とか脂モノも、あまり食べたくなくなってくる、とか
よく聞きますし。


体内の尿酸の生成量が減少する、というのは
そういう関連もあるのかもしれません。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

コルヒチンは飲まないほうがいい?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 コルヒチン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コルヒチンというのは、薬の名前です。
痛風発作が起こりかけのとき、あるいは患部がなんとなく疼く・・
というような痛風発作の予兆(発作の前触れ)のときに服用すると、
嘘のように痛みや腫れが治まり、
痛風発作を発症させずに未然に防げる神の威光のようなクスリです。

・・・と、私はそう思っていました。
実際、何度も何度も飲んだ経験があります。


でも、このコルヒチン。
若い人は、飲まない方が良いと思います。

私は若くはありませんが、
それでも病院の医師から、このコルヒチンを処方されたら、
その日のうちに1錠も飲まずに、ゴミ箱に捨てます。
こんなもの、二度と飲みたくありません。


コルヒチンの原材料は、植物です。
ユリ科のイヌサフランってヤツ。
麻薬の原料になったりもするようです。

コルヒチンの処方箋には、そういえば、
「下痢が出たら(飲むのを)やめる」と書かれていました。
強い副作用があるのですね。




|★ コルヒチン 効果
└───────────────────

コルヒチン錠というのは、とても効果がある薬です。

痛風発作が発症する直前、予兆や前兆、
つまり、患部が疼いたり、違和感があったときに服用すると、
発作を未然に防げる薬です。

ですが、いったん痛風発作が起こってしまうと、
コルヒチン錠をいくら飲んだところで
全く効果が無い、という性質のある薬です。


まあ、副作用さえなければ、
痛風の人にとって、こんなにありがたい薬は
他にないのですが・・・



痛風 足が腫れたあとにコルヒチン




|★ 痛風の薬の副作用
└───────────────────

この植物は「種なしスイカ」を作るのに使われているらしいです。
この「種無しスイカ」ってのが、ちょっとひっかかるんですよね・・・

つまり、心配は自分の精子、もしくは生殖能力、
あるいは若い世代で、これから家族を増やすのに
配偶者や生まれてくる子たちに直接の影響はないのか、という心配です。


たしかに、このコルヒチンというクスリは、
痛風の薬として、薬事法で認可されているのです。
つまり、厳しい臨床試験をクリアしたってことです。
ですので、病院でも医師がこのクスリを処方してくださるのです。


だから、まあ、大丈夫でしょう。

心配しすぎじゃないですか?

国家試験に合格した医学博士である医師が処方してくださるのです。
そんな危ないクスリならば、処方し、販売すると思いますか?



でも、飲むのは自分なのです。


もし、愛する奥さんやこれから生まれてくる我が子に
なんらかの影響があったら、どうするのですか?

ハッキリいうと、コルヒチンを服用して
生まれてくる我が子に、なんらかの障害があったら?


だれが、責任をとってくれるというのですか。
誰も責任なんかとってくれません。


クスリを恨んでも、処方してくれた先生を恨んでも
時間は戻りません。


もう一度言いますが、まだ若くて、
これから子供を作る予定があるならば、
コルヒチンを飲むかどうかは、よく考えたほうがいいです。


痛風は痛いですが、痛くて我慢できないツラさですが、
それでも飲むのは、思いとどまったほうがいいです。
まだ、若くて、これから家族を作る予定ならば。


もちろん、コルヒチンを飲んだからといって、
子作りに影響があるとは限りません。
十中八九、大丈夫でしょう。
臨床に合格したクスリなんですから。
薬事法で認可されている薬なんですから。


万が一のときの話をしているのです。


ただ・・
飲むかどうか決めたのは自分だということを忘れないでください。
決して、処方してくださった医師を恨んだりしないでください。
もし、飲むのが不安なら、飲むのを止めればいいだけの話です。


私なら、即、ゴミ箱に捨てますけどね、コルヒチン。


コルヒチンの処方は時代遅れだ、と考えておられる医師の人も
いるらしいです。

それだけ、副作用が強烈だということかもしれませんね。



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/


 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 コーヒー牛乳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 高尿酸血症コーヒー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

珈琲牛乳は痛風に良い、つまり尿酸値改善に効果的、という情報が
ありますが・・・



私はコーヒー牛乳が痛風に良い、とは思いません。

コーヒーと牛乳が痛風改善に良い、というなら、わかります。
でも、市販のコーヒー牛乳は「これでもか!」というくらい、
砂糖などの糖分がてんこ盛りに入っているからです。


あ・・甘い!


珈琲牛乳が痛風に良いと考え、毎日朝晩、
がぶがぶゴクゴクとコーヒー牛乳を飲み続けたら、いったい体は
どうなるのか?


あっという間に、糖分摂り過ぎでぶくぶくの肥満体になってしまう・・
ような気がするのです。
もちろん、飲んだカロリー以上に、運動などで消費すれば
何の問題もないのですが。


あ。
缶コーヒーとか、そういう話ね。
街で自動販売機とかで売っているヤツ。




|★ 痛風 予防 コーヒー
└───────────────────

さて、珈琲牛乳がどうして痛風改善に効果的という説が出たのか?

と、その前にコーヒーの何が良いのか?
牛乳のナニが痛風に良いのか?

コーヒーが痛風に効果があると考えられているのは、
ポリフェノールが含まれているからです。
カフェインが尿酸値を下げてくれるのではありません。
クロロゲン酸というポリフェノールが尿酸値改善に一役買ってくれます。

と、言っても一日にコーヒーを(ブラックで)
6杯以上飲まなければ効果は見込めないらしいので、
現実には(私には)実行困難です。


それから、牛乳。
プリン体が少ない上、乳製品は栄養価も高く、
そしてなにより、尿酸の排泄を促す作用がある
と昔(20年位前の話ですが)、教わったことがあります。


ですので、コーヒー。
そして、牛乳。
飲み方にもよりますが、
痛風改善、尿酸値改善に役立ってくれそうな、この二つの飲料が
合体した「コーヒー牛乳」ならば、さらに効果は強力になるのではないか。

で、コーヒー牛乳は痛風に効果がある、という説が
出ているような気がするのですけどね。


自分で作ったコーヒー牛乳なら効果はあるかもしれませんね。
砂糖ヌキで。

ただし、相当な量(コーヒーなら6杯以上)飲まないとダメらしい、
という但し書きが つきます。



|★ コーヒー飲むと
└───────────────────

どうして甘いコーヒーがダメなの?

いえ、駄目なことは ないのですが、
砂糖に限らず、糖分(フルーツに含まれる果糖なども)は
体内で分解されるときに、尿酸を生成するのです。

少しくらいなら、気にすることもないですが、
毎日、大量の甘いものばかり飲んだり食べたりしていると、
結局、尿酸値を上げることになってしまいます。

コーヒーのクロロゲン酸(ポリフェノール)が
いくら痛風改善に効果があるとしても、
過剰な糖分は、尿酸値改善に逆効果です。

コーヒー牛乳は、たいてい甘いですからね。
飲みやすくていいですが、おいしいですが、
そのあたりが少し気になります。


コーヒーの「高尿酸血症 予防」の効果ですが、
1日6杯以上、飲まなければ効果は薄い、
という研究成果も発表されていますが、
いやあ・・連日、それだけの量のコーヒーを飲むと
胃がどうにか なってしまいそうで。



え?
胃を守るために、牛乳を混ぜた珈琲牛乳を飲む?


な、なるほど。

そういうことでしたか・・・



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 プリン体 食事制限

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 治療 食事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の食事療法というと「プリン体を多く含む食品の摂取制限」が有名です。
つまり、プリン体を多く含まれているものを食べないようにしよう、と。


でもね。
ハッキリいうと、これは・・・古い食事療法、古いやり方です。
私が痛風になりたての頃、20数年前の痛風改善法といえば、
「“プリン体を多く含む食べ物”は食べるな only」でした。


プリン体を多く含む食品は、たしかに尿酸の原材料となりますので、
そりゃあ、なるべく食べない方が良いかもしれませんが、
極端に制限しますと、今度は食生活における栄養のバランスが
崩れてしまいがちです。
“プリン体が多い食品は、なるべく控えるようにしよう”程度で充分です。


20年前は解明されていなかった痛風の原因が
少しずつですが、今は究明されてきています。


痛風発作の元となる尿酸(関節などに結晶化して沈着した場合)ですが、
食事から取り込まれたプリン体などが元となって作り出される尿酸が、
20パーセント。

体内で作り出される尿酸は80パーセントなんです。



これ、どういうことか、わかりますか?



体の中に莫大な数の細胞がありますが、それらが
生まれては壊れ、つまり・・新陳代謝を繰り返します。
そのとき、細胞が老廃物として排泄するのが尿酸といわれています。


でも、それ以外に。
食べた食事「量」が関係してくるんですよ。
つまり、“食べ過ぎ”ですね。


食べる量が多ければ多いほど、食事を体内で肝臓がエネルギーを分解しますから、
そのときに尿酸が大量に作られるのです。
これが80パーセントの方。


一方、20パーセントの方は、いわゆる食品に含まれるプリン体が
体内で尿酸に変わります。





|★ プリン体が少ない食べ物
└───────────────────

プリン体の多い食品はレバーとか、魚卵とか、焼肉とか
いろいろありますけど、それらをいくら注意して食べないようにしていても、
他の(仮にプリン体の少ない食品でも)食事を毎日、
お腹一杯食べていたら、体内で食事が分解されるときに
大量に尿酸が生成される、ということです。

食べる量が多ければ多いほど、尿酸は多く作られます。

食べれば食べるだけ、尿酸値は上がります。


食べ過ぎ注意なのです。
昔から言われている、「腹八分目に医者いらず 」という、ありふれた
つまんない格言には意味があるのです。
出来る人は、腹八分目とはいわず、腹六分目なら、もっといいです。


20パーセントの方ばかり、気にしているのではありませんか?
20パーセントの方だけを、注意しているのではありませんか?


もっと、80パーセントの方に目を向けるべきです。





|★ 痛風の食事制限
└───────────────────


究極の痛風の食事療法とは「食べ過ぎない」ことなんです。

プリン体の多い食品は、なるべく少なく食べる・・程度でいいです。



重要なのは「お腹一杯 食べないこと」



それから、体重に気をつけること。
自分の体重がどれくらいか、いつも知っていること。

体重を増やすこと=肥満(内臓脂肪の増加) につながります。


内臓脂肪が増えると、内臓脂肪からホルモンのような物質が分泌されて、
それが尿酸値を押し上げるのです。
ですので、逆に、太っている人が痩せることに成功すると、
それだけで尿酸値が下がったりします。


体重管理は大切です。
それは、すなわち、食べ過ぎを防ぐことに起因してきます。

あれを食べちゃいけない。
これも食べちゃいけない。
・・・と偏った食事内容になって、摂取食品のバランスを崩すよりも、
いろいろな食品をおいしくいただき(それほど、プリン体も気にせず)
そのかわり、「食べ過ぎないように」注意する。




「プリン体の多い食品の一覧表」の見えない落とし穴に気をつけて?




それが、
一昔前の痛風改善法とは違う、
痛風食事療法だと思います。



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ