痛風 アンセリン | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風サプリメント アンセリン



痛風サプリメントと言えば、「アンセリン」が有名ですが、
このアンセリン、原材料はマグロやカツオなどの回遊魚なのです。

回遊魚?

ほら、太平洋とか、ああいう大海をぐるぐる回り、泳ぎ続ける魚のことです。
大型魚です。

ところが・・
近年、いろいろ事情が変わってきて、たとえば、クロマグロ。

どんどん数が減ってきて、絶滅寸前なのだとか。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

アンセリン 高血圧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 腎臓と高血圧は関係アリ?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




疲労回復効果や、尿酸値効果作用がある、
と考えられているアンセリンですが、
どうやら効果はそれだけじゃない様子。

血圧の上昇を抑える効果もあるのです。

けつあつ?

痛風に関係ないでしょ?
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

尿酸値 サプリメント アンセリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンはサカナの話ではなくて、痛風と尿酸値の話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アンセリンという、痛風サプリメントが
尿酸値を下げる効果があるのか、どうか・・
という話をするのに、なんでサカナの話になるの?


痛風 アンセリン


アンセリンという成分のサプリメントが、
回遊魚の筋肉から抽出して精製したもの、ということに由来しています。

 

回遊魚?

 

そういえば、昔、ウチの家で飼っていた金魚鉢の金魚も
狭い水槽の中をグルグルと回遊していましたが・・
こういうものは、回遊魚とは言いません!

 

回遊魚とは、大海を泳ぎまわる大型の魚、
マグロやカツオなど のことを指すのが普通です。

ところが、この回遊魚、一日中 泳ぎまくっても疲れないのです。

これは、アイツらに
「めっちゃ根性があるから」・・なのでは、なくて!

 

回遊魚には、「イミダゾールジペプチド」という、
一度聞いただけでは覚えられない名前のアミノ酸結合体があります。
 

イミダゾールジペプチド?
 

「イミダゾールジペプチド」では名称が長すぎて覚えられないので、
略称があるのですが、その略称が「イミダペプチド」。

長いから、覚えやすいように短くした略称が・・イミダペプチド?


突っ込みどころは満載ですが、放置して先に進みます。

 

で、このイミダペプチドは、
アンセリンとカルノシンというアミノ酸の結合したもの、ということで、
ここで、やっと「アンセリン」が出てきてくれましたね。

このアンセリンに優れた疲労回復効果があるのです。


大型の回遊魚は、なんで泳ぎ続けるのか?


泳ぐことこそライフワーク・・なのではなくて、
止まると死ぬのです。


エサを獲るというのもあるでしょうが、
泳ぐのを停止すると、エラに新鮮な海水が入らなくなって
酸素不足になって(海水に含まれている酸素のこと)
死亡する、ということ。

だから、疲れているわけにはいかないのです。

 

そして、回遊魚の驚異の運動持続能力は、アンセリンを含む
イミダゾールジペプチドの効果ってことです。


・・というように、
もともとはアンセリンは、
抗疲労効果を当て込んで研究されていたアミノ酸なのですが、
研究しているうちに副産物というか、尿酸値低下効果もあることが
わかってきました。


尿酸値が、なかなか下がらなくて苦しんでいる者としては、
そっちの効果の方がよっぽど ありがたいですけどね?
 


痛風 アンセリン 効能
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンよりマグロ・カツオを食べるほうがいい?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


疲労回復が“売り”のアンセリンで、なぜ
尿酸値が下がる効果が期待できるのか?


これは疲労回復効果が尿酸値を下げるわけではなく、
アンセリンには、他の効果もいろいろある、ということ。
 

■抗酸化作用

■尿酸値低下作用

■血糖値上昇抑制


う〜ん・・いろいろ、効果あるのね?


でも、そんなにマグロやカツオに良い成分が含まれているなら、
刺身とか食べまくれば尿酸値は下がるの?

いやあ・・どうでしょうね。
逆に上がるかも?


イミダゾールジペプチド(アンセリン+カルノシン)を
充分に摂取しようと思ったら、大量に食べなきゃならないでしょう。
アンセリンの摂取よりも、マグロやカツオに含まれる
プリン体の方が気になるかもしれませんよ?


その点、アンセリンのサプリメントは高純度に精製されているので、
そんな心配はありません。



ところで、なんでアンセリンで尿酸値が?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンには、乳酸を減らす効果が!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


乳酸といわれても、ピンとこないかもしれませんが、
激しい運動をすると乳酸という物質が多く作られて、
その結果、疲れてしまうと(昔は)言われていました。


以前は、乳酸とは疲労物質と考えられていたのですが、
この乳酸が多く作られると、どこに溜まるのか?


筋肉など、体中のあちこちに溜まりますが、
腎臓などの内臓にも溜まる場合もあるのです。


腎臓に乳酸が溜まってくると、
腎臓のろ過機能が低下して、
尿酸のハイセツ能力が落ちます。


腎臓での、尿酸の尿細管分泌を抑制するってヤツです。


よって、尿酸の体外への排泄が減少して、
結果として血液中の尿酸の濃度が上がる。
すなわち、尿酸値が上がる、ということです。


アンセリンは、この乳酸を減らす助けをしてくれると
考えられてます。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンのサプリメントは誰が飲む?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

アンセリンのサプリメントは、
私は痛風の人しか飲まないんじゃないか、と考えています。


だって、疲労回復がセールスポイントといっても、
スポーツ選手とかがアンセリンを常飲している、とか
あまり聞いたことがないです。
(私が知らんだけ?)

 

こぞって飲んでいるのは、尿酸値を下げたい人。
痛風で苦しんでいる人。


逆に、アンセリンに疲労回復効果しかなかったら、
ここまで、このサプリメントも売れなかったんじゃないかと
思ったりもします。


尿酸値を下げたい人の思いは切実ですからね。
それほど、痛風発作の症状は強烈だってこと。


フェブリクやザイロリックのような医薬品ではありませんので、
いわゆる痛風の薬のような劇的な効果はありません。


アンセリンは栄養補助食品ですので、
薬剤とは比べようもありません。


ですが、薬のような副作用というものは、ありません・・・
って、薬剤とサプリメントは比べるものではありませんね。
土台、違うモノですから。

 


また、アンセリンさえ飲んでいればそれで痛風は安心、
というものでもありません。
痛風改善の基軸となるのは、やはり生活習慣の改善です。


ですが、研究成果として
尿酸値が下がる効果がある、と発表されているので、
試してみる価値はあるように思います。
 

 


━・‥…━・‥…━・‥…━
痛風 ねこきち
http://e.gout.tokyo/
 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 アンセリンを運動前に飲むと どうなる?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● アンセリンの意外な働きとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アンセリンは、ヒスチジンとアラニンという2種類のアミノ酸から
構成されています。

で、この二つのアミノ酸、その効用には、こんな作用もあるのです。


 ★ヒスチジン→ 脂肪の燃焼を促す働きをする
 =============================================

 ★アラニン→ リパーゼ(脂肪分解酵素)を助ける働きをする
 =============================================


・・・ということは?

アンセリンを運動前に飲むと、よりいっそう
脂肪を燃やす効果が期待できるじゃありませんか。

痛風に向いている運動は、息を止めて行うような、
激しい瞬発系の無酸素運動ではなく、
充分に酸素を取り入れながらラクに行える有酸素運動が適している、
と考えられています。

無酸素運動では、体内が酸素不足になってしまい、
尿酸がたくさん生成されてしまうので。

(体内の細胞が壊れやすくなるため)

で、有酸素運動(ウォーキング、軽いジョギングなど)ならば、
尿酸値も上げることになく継続できて、
体温も上げて血流も良くなり、ストレス解消効果も見込めます。

あと、内臓脂肪は尿酸値を上げる要因となる物質を分泌するので、
肥満解消の意味もあって、内臓脂肪は減らしていきたいところです。

ところが・・これが、なかなか減らない。

欲しいものは、なかなか手に入らないのに、
いらないモノは中々、減らないのは世の常?

たかが肥満と思うかもしれませんが、痛風発作のリスクが
高まる要因は一つずつでも減らしていったほうが良い、と思うのです。

冬場は中々、体重が減らない季節ではありますが、
年末年始を含めて、あまり体重を増やさないようにしていきたいですね。

(ああ、忘年会が呼んでいる・・)


で・・
この、なかなか減らない内臓脂肪ですが、
運動で減らそうと思っても、なかなか減りません。

食べるものを大幅に減らしてダイエットしようとしても、
食事を減らすと必要な栄養素も充分に摂れず、
この飽食の時代に栄養不足にもなりかねません。

栄養補助食品のサプリメントもありますが、
まず食事から栄養分を摂取するのが本筋、というものです。


う〜ん・・じゃあ、どうするの?

やはり、食事と運動の両輪で体重を減らしていくのがベストかも。

痛風の人の運動といえば、軽めの有酸素運動ですが、
肝心の体の中の脂肪が燃え始めるのは、
20分くらい経過してから、という説もあります。

私なんか、20分も歩いたら、疲れて止めちゃいますけどね。
これって、無意味だったわけ?

っていうか、体力 なさすぎ?


そこで、アンセリンの摂取が意味を成すわけです。

疲労回復効果と尿酸値低下だけが、
アンセリンの効能じゃありません。



痛風 アンセリン 効能
 


タイミング的に、運動前に飲む。

このときに摂取すれば、脂肪を燃焼を促す作用の手助けをしてくれます。

ふ〜ん・・なるほど。

でも、私のように、20分歩いたら疲れてしまう人でも、
「運動前のアンセリン」は効果あるの??

15分くらいのウォーキングでも効果あるの??





▽↓ 詳細は コチラ  

尿酸値対策にオススメのサプリメント『慈凰』


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

尿酸値下げる アンセリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンの効能とは!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アンセリンは、持久力の向上に効果的です。
さらに、アンセリンには疲労回復を手助けしてくれる働きがあります。

スポーツ選手じゃないから、別に
持久力とか疲労回復とか、そんなに必要ないんですけど?

ところで、アンセリンの素材というか原料は、
カツオやマグロなどの大型の回遊魚の筋肉に多く含まれています。

サカナの話なんか聞きたくない、
とりあえず、アンセリンに尿酸値を下げる効果があるのかどうかを
知りたい!

そ、そういわずに、もう少しだけ聞いてください。


アンセリン マグロ


マグロといえば、どて〜ん、と動かずに
まな板の上で寝転がっているイメージがありますが、
実は、メチャクチャ泳ぐのが速いのですよ。

普段はそれほどでなくても、お目当てのエサを見つけたときなんかは、
なんと!
時速80キロメートルオーバーで、海中を猛進するのです。


は・・速ええ!


我々が自動車で、高速道路で運転するスピードが
ええと・・どれくらいだろ?
時速80キロくらい?
もうちょっと、イク?
(個人差アリ。飛ばす人は、無限大)

そのくらいのスピードでアイツら(マグロ)は、海の中を
泳いでるのです。
しかも、疲れない。

刺身のネタのくせに、生意気です。

で・・この「疲れない」マグロの秘密は何だろうと研究した人がいて、
マグロなどの筋肉には、筋肉が疲労しにくい抗疲労効果がある、
ということがわかってきたワケです。

その物質が、アンセリンなのです。

正確には、「イミダゾールペプチド」という、
アンセリンとカルノシンという二つのアミノ酸の結合体です。

ついでにいうと、
アンセリンは、β‐アラニンとメチルヒスチジンという二つのアミノ酸の結合体です。
まあ、そんなこと、どうでもいいですが。

で・・サカナがこんなに泳ぎまくっても疲れないのだから、
それを人間が摂取したら、やはり同様に疲れない、疲れが取れるのではないか。

そういう観点から、
さらにアンセリンにどんな効能があるか、という研究を進めているうちに、
意外なことに、なんと、尿酸値を下げる効果がわかってきた、ということ。



痛風 アンセリン 効能



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンはオマケの発見!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

疲労回復の研究をしていたのに、なんで、尿酸値の研究に辿りついたの??

疲労回復が尿酸値の研究に転じた顛末はよくわかりませんが、
いろいろな研究・実験を繰り返しているうちに、
アンセリンに尿酸値を下げる効果がある、という発見に到達したのだ、とか。

まあ、意外な副産物ということでしょうか。

でも、この大発見(?)のおかけで、長年の研究開発費が
回収できたのかもしれませんよ?

だって、現在、発売されているアンセリンの“売り文句”は、
「尿酸値が下がる効果が期待できる」ってことでしょ。

誰も「疲労回復効果が期待できる」ということで
アンセリンを買っちゃいません。

疲労回復なら、極端な話、なにもアンセリンを飲まなくても、
寝たり、休んだりしたら回復しますからね。

でも、尿酸値は寝ても休んでも、下がったりしません。

というわけで、アンセリンを購入する人は、
尿酸値が高めの人で、尿酸値を下げたい人なのです。
って、私もそうなのですが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリン、真面目に飲みます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私は以前からアンセリンのサプリメントを飲んでいたのですが、
その効果に対して半信半疑というか、あまり期待していませんでした。

飲んだり飲まなかったり、とか。
少ししか飲まなかったり、とか。

で・・たいして効果は実感できない、とか思っていたのですが、
そりゃあ、シッカリ飲んでいないのだから、
効果も出ないでしょうよ。

“実際に飲んでみて尿酸値が下がった”という人の話を聞いて、
もう少し真面目に飲んでいれば良かった、と
考えを改めているところです。

とか言ってても、私の場合、アンセリンに限らず、
すぐ飲み忘れてしまったり。

う〜ん・・戸棚の、すぐ目に付くところに置いてあるのですが。


さて、そんなことより、アンセリンの話。

アンセリンのサプリメントを飲むとして、
どのくらいの期間で効果が期待できるのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンの効果は、2週間で?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



焼津水産化学工業の研究グループの研究成果によると、
アンセリンを摂取して2週間で尿酸値の低下作用がみられるそうです。

たった2週間!

で、なんでアンセリンが尿酸値を下げるの?

もともと、筋肉疲労を助ける成分なんでしょ。

アンセリンを摂取すると・・・なんと!

「尿酸の生成を抑制する酵素」と「尿酸の排泄を促進する酵素」が増える、
と報告されています。

つまり、尿酸が作られすぎなくなって、それでもって、
尿酸をより多くハイセツするようになるのだから、結果として、
尿酸値が下がる、ということですね。

でも、ちょっと、待って。

アンセリンが尿酸値を下げる効果があるのは、わかりました。

でも、どの程度の効果?
どのくらい下がるの?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンで尿酸値は、どれくらい下がる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アンセリンが尿酸値を下げるチカラは、どの程度なのか?

ハッキリ言って、私はそれほど期待するべきじゃないと
考えているのです。

少なくとも、痛風の薬(尿酸降下薬)のような
劇的な尿酸値効果作用は、ないでしょう。

つまり・・「尿酸値 12.0mg/dl」だった人が
アンセリンを飲んだからといって「尿酸値 6.0mg/dl」になったりしない、
ということです。

あまり期待しているとガッカリするかも?

前述の、焼津水産化学工業の研究成果によると、
6週間の投与実験で
「尿酸値 7.19mg/dl」→「尿酸値 6.78mg/dl」に
なったそうです。

え?
それっぽっち?

その程度でガタガタ騒ぐなよ、と思うかもしれませんが、
アンセリンは、フェブリクのような薬剤じゃありませんからね。

あくまで栄養補助食品です。
そのかわり、クスリのような副作用もありません。

アンセリンを尿酸降下薬の代替品だというふうに
考えないほうが良いと思います。

その程度の尿酸値効果作用なら「飲むまでもない」
と考えるか、
あるいは「少しでも下がるなら飲む」かは、
自分が判断して決めれば良いことです。

とりあえず、私はもうちょっと真面目に
(毎日飲み忘れずに)飲んでみようと考えています。



▽↓ 尿酸値対策にオススメのサプリメント『慈凰』




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 
【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 アンセリン 効能

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリン 尿酸値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この「アンセリン」というサプリメントは何かというと、
簡単に言ってしまうと、アミノ酸のこと。

それも、カツオやマグロのようなデカい魚。
これらの魚の筋肉から成分を抽出して精製したものが
アンセリンです。

いまや、アンセリンといえば、
痛風サプリメントとして有名ですけどね。


尿酸値 アンセリン


で・・
カツオやマグロのような大型の回遊魚は、
あんなに泳ぎ回っても、なんで疲れないんだろう?

と、疑問に思った研究者の方がいたそうです。

私なら、カツオやマグロを見たら、
ああ、刺身にしたら、旨そう・・と思うだけですけどね。
偉い人は、目の付け所が違うのです。

カツオとマグロが泳ぎ続けても疲れない理由は、
筋肉にアリ!


といっても、魚類の筋肉が特殊なタンパク質でできている・・
とか、じゃなくて。

筋肉の中に疲労を感じなくなる(魚にとっては)物質があることがわかり、
それがアンセリンだったってこと。


これって、スポーツ選手とかがサプリメントとして摂取すれば
とても効果的だと思いませんか?
だって、疲れないのですから。

・・・と、そういう観点から、
アンセリンの抽出物を研究していたところ、疲労回復だけじゃない、
さまざまな効用があることがわかってきたのです。

一つは、抗酸化作用。
もう一つは、血圧降下作用。


こ、これはスゴイ!
健康食品、栄養補助食品としても発売できるじゃないか、と
さらに研究を重ねているうちに・・・

なんと、尿酸値の降下作用があることまでも、わかってきたのです。

ああ、全国の痛風で苦しむ人が飛びつくかもね。




尿酸値下げる アンセリン



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリンで尿酸値を下がるの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そもそも、なんで
アンセリンに尿酸値改善効果が期待できるかというと、
魚には人間にはない、秘めた能力があるからなのです。


秘めた能力?


長年、痛風で苦しんできた人が言われてきた言葉といえば、
これ!

『プリン体を多く含む食品を摂り過ぎないようにしましょう』


この聞き飽きた言葉のせいで、どれだけ
人生を苦しめられてきたか。


カレーも焼肉もビールも天丼もトンカツもレバーも、
おいしいものには、みんな“プリン体”が!?

旨い食事には、みんなプリン体がどっさりと
含まれているという、この現実!



痛風発作の原因は、体内の関節・腱などに
結晶化した尿酸が蓄積することです。

長年、沈着し続けてきた尿酸結晶が、
ついに溜まりきれなくなって関節などから
剥がれ落ちる・・これがトリガーとなって、
白血球が攻撃を開始すると、痛風発作の激痛が始まります。


つまり、尿酸が悪いのね?


でも、本当は、尿酸というものは血管を若々しく保ったり、
抗酸化作用があり、なくてもならない大切なものなのですが、
痛風体質の人(痛風になりやすいタイプの人)は、
この尿酸が多すぎるわけです。



ところが。
魚というものは、痛風にならないのです。

というのも、アイツらには足がないから・・じゃなくて!



人間が代謝のとき、
プリン体を尿酸に分解して、それでオシマイなのに対して、
魚にはもっと優れた分解能力があるのです。

つまり・・・
「プリン体→尿酸(人間は、ここで終わり)→アラントイン→アンモニア」

ってことは、代謝に関しては
人間より魚の方が高等動物ってことになるの?

ぬぬ・・あんな、刺身になるヤツラに負けているなんて。


というのも、魚に限らず、他の哺乳類とかには
尿酸オキシダーゼ「ウリカーゼ」という酵素を体内に持っているから、
なのですが、そんな素敵な酵素は人間は持っていないのです。


おまけに、尿酸は水に溶けにくいので、
なかなか排泄しにくいですが、アラントインは水に溶けやすいので
ハイセツも容易・・・って、人間は痛風になるべくしてなっているわけね?


てなワケで、魚は痛風とは無縁なのです。
どんなに激しい運動をしても痛風や高尿酸血症には
なりっこないのです。



ああ、こんなことなら、魚に生まれてくれば良かった!
・・・って、アナタ、刺身にされて食われたいのですか?
(鰹のタタキは最高です)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンセリン 効能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アンセリンには、尿酸値降下作用が期待できるといっても、
どの程度なのか?

いわゆる、痛風の薬(尿酸降下薬)のような劇的な効果は
とても見込めるとは思えません。

アンセリンは医薬品ではなく、健康補助食品です。
サプリメントですから。


でも、痛風の薬には副作用がつきものですが、
健康補助食品なら食品ですから、摂取量さえ守っていれば
そんな心配もいりません。

アンセリンの尿酸値低下の降下は ゆるやかかもしれませんが、
今まで、尿酸値を下げるサプリメントって
他にあるのか、あったのか、ということです。

けれども、痛風改善の基本は
あくまで生活習慣の改善にあります。

食生活、運動など、さまざまな面で
気をつけていくことが重要です。

また、生活習慣に留意することで、
痛風以外の他の病気の予防にもなります。


痛風発作は痛くて苦しいだけの病気ですが、
遠い将来、内臓を悪くしてしまい、合併症を起こしてしまうと、
寿命の長さにも影響が出てくるかもしれません。

アンセリンだけ、飲んでいれば大丈夫、
ということは決してないです。

ですが、生活習慣の改善に気をつけながら、
プラスアルファでアンセリンも続けていくと、
尿酸値改善の後押しをしてくれるかもしれませんね。
 

 
▽↓ アンセリン 240粒【Amazon】
▽↓ アンセリン 240粒【楽天】


 
━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 アンセリン | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ