痛風 フェブリク | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

フェブリクを飲んでいるのに痛風発作

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 薬を飲んでいるのに発作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風発作が嫌だから、面倒だけど毎日クスリを飲んでいるのに、
なんで痛風発作が出るんだよ!?

なんのためのフェブリクなんだよ!?


・・・と考える方も大勢いらっしゃると思いますが、
そもそも、フェブリク錠(フェブキソスタット)ってのは、
痛風発作を起こさせないための薬ではないのです。


じゃあ、何?
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブリク 精子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コルヒチン フェブリク 精子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

若い人で、痛風(高尿酸血症)なんだけど、
これから子作りをする予定がある、
家族が増える予定がある人は、フェブリク(フェブキソスタット)を
飲んで大丈夫なんだろうか、生まれてくる子供に影響はないだろうか、
と心配になる人もいるかもしれませんね。


大丈夫だと思いますよ。
心配でしたら、主治医の先生に相談するのが一番です。
きっと親身になって相談に乗ってくださると思います。



全ての薬には、薬の大きな効果の代償として
副作用がつきものです。
ですが、40年ぶりの痛風新薬として開発された
フェブリック錠 (正しくは、フェブリク錠)は、
従来の痛風の薬よりも「副作用は少ない」と言われています。


副作用は少ない、と言われましても、
ユーザー側としては、少しでも「副作用がある」のならば、
それはそれで、心配です。

どんな副作用なのか?
自分がフェブリク錠を飲むことで、奥さんにとか、子作りにとか、
影響はないの?
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブタズ(Febutaz)(ジェネリックフェブリク)を購入するなら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● フェブリク(フェブキソスタット)に後発品は(国内には)ない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリク(フェブキソスタット)とは、痛風の薬です。


痛風のクスリといっても、ロキソニンやボルタレンなどの
消炎鎮痛薬(痛み止めの薬)もありますが、この場合は、
尿酸値を下げる薬のこと。
いわゆる、尿酸降下薬。

で・・
このフェブリク錠ですが、痛風の薬としては
40年ぶりの新薬なので、あまりお安くない。
つまり、ちょっと高いわけです。


まあ・・新薬ですからね。

安売りする必要もないでしょう。
研究開発費も莫大でしょうし、回収しなければ。

ですが、そういうも諸々の事情は販売先や開発メーカーさんの
言い分であって、購入するユーザーとしては、
毎日飲むモノですから、少しでも安く購入したい。
もう少し、財布に優しくなれないものか。

そう考えても不思議じゃありません。


そういえば、フェブリクにジェネリックは、ないの?

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブリック(フェブリク)飲んでるのに発作

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● フェブリク飲んで発作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリック × → フェブリク ○ です。

フェブリク(フェブキソスタット)とは、フェブリク錠のことで、
いわゆる痛風の薬(尿酸降下薬)です。
ひらたくいえば、尿酸値を下げる薬のことですね。

で、このフェブリクというのは、40年ぶりの痛風新薬と言われていて、
従来薬のザイロリックなどに取って代わってになりつつあって・・・とか、
そんなこと、どうでもいいや。

そんなことより先に進みます。

で・・尿酸値が高いので、痛風発作が出るので、
病院で勧められてフェブリクを飲み始めたものの、
なんと、痛風発作が出てしまった、と。

なんで?

痛風発作が出たくないので、フェブリクを飲んだのに、
薬を飲んでいるのに、なんで!?


なんで!?


なんで!?



なんで・・・って、もちろん、理由があるのですが、
そういうことは、処方してくださった病院の先生が
事前にキチンと説明すべきだと思うのです。

そりゃあ、たしかに次の患者さんが待っていますよ?
待合室には何人もの患者さんが、今か今かと待ち続けています。

次々と患者をこなしていかなきゃ、診察時間内に
診察を終えられません。

でもね。
説明すべきことは、ちゃんと患者に説明しないと。

現に、
「フェブリク飲んでるのに発作が出た。なんで?」
と思っている人がいるわけでしょう?

「なんで?」と思うのは、なぜか。

なんで、そう思うのかというと、医師が
ちゃんと事前に説明していないからです。

その人(患者さん)もわかっていれば、知っていりゃあ、
なんで? とは思わんでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 医師が知っているからといって、患者も知っているとは限らない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


医師の先生は、もちろん、質問すれば、
きちんと答えてくださいます。

でも、訊かなきゃ説明してくれない先生も多いのでは?

たしかに、質問されたら答えやすいけど、
相手(患者)が何を知りたいのか、漠然としすぎていて、
なにから説明したらいいのか、よくわからない、という
医師の先生の言葉を聞いたことがあります。

でも、同様に、患者の方も何を質問すればよいのか、
わからないのかもしれませんよ?

フェブリクの飲み方、飲む量、飲む間隔、飲む時間帯。

フェブリクと他の薬との飲み合わせは?
フェブリクは水と一緒に飲まなきゃダメ?
もし、フェブリクを飲み忘れたときは、どうすれば?

それから、フェブリクの効果。
フェブリクの副作用。
予測される、薬を飲んだことによる体の変化、変調。

飲めば、どうなるのか?
自分の体に、どんなことが起こるのか?

はじめてフェブリクを飲む患者さんは、薬の知識など
ない場合がほとんどだと思うので、
どんな小さなことでもいいから、事前に説明してほしいです。
リスクもわかっておきたいです。


フェブリク眠気でる?
 

その病院の医師の先生にも よるのかもしれませんが、
私が今まで行った病院では、あまり説明してくれませんでした。

特に感じたのは、薬の効果(尿酸値が下がる)ことは強調しますが、
副作用についての説明は、なぜか ありませんでした。

そっちの方を詳しく聞きたいのですけど?


処方してくださった先生から教えてもらうのではなく、
薬の知識をネットで得る、っていうのは、
なんか違うような気がするのですが・・・
まあ、そんなことより、「フェブリク飲んで発作が出た」理由でしたね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 尿酸値は急に高くなっても、急に低くなっても痛風発作は起こる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風発作というのものは、ある日、突然起こると
みなさん思っていますが、実はそうじゃありません。

たしかに発作が起こるのは、突如として起こる場合が多いですが、
その前に、10年〜15年くらい、ずっと尿酸値が高いままの時期が
あったハズです。

目安として、尿酸値 7.0mg/dl以上になると、
血液中の尿酸は溶けきれなくなってくるので、
体内の(体温の比較的冷たい)関節・腱などに結晶化して沈着します。

それが、長年、じわりじわりと(尿酸結晶が)蓄積してきて、
ある日、溜まりきれなくなって関節などから剥がれ落ちたとき、
痛風発作が発症するのです。

で、尿酸値が高いままの状態で何十年も過ごしていると、
将来、腎機能が低下してきたり、尿路結石になったり、
いろいろと怖い合併症のリスクが高くなってしまいます。

これじゃ、いかん。
フェブリクを飲んで、尿酸値を下げましょう、ということなんです。


ところが。
痛風発作というものは、尿酸値が高くなりすぎると発症する、
というイメージがありますが、高い低いよりも、
急激な変動が良くないのですよ。

つまり、尿酸値が急激に降下しても、
痛風発作のリスクは高まる、ということです。

ですが、医師の先生は、そんなこと百も承知で
なるべく、
フェブリクを飲む患者さんが痛風発作を発症しなくて済むように、
フェブリクは大量に投与したりしません。

少しずつ、です。

本当は早く尿酸値を下げてやりたいので、
もっと多く処方したいところですが、それをすると、
患者さんが痛風発作に苦しむ確率が高まります。

ですので、少しずつ。
そして、様子を見て、段階的にフェブリクの投与を増量していきます。

尿酸値が急変したら痛風発作が出るといっても、
それは元々、体内にたくさんの尿酸結晶が蓄積してるからなんです。

尿酸結晶が溜まっていない人なら、
尿酸値が変動したって、痛風発作なんか出やしません。

で、こんなに細心の注意を払って
フェブリクの投与を慎重に進めても、
フェブリクを飲み始めて、最初の半年〜1年くらいは
かなりの高確率で痛風発作を発症します。


まあ、これは、仕方ないですよ。
それだけ、大量に体内に溜まっていたのですから。

体の大掃除だと思って、我慢するしかないです。

コルヒチンカバー、といって、
痛風発作の発症が予測されるときに、
継続的にコルヒチンを投与させて、痛風発作を防ぐ手段も
ありますが・・・
これは、私はあまり良い方法とは思いません。
コルヒチンの大量投与が体に良いハズありませんしね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● フェブリク飲んで発作が出たら、我慢する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なんか・・
ふざけんな。
と、怒られそうな結論ですが・・・まあ、こういう結末です。


「フェブリク飲んで発作が出たら、我慢する」


そのかわり、というか、
半年〜1年以上経過して、尿酸値が低めの水準で安定してくると、
もう痛風発作は、ほぼ出なくなります。

尿酸値 6.0mg/dl以下になると、
体内に蓄積した尿酸結晶が血液中に溶けだすのですが、
それには、2〜3年は かかると考えられています。
(個人差アリ)

フェブリクは飲み続けてさえいれば、
低い水準の尿酸値を維持できる薬剤です。
(飲むのをやめると、元の尿酸値に戻ってしまいます)

副作用も従来薬よりは少ないと考えられていますし、
重篤な副作用も今のところは報告されていないようです。

医師の先生は、検査の数値の推移と患者さんの体調の変化などを
見比べながら、だんだんフェブリクの量を落としてくると思います。

フェブリクは最初は少量で。
様子を見ながら、次第に増量。
そして、低い水準で落ち着いてきたら、また減らしていく。

そんな感じだと思います。


ですから、フェブリクは医師の先生の指導が不可欠なのです。

ドラッグストアで市販薬のように購入したり、
通販で買うような薬では ないのです。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブリク眠気でる?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
尿酸値を下げる薬 フェブリク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の薬、つまり尿酸降下薬(尿酸値を下げる薬)として
40年ぶりに発売されたフェブリク錠(フェブキソスタット)ですが、
予想通りというか、この新薬が痛風治療薬の主流になりつつあるようです。

病院に行けば、従来薬のザイロリックを処方されるより、
このフェブリクを処方されることが多いのではないでしょうか。

で、このフェブリク錠は、尿酸生成抑制薬、つまり
体内であまり尿酸を作らせないようにさせるクスリで、
その尿酸降下の効果は抜群です。
つまり、歴代の痛風治療薬よりも、グ〜ンと尿酸値が下がる、というわけです。



おお、こりゃ、素晴らしいや。


確かに、尿酸降下の効果は抜きん出ているのですが、
薬である以上、副作用は つきもの。

以前より発売されているアロプリノールなどよりは、
副作用が少ないと言われているフェブリクですが、
少ないということは、少なからず「ある」ということ。




|★ フェブリク 副作用
└───────────────────

で、その副作用のうちの一つが「眠くなる」ということ。


これは個人差があるので、誰もが眠くなる・・とは限りませんが、
人によっては、猛烈に眠くなるらしいですよ。


薬って、普通、朝に飲むわけじゃないですか。

で、それから会社へ出かけます(お勤めの場合)。

車で通勤の人もいるでしょう。
あるいは、営業で車を運転しなきゃならない人もいるでしょう。


どうするのですか、そんな眠くて。


運転中に寝ちゃったら、最悪の場合、
他人を巻き込んで事故を起こして、人生、終わっちゃいます。



ああ、どうすりゃいいの?

フェブリクを飲んだがために!



・・・・・・・・・・というわけで、対策。

要するに、その、眠気対策ですね。


ザイロリックの場合は、一日に2〜3回、
服用しなければなりませんでしたが、
フェブリクの場合は、ありがたいことに
一日一回でいいのですよ。

そして、時間指定のようなものはありません。





フェブリク飲んでいるのに痛風が出る





要するに「夜に飲めば良い」ということ。


夜というか、夕食後ですね。
仕事が終わって帰宅して、それから、ってこと。

それなら、これから運転するわけじゃなし、
出かけるわけじゃなし、メシ食ったら、寝るだけなのかもしれません。
(いえ、人のことは知りませんけど)


つまり、その時間帯なら、副作用で眠くなっても大丈夫ってこと。
居眠り運転で、他人を轢いたりしなくても済む、ってこと。

念のため、処方してくださった病院の医師の先生に
確認はしてください。
夜に飲んでいいのか、って。

いいです、大丈夫です、というハズです。


ただし、その場合、飲酒はしないでくださいね、
と言われるかもしれませんが。




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風発作時にフェブリク錠を飲んでしまった

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェブリク 痛風発作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風発作時にフェブリク錠を飲んでしまった ↓

すぐ、病院に行って、医師の先生の指導を受けてください。
それがベストの対応で、それに勝るものはありません。


フェブリク(フェブキソスタット)とは、痛風の薬のことで、
いわゆる、尿酸降下薬です。
尿酸値を下げる効果がある薬です。

痛風発作というものは、
尿酸値が高いときに発症するものなのですが、
その場合ばかりではなく、尿酸値が急変することにも
起こる場合があります。


つまり、
「尿酸値が低い→尿酸値が高い」への変化のときだけでなく、
「尿酸値が高い→尿酸値が低い」ときにも起こる、ということです。

ですので、フェブリクを服用して、
尿酸値が急激に下がりつつあるときに、痛風発作が起こる場合も
あるのです。



なんで、尿酸値を下げるクスリを飲んでいるのに、
どうして、痛風発作が!?

痛風発作が嫌だからフェブリク錠を飲んでいるのに、
なんで、発作が・・!?



と、思うかもしれませんが、
これは尿酸値が高い状態から低い状態へと変化していく過程で、
仕方が無いことです。

下げ止まりというか、尿酸値が低い水準で推移するようになると、
必然的に、痛風発作はもう、出なくなりますので。



で。
痛風発作が出てしまったのに、間違えて(?)フェブリクを
飲んでしまった、と。

その件(くだん)の理由で、
痛風発作が出ている最中には尿酸降下薬は飲まないように、
というのが定説ですが、
ずっと継続的に服用している場合は、また話は別だと思います。

病院で、医師の先生に相談したら、
おそらく、そのまま継続して服用してください、と
言われると思うのですが
(たぶん、フェブリクを服用しながら、コルヒチンを処方される?)
ここは、もう、先生の指示通りにするのが最善かと思われます。



この、フェブリクに限らず、尿酸降下薬は
服用することによって、体内の尿酸値が下がり
(つまり、尿酸の生成が抑制される)、
体内で何らかの変化が起きています。

ですので、副作用の面も含めて、
その状態に応じて、医師の先生の指導があると思いますので、
勝手に自分で判断しないで、病院に相談に行くのがベストです。


病状は体質によっても個々に違いますので、ケースバイケースです。
歩けなくて病院に行けなくても、電話でもいいですから、
フェブリクを処方していただいた病院に電話して、
どうすべきかアドバイスを受けてください。



━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち』
  http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

フェブリク飲んでいるのに痛風が出る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 新薬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェブリクを飲んでいるのに、痛風発作が出てしまった。


この、フェブリクというのは、フェブリク錠(フェブキソスタット)のことで、
近年、40年ぶりに発売されたという、痛風新薬です。
尿酸値を下げる効果のある薬、すなわち、尿酸降下薬というやつですね。


以前はザイロリックなどの薬が尿酸降下薬の主流でしたが、
今後は、このフェブリクが主役となっていくことでしょう。
尿酸値を下げる効果はザイロリックよりも大きく、そして、
副作用も従来の薬よりは少ないらしいじゃないですか。


ただ、価格的には、旧薬よりも、お高いです。
なんでかというと、ジェネリック(後発薬)の存在がないから。
そりゃあ、新薬発売当初から安売りしていたんじゃあ、
研究開発費が回収できないでしょう。
まあ、当分、特許切れにはならんでしょう。


でもね。
価格が高いといっても、ザイロリックなどの薬は
一日に2〜3度、服用しなければならないところ、
フェブリクの方は一日1錠で良いようです。
飲む人の負担も減りますし、少々値段が高くても
月単位のトータルの薬代に換算したら、それほど
変わらないかも?


っていうか、そんな話はどうでもいいんです。


痛風発作が嫌だから、フェブリクを飲み始めたのに、
痛風発作が出ちゃったじゃない!?
どうしてくれるの!?
このクスリは、詐欺!?





|★ フェブリク錠 副作用 ??
└───────────────────


いえいえ。
そうじゃありませんよ。


現時点では、尿酸値を下げる効果に関していえば、
フェブリク錠は、業界最強クラスのクスリです。
インチキなんかじゃ、ございません。


痛風発作というものは、尿酸値が高いと発症する、と思われていますが、
確かにその通りですが、それだけじゃなく、
「尿酸値が急激に変動したときにも発症する」のです。


つまり、尿酸値の変動というのは、
「尿酸値 低い→高くなる」でも痛風発作は出るし、また、
「尿酸値 高い→低くなる」でも出るんです。


要するに、急に高くなっても、急に低くなっても、出る、ということ。


フェブリクの尿酸値降下の効果は、抜群すぎて、
それが体内に蓄積している尿酸結晶に対して、
トリガーになってしまったのでしょう。

まあ、きっかけ、というか、何というか。



じゃあ、仕方がない、とでも?



う〜ん・・まあ、そのあたりは、医師の先生もちゃんとわかっていて、
処方箋はキチンと考えてくださるハズです。
つまり、フェブリクは最初は微量で、そして、様子見で。
で、経過次第で、だんだんフェブリクの量を増やしていく、とか、
そんな感じのはずですよ?


そして、必要に応じて、コルヒチンという薬を断続的に投与したりね。
コルヒチンカバーというのですが、これは、いわゆる痛風発作対策です。
フェブリクの急激な尿酸値降下が事前にわかっているので、
痛風発作を未然に防ぐための投薬ですね。


まあ、フェブリクなどの尿酸降下薬を飲み始めたのに、
痛風発作が出てしまうと疑心暗鬼になりガチだとは思いますが、
ここは担当の医師の先生の言葉を信用して、
先生の指導通りに服用なさるのが良いのではないでしょうか。


・・・・とか何とかいっても、ナットクできませんけどね。


痛風発作が嫌だから、クスリ飲んでるのに、
なんで痛風発作が出るんだよ・・・・・・・・ぶつぶつ・・・・ったく!




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 フェブリク | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ