痛風 薬 | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

フェブリク やめた

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風 薬やめたら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、
痛風の薬のことで、いわゆる尿酸降下薬、すなわち、
尿酸値を下げる薬のことですね。

長い年月の研究開発の末、
数年前に40年ぶりに発売された痛風新薬と、されています。


で・・この薬。
尿酸値を下げることに関しては、抜群の成果
(ザイロリックなどの従来の薬よりも)
がある、と言われていますが・・

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

風邪薬を飲むと痛風の痛みが出るのはなぜか?


自分が風邪をひいても風邪薬は“絶対”といってもいいくらい、
飲まない人間なので、あれなんですけど・・

風邪をひいたら、薬は飲まないで、
ビタミンCを飲んで、
あたたかくして、良く寝るのが一番だ・・と思うのですが、
まあ、風邪を治す方法は、人それぞれですしね。


それはそうと、現実に、
風邪薬を飲んだことが引き金となって、
「痛風発作を発症する」ことがあるそうです。
 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

尿酸値 薬を服用 あまり下がらない

「尿酸値 薬を服用 あまり下がらない」→ 大丈夫ですよ。

心配いらないです。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風の薬を飲むメリットとデメリット

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風の薬を飲んでも、痛風は治りません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風の薬といっても、いろいろありますが、
この場合、尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)のことです。

 

ロキソニンやボルタレンのような痛み止めの薬(消炎鎮痛薬)
のことじゃありません。

 

これらの非ステロイド抗炎症薬は、痛風発作が発症してしまったとき、
痛みと腫れを緩和するための薬ですから。

 

そうじゃなく、尿酸降下薬というのは、
フェブリクやザイロリックのように、尿酸値を下げて、
痛風発作をなるべく起こらないようにして、
将来の怖い合併症を予防する、という働きがあります。

 


痛風 尿酸値が6.0以下になったら薬は飲まない
 

 

さて、よく「日本人は薬好き」などと言われますが、
本当の意味でクスリが好きな人なんかいないでしょう。

 

この、「日本人は薬好き」という言葉は、
欧米などの外国人から見て、医者に言われるまま、
クスリばかり飲んでいる(ように見える)日本人を
揶揄した言葉だと思うのです。

大きなお世話ですよ。

 

薬好き、といっても、医者が飲めというから飲んでいるだけで、
たとえば、「酒がメシより好き」という人はいても、
「薬がメシより好き」と言う人は、いないでしょう。


ええと、そんなことより。

痛風の薬(尿酸降下薬)を飲むメリット、そしてデメリットは
どんなものがあるでしょうか。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

薬の副作用は、やっぱり怖い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 薬の長期服用は、やはり怖い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




痛風に関係ない話でアレですけど、
知り合いの人が救急車で運ばれました。

明け方から、心臓が痛くて苦しみだし、
早朝、家族の方が気が付いて救急車を呼んだのだけど、
心筋梗塞の一歩手前だったそうで。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 薬の副作用をナメては いけない


近年発売された糖尿病の新薬を服用した患者さん(利尿薬も併用)が、
2人死亡していた、という調査・報告があったそうです。

副作用は、誰にでも起こるわけではありません。
それこそ、(重篤なものは)何万人に一人なのかもしれません。

ですが、実際に薬が原因で(とは限りませんが)
亡くなった方がおられるのです。
これはこれで、事実として、わかっておく必要があると思います。
 

痛風の薬(尿酸降下薬)では、フェブリクやザイロリックなどが有名です。
フェブリクの場合は、40年ぶりの痛風新薬ということで、
従来薬よりも副作用が比較的少ないと考えられており、
現在のところ、服用した患者さんでの死亡例は報告されていません。

ですが、ザイロリックには死亡例も報告されています。

亡くなられた方は、元々、病状の重い方でしたので、
必ずしも、薬の副作用のせいだとは言えないのかもしれませんが、
結果的に、薬の服用が引き金になってしまったように思います。

じゃあ、薬は怖いので、飲まない方が良いのか?

それは、人それぞれの考え方ですので、
御自分で良く考えて、どうすれば良いのか
決断されるのが良いと思います。

で、薬を飲む場合。

たとえば、フェブリクにしろ、ザイロリックにしろ、
痛風の薬(尿酸降下薬)をいったん飲む、と決断したら、
たいていの場合、一生、飲み続けることになることが多いです。
(飲むのをやめると、たちまち尿酸値は元に戻ってしまうので)


尿酸値を下げる薬は なぜ一生 のまないと いけないの
 

病院の医師の先生が処方してくださる薬というものは、
厳しい臨床試験を無数にこなして合格して、
これなら安全である、と厚生労働省が認可して
太鼓判を押した薬です。

ですので、普通に考えると安全なハズなのですが、
そうであっても、薬というものは、
大なり小なり副作用がつきものなのです。
そういうモノなのです。


じゃあ、どうすればいいの?

ささいな体の変調でも、できるだけ早い目に、
薬を処方してくださった病院の医師の先生に相談することです。

たとえば・・・

なんとなく、この頃、体がダルいなあ。

そういえば、残業も多いし、休日も遊びに行ったし、
年も年だし、疲れが取れていないのかな?

「体がだるい」というのは、肝機能が低下しているときに
起こる症状でもあるので、もしかしたら、
フェブリクの副作用かもしれませんよ?

自己判断で勝手に決め付けないで、
ささいなことでも、薬を処方してくださった先生に
相談することです。

あるいは・・

なんだか、この頃、やたらと昼間が眠いなあ。

夜は、そこそこ寝ているんだけど、
年のせいか、眠りが浅くなっているのかなあ?

「昼間も眠い」というのは、
フェブリクの副作用かもしれませんよ?

医師の先生に相談したら、
じゃあ、フェブリク錠は、仕事が終わってからの
夕食後に服用してください、とか
その人の生活パターンに合った、
適切なアドバイスをしてくださるかもしれません。

昼間は、眠くなっていたら、
仕事の能率も落ちますし、注意力散漫になって
仕事上の失敗も増えますしね。
コーヒーを飲んで誤魔化してみても、
根本的な解決にはなりません。

とにかく、どこからどこまで薬の副作用なのかは
なかなかわかりにくいので、薬を飲み続けるといったん決めた以上、
ささいなことでもいいですから、痛風の薬(尿酸降下薬)を
処方してくださった病院の医師の先生に
相談するのが望ましいと思います。

薬を服用する理由は、
リスク以上のメリットがあることです。

リスク(副作用)の危険を遥かに上回るメリット(効果)があれば、
服用を検討する価値は充分にあるとは思いますが、
薬の副作用というものは、予測できませんので、
副作用について細心の注意を払うのが最善だと思います。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 尿酸値が6.0以下になったら薬は飲まない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 尿酸値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尿酸値 7.0mg/dl以上で、
痛風(正確には、高尿酸血症)と診断されてしまうわけなので、
尿酸値が6.0mg/dl以下になったら薬は飲まない、というのは
理屈の上では正しいです。
 

痛風 尿酸値


でも、ちょっと待ってください。

もしかしたら、その、尿酸値が6.0mg/dlにまで下がったのは、
薬を飲んでいるおかげなんじゃありませんか?

 

薬、というのは、いわゆる尿酸降下薬です。
フェブリクとか、ザイロリックだとか。
つまり、尿酸値を下げるクスリですね。

で、尿酸降下薬を飲んで、尿酸値が下がりました。
6.0以下になりました。
ああ、やれやれ。
やっと、これで一安心、クスリをやめられます。

たしかに、尿酸値 6.0mg/dl以下なら薬なんか飲む必要はありません。

でもね。
薬をやめた途端、あっという間に尿酸値は元に戻ります。

 

つまり、痛風が治ったわけじゃなくて、
体質が改善されたわけでもなくて、薬のチカラで
尿酸値の数値が下げられていたダケのこと。

薬では、痛風は治らないのです。

 


尿酸値を下げる薬は なぜ一生 のまないと いけないの
 

 

ですから、6.0以下になったからといって、
尿酸降下薬をやめてはいけません。
病院の医師の先生の指導に従うのが最善です。

 

おそらく、医師の先生は、尿酸降下薬を飲み続けなさい、
というでしょうね。

 

普通、尿酸降下薬を飲み始めると、
前述の理由で一生飲み続けることになります。
やめた途端、尿酸値は元の数値に戻りますから。

 

ついでにいうと、尿酸値の急変動は危険です。
急に大きく上がっても、急に大きく下がっても。
痛風発作のトリガーなる可能性が高いです。

 

まあ、でも、薬おかげで
怖い合併症になる可能性も減少するかもしれませんし、
飲み続けることになっても、それが一番良い選択かもしれませんね。
っていうか、病院に行くと絶対飲みなさい、と言われてしまいます。
飲まないと怒られます。
選択の余地、無しです。

 

で、痛風の本なんかを読んでみると、Q&Aのコーナーなんかがあって、
はい、質問。

「痛風の薬は一生、飲み続けなければならないのですか?」

で、答え。

「いいえ。中には薬を服用している間に生活習慣を改善したり努力して
薬をやめられるようになった方も大勢おられます」

 


・・・・・・・・・・・・・・・・?

 


・・・って、ことは?

痛風が良くなったのは、

薬ではなく「生活習慣を改善」の方だったのね?


薬は体内での尿酸の生成を抑制しているだけですから。
服用をやめてしまえば、すぐに、数値は 元の木阿弥です。

 

でも、考えようによっては、いい方法かもしれません。
まず、薬を飲んで、そして飲みながら、
飲み続けながら、その間に・・生活習慣の改善に努める。

 

世の中には、薬(尿酸降下薬)を飲んでいるけど、本当は早くやめたい、
飲むのをやめたい人もおられるでしょう。

だから、くすりをやめたいのならば、生活習慣を改善するしかない、
ということです。

 

具体的には?

 

ストレスを減らす。
プリン体の多い食事の摂取制限。
肥満を解消して内臓脂肪を減らす。
運動(ゆったりとした有酸素運動)して全身の血流を良くする。
筋肉を増やして(熱量を燃焼しやすい)太りにくい体にする。
食べ過ぎに気をつける(腹八分目で やめる)。
禁酒する。
睡眠を充分にとる。
夜更かしは しない。
股関節のストレッチをして血液、リンパの流れを良くする。
水分を充分に摂る(尿を多く排泄)。
尿を酸性に傾けないようにする。
(野菜・海藻などをシッカリ食べる)

・・・・・・・・・・・などなど。

 

酒、飲めないくらいなら、痛風の薬、飲むぞ!
ビールは何があっても、ぜったい、飲むぞォ!

 

そんな人は、全国に もの凄い数、いると思います。
私の周囲にもそんな人います・・っていうか、
そんな人ばっかり。

 

そういう人は、痛風の薬を飲んでも飲まなくても、
やっぱり お酒は飲みますから、
薬を飲んでいないと、どんどん尿酸値が上がる一方なのかも。

--------------------------------------------
1.薬は飲まないで、生活習慣の改善をする。
2.薬は飲まないで、生活習慣の改善はしない。
3.薬を飲みながら、生活習慣の改善をする。
4.薬を飲みながら、生活習慣の改善はしない。
--------------------------------------------

 

病院の先生の推奨は、
「3.薬を飲みながら、生活習慣の改善をする。」でしょう。

私の個人的な考えは、
「1.薬は飲まないで、生活習慣の改善をする。」がベストなのですが、
そんなこと、チラッとでも言ったら、病院で先生に怒られます。
だったら、オマエは、ここに何しに来たんだ、
という雰囲気になります。
オマエのためだろう、飲め、とか言われてしまいます。

 

でも、普通は、こうじゃないですかね?
こんな人が多いんじゃないですかね↓
「4.薬を飲みながら、生活習慣の改善はしない。」

それでも、
「2.薬は飲まないで、生活習慣の改善はしない。」よりも
ずっといいかもしれませんね。
 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
  • ホーム
  • »
  • 痛風 薬
  • »
  • 尿酸値を下げる薬は なぜ一生 のまないと いけないの

尿酸値を下げる薬は なぜ一生 のまないと いけないの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 尿酸値を下げる薬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これだけ進歩が顕著な現代医学ですが、
痛風を完治させるクスリは、世の中にありません。
薬では、痛風は治りません。

一般的に、痛風の治療薬と呼ばれているものは、
尿酸降下薬のことです。

つまり、尿酸値を下げることができる薬です。
具体的には、フェブリク、ザイロリックなどが有名です。
 

痛風 足


で・・
「尿酸値を下げる薬は、なぜ一生 飲まないと いけないの?」
飲むのをやめてしまうと、あっという間に
元の数値、元通りに戻ってしまうから、です。

ということは、尿酸降下薬というクスリは、
痛風を治療する薬ではなく、
「飲んでいる間だけ、尿酸値を下げる効果がある薬」なのです。

でもね。
飲んでいる間だけでも、尿酸値が下げられるのでしたから、
ずっと飲み続けていたら、どうなります?

そうです。
ずっと、尿酸値は下がったままです。

だから、薬を飲み続けなさい、と いわれてしまうのです。

一生飲み続けてさえいれば、尿酸値はずっと下がったままなので、
そんなに悪くないことかもしれません。
副作用はちょっと心配ですが、まあ、必ず起こるというわけでも
ないようですしね。

少なくとも、痛風発作の激痛からは解放されます。


おお!
なんて、すばらしいことなの!?(心の叫び)


でも、まいにち毎日、薬を飲み続けること自体に
うんざりする人もいるかもしれません。

私が近所の病院の、医師の先生に言われた言葉は、こうです。

『そんなに薬を飲むのが負担に思うのだったら、
   薬を食事だと思ってみたら、どう?
   薬も習慣にしてしまえば、苦にならないよ?
   まいにち、歯を磨くみたいにさ。習慣にしてみたら?』


いやあ・・・先生。
コッチのことを思ってくださるのは、よくわかるのですが、
お気持ちも シッカリ伝わっているのですが・・

クスリを「食事」とは、思えんでしょう?
薬は、クスリですよ。
私は そんなに器用じゃないです。

・・・・・というわけで、
尿酸降下薬は継続してこそ、効果を発揮することが できるのです。
医師の先生の許可なく、自己判断で薬の服用をやめてしまうと、
あっという間に尿酸値は元の数値に戻ってしまうでしょう。

先生は、なかなか、薬はもうやめてもいいよ、とは
言ってくださらないのが現実です。
やめたら、元に戻ってしまって、今までの努力(?)が
台無しですからね。

で、絶対、一生飲み続けなきゃならないのか、というと、
そうでもないらしく、現実に
薬を飲みながらも、生活習慣を改善して、体質改善に成功して、
(自己判断ではなく)もうやめてもいいよ、
と言われた人も、世の中には いるらしいです。

う〜ん・・それがホントなら、
ある意味、すごい人かも しれません。

私の周辺の人たちは、
いわゆる 痛風の薬、すなわち
尿酸降下薬を飲んでいることをいいことに、
運動はしない、飲酒しまくり、食べたいものを食べまくり、
夜更かしマージャンしまくり、肥満なんて気にしない、
さあ、今夜も飲み会だぜ!
・・みたいな人が多い気がします。

それでも、痛風発作が出ないんですからね。
尿酸降下薬のチカラは、やっぱりスゴイです。
 


 

━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風は肝臓に関係があるの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリン体 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風といえば、痛風腎という言葉があるように、
腎臓が鍵となるイメージがありますが、
痛風は肝臓にも関係があります。


痛風といえば、尿酸。
尿酸といえば、プリン体です。


プリン体というのは食事に含まれているものが有名ですが、
それだけでなく、体内の細胞が新陳代謝のときに壊れて老廃物として
プリン体が吐き出されたりします。
それから、体内の栄養分をエネルギーに変換する
(いわゆる、エネルギー代謝)
ときにも生成されます。


これらのプリン体が肝臓へ運ばれ、分解されると「尿酸」になります。
最終代謝物ってわけですね。

で・・・尿酸は、腎臓へ送られて、体外へ排泄されるのですが・・・。



話は変わりますが、
ほら、尿酸降下薬というものがあるでしょう?
いわゆる、ザイロリック、とか、フェブリク、とか。
つまり、尿酸値を下げる薬ですね。



痛風発作時にフェブリク錠を飲んでしまった





|★ プリン体 尿酸
└───────────────────

これらの薬の副作用には、肝機能障害の例が報告されています。
(誰もが副作用があるのではありません)


なんで、肝臓に副作用がおこる可能性があると思いますか?

つまり、これらの尿酸降下薬は、尿酸合成阻害剤なのです。
ということは、肝臓の働きを抑えて、あまり尿酸を作り過ぎないようにする
効果があるのです。

ところが、現代医学が素晴らしいことには間違いないのですが、
これらの薬は、こちらの思惑通り、都合良く、
尿酸の生成だけを抑え込んでくれるんじゃない、ってこと。
肝臓の機能、そのものを抑制してしまう、ってことです。

つまり・・肝臓の働きを薬のチカラで抑制させて、結果として、
肝機能が落ちる、ということになるのです。

要するに、副作用もなく、尿酸値だけ、
うま〜い具合に下がってくれる薬なんて、世の中にないってこと。


医学の進化は目覚ましく、日進月歩ですから、将来に
大いに期待しましょう。
(できれば、私の生きている間に)


・・・てなわけで、痛風と肝臓は、関係大アリ、ってことで。




━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち』
  http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 足が腫れたあとにコルヒチン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コルヒチン 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

足が腫れた!

つまり、痛風発作が発症してしまってから、慌てて
コルヒチンを飲む。

これは・・・効果は全く(といってもいいほど)ありません。


コルヒチンという薬は、
痛風の発作が起こりそうな直前、いわゆる、
痛風の予兆、あるいは痛風の前兆のときに
飲むと、痛風発作を発症させずに治める効果があるのです。


痛風の予兆?
痛風の前兆?


仮に、左足の親指の付け根の関節に
遠からず痛風発作が起こりそうなときは、
その場所、すなわち、患部がムズムズしたり、
ピリピリしたり、チクチクしたり・・

言葉で表現するのは難しいですが、要するに
なんらかの違和感を感じることがあるのです。

必ず、感じるわけではありません。
感じる「ときも」ある、ということです。


痛風発作が起こってしまって、足が腫れあがり、
患部が赤黒く変色して発熱して、激痛で のた打ち回る!

こんなときに飲むのは、ロキソニン(後発品はロキソプロフェン)や
ボルタレンなどの痛み止めの薬であって、
コルヒチンじゃありません。

コルヒチンを飲んでも無意味なので、飲まないでください。



痛風発作が治まったと思ったら、すぐに再発する



本当は痛風発作などの症状が起こると、
病院へ行って医師の先生の指導を受けるのがベストなハズなのですが、
痛風発作というものは、やっかいなもので、
たいていは、夕食後とか、夜中とか、明け方とか
病院が閉院している時間に起こる場合が多いのです。

で、翌日なら病院に行けるかというと、
痛みのあまり、歩けなかったりしてね。
とうてい、病院まで自力で辿り着けそうにありません。

結局、頼れるものは自分だけ、なんてことになったりします。


そもそも、コルヒチンという薬を所持していること自体、
痛風発作がはじめてではないのでしょう。

この、コルヒチンという薬は、病院の処方箋が必要ですからね。
つまり、病院の医師の先生に診察をうけて、
処方してもらわないともらえない(買えない)薬なのです。





|★ 痛風 薬 コルヒチン
└───────────────────

コルヒチンは、とてもキツイ薬です。
副作用も心配です。

病院によっては、コルヒチンの処方は古い、
と考えている医師の先生もおられるようです。


う〜ん、まあ・・ねえ。
わからなくもないですけど。

でも、コルヒチンをなるべく飲まないようにした方が良い、
という考えには私も賛成です。


私も長年、痛風発作のたびにコルヒチンを服用して、
痛風発作の難を逃れてきましたが、
あるときから、一切、飲むのをやめてしまいました。

もう、一生涯、このコルヒチンという薬は飲みたくありません。


はじめは、この薬の怖さとか、わかんなくて、
痛風発作を未然に防いでくれる「神のクスリ」みたいに
思っていたんですけどね。

大きな勘違いだとわかったのは、
10年くらい経ってからでした。


痛風発作を未然に防ぐ、ということは、
痛風発作の原因を消滅させた、ということではないのです。


「痛風発作を封じ込めた」だけ。


封じ込めた痛風発作は、いつか大爆発を起こして、
当人に死ぬような思いをさせるハメになります。



神の薬では なかった、ということでしょう。



━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 薬 | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ