痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風には「玉ねぎワイン」いいですか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 玉ねぎワイン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

玉ネギには「ケルセチン」「硫化アリル」などの
体に良い成分が満載です!


・・・って、満載といっても
「ケルセチン」と「硫化アリル」だけですが。


「ケルセチン」は、主にタマネギの皮に多く含まれている成分で、
抗酸化作用を持つポリフェノールのこと。

抗酸化作用だけでなく、動脈硬化を予防したり、血糖値を下げたり、
コレステロールも低下させたり、おまけに抗炎症作用まであるって?

「硫化アリル」ってのは、あの有名な「血液サラサラ効果」ですよ。
たまねぎ食べて血液サラサラ・・ってのは、
それは「硫化アリル」のおかげなんだ、とか。


で・・・
この、二大有名どころの(健康を驀進させる?)
成分を含有する玉葱!

この玉ネギに赤ワインを注ぎ込んで出来たものが・・・

そうなんです!
玉ねぎワインなんですっ。



・・・・って、要するに
ワインに玉ネギを入れただけ、ね?

(正確には、玉葱にワインを漬け込んだ、という感じです)

 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

痛風 フェイタス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェイタス 痛風
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「フェイタス」というのは、久光製薬が発売している湿布薬です。

いえ、塗るタイプとか、いろいろ種類があるので湿布薬とは
限りませんが、フェルビナクを主成分とする鎮痛消炎剤ですね。


で、この「フェイタス」。
痛風発作に効果があるのか、どうか・・・ですが。

痛みを緩和してくれる、ある程度の効果は
期待できるのではないでしょうか。

特に「フェイタス」と似たような名前ですが、
「フェイタスZ」という商品もあるんです。

この「フェイタスZ」ってのは、
主成分が「ジクロフェナクナトリウム」ですからね。

この「ジクロフェナクナトリウム」ってのは何か、というと、
「ボルタレン」の主成分と同じなんですよ。
つまり、最強クラスの鎮痛消炎効果が期待できる、ということ。

痛風発作の激痛で死ぬほど痛い思いをしているとき、
思わず、手を伸ばす痛み止めの薬が(一般的には)ロキソニン。

ロキソニンも中々、効果的な消炎鎮痛剤なのですが、
なにせ、痛風発作は激烈すぎて、ロキソニンでも
痛みが少しは和らいだ程度でしかないことが、しばしば。

そこで、
ロキソニンより強力なボルタレンを入手したいところなのですが、
ボルタレンはロキソニンと違って、病院で医師の処方箋が必要な薬剤。
(ロキソニンも、ほんの数年前まで、そうだったんですよ)


こんな足の痛いときに、
病院まで歩いて行けるか!



天井に向かって叫んでみても、
病院が建物ごと、飛んで来ればいいですが、
叫んだ振動で足に響いて、痛みが倍増するのがオチ。


ボルタレンが入手できない!


でもね。
「フェイタスZ」なら市販されているのですよ。

ボルタレンの主成分と同じ「ジクロフェナクナトリウム」を含む、
「フェイタスZ」なら、ね。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風くらいでウイスキーをやめられるか!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウイスキー プリン体
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ウイスキーはプリン体の含有量が少ないから、
いくら飲んでも尿酸値は上がらない」

「ウイスキーはビールと違って、いくら飲んでも
痛風は出ない」

「ウイスキーは健康に良く、飲めば飲むほど痛風を改善する」



諸説・怪説、いろいろありますが、どれもマチガイ。
いえ、「ウイスキーはプリン体の含有量が少ない」ってのだけが、
正しい・・かな?

でもね。
プリン体の含有量は少なくても、
ウイスキーを飲みすぎると尿酸値は上がりますし、痛風発作も出ます。

プリン体が多い少ない、の問題じゃないんですよ。

ウイスキーに限らず、全てのアルコール飲料は、
体内に摂取されて分解されて代謝されると、
飲む量が多ければ多いほど、多くの尿酸を生成して、
結果的に尿酸値が上がります。

また、アルコール飲料を飲めば、乳酸という物質が作られ、
その乳酸が腎臓に溜まって、尿酸の排泄を阻害するので
血中尿酸濃度が上がるので、これまた、尿酸値が上がります。



しかーーーーーーーーーーーーーーし!



だから、といって、

「人生から
  ウイスキーを取り上げよう、というのか!」


 

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】

伊藤園「黒酢で活性」を飲んでみた!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
伊藤園 黒酢で活性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「黒酢」が体に良い、というのは定番ですが、
また「黒酢」は酸っぱく、飲みにくい、おいしくない・・
というのも定説です。

で、その「体に良いが、おいしくない」黒酢を、
いかに「おいしく飲みやすい黒酢」を作って売るか、
というのが、メーカーの腕の見せ所です。
っていうか、それで売上の全てが決まる、と思います。

とか、言ってもねえ。

ぶっちゃけ、「体に良いから」という理由で
黒酢を飲み続ける人は少ないんじゃないか、という気もします。

たいていは、黒酢がダイエットにいいから、とか。
美容にいいから。お通じにいいから、とか。
(知らんけど。そんな気がする)


痛風の場合は、どうなのか。

痛風の人で黒酢を飲もう、などと思う人は、
きっと「尿酸値が下がる」と思って飲むはず。
(知らんけど。たぶん)

で、実際は、どうなのか。
黒酢で尿酸値は下がるのか・・・と言うと、

「黒酢を飲んだら、あら、不思議!
  あんなに高かった尿酸値が嘘のように下がったよ!」

・・・なんてことは、ない、と思います。
絶対に。
黒酢に即効性みたいなものは期待できないかな、と。


むしろ、長期的に黒酢を飲むこと、飲み続けることによる、
「体質改善」ですね。
こっちの方なら、ある程度、期待できるんじゃないか、と
思います。

昔から「お酢は体に良い」と言われているのは伊達じゃない、と。

» 記事の続きを読む

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ