痛風 東洋医学 | 痛風 ねこきち

[ スポンサードリンク ]

痛風は気の病

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風は、気の病(きのやまい)?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「痛風は気の病」とか言うのは、漢方医学(東洋医学)だけです。


近所の病院へ行って、
医師の先生に「痛風は気の病だから・・」なんて言おうものなら、
次の患者がたくさん待っているんだから、とっとと帰れよ、
という雰囲気になるような気がします。
(言う、度胸はないので黙っています)


西洋医学では、痛風というのものは、
プリン体の多い食品の摂りすぎだとか、体内で尿酸を多く作られすぎている、
あるいは、尿酸を排泄する能力が弱いとか、水分不足で血中尿酸濃度が高いから、
などと考えられてます。


気(心や気持ち)などとの関連は、まったく眼中にありません。



私は、どっちも正しいんじゃないかと考えているのですが、
それでも他人にこのことを言うと、一笑に付されるような気がします。


そんなもん、関係あるわけねえだろ、と。



痛風になりやすい体質の人(痛風体質)には、
「緊張しやすい人」が多いそうです。


緊張?



つまり・・
何か物事があるとき、それは何日も先の話なのに、
どうしよう、うまくいかなかったらどうしよう、と気に病んでみたり。


あるいは、人と話すのに緊張しがちだったり。


責任感が強すぎて、失敗したら自分を必要以上に責めたり。


また、心配事が多かったり(心配しすぎ)、真面目すぎたり、
くよくよしたり、悲観的だったり、話す内容がネガティブだったり。


こういう、マイナス思考的な考え方をするのは、
生まれつきのせいではなく、実は・・・


「腎(じん)」が弱かったり、
腎(腎臓・副腎)に負担がかかっている場合が多いのですが、
当人は、生まれつきの性格だと思い込んでいたりします。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風の人の弱点は、腎臓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風は長年のうちに、
腎臓が弱ったり、悪くなってしまったりすることはありますが、
もともと、腎臓が弱い(腎虚)ため、痛風になりやすいのかもしれません。


腎が弱っていると「不安・恐れ」などを感じやすいのです。



たしかに、痛風というのは、
尿酸が多く作られすぎている、そして尿酸を排泄するチカラが弱いから、
痛風になるのですが。



人間の体というものは、いろいろとフクザツに出来ていて、
内臓の不調や弱りが、心因性にも影響を与えます。



さきほどの、痛風の人は「緊張しやすい性質(タチ)」というのがありましたが、
緊張すると、体内の血管が収縮して「血流が悪くなりやすく」なるのです。


すると、内臓の血液不足にもなり、腎臓への血液も足らなくなってきて、
腎臓の尿酸の排泄力も低下します。


いろいろと関係あるのですよ。



ところで。


その・・そもそも、なんで「緊張する」のか?


それは、ね。



『生まれつき』そういう体質なのです。



あれえ?


さっき、性格は必ずしも生まれつき、とは限らない、
と言ったのでは?



でも、腎臓が弱点だったりするのは、生まれつきの体質です。


痛風の人、誰しも腎臓が弱いとは限りませんが、
そういう人が多い、という話。



で・・


「生まれつき」なら、もう、どうしようもないのか?



ところが、そうでもないらしく、
緊張しやすいタチでも、年をとってくると、
だんだん大雑把というか、アバウトになってきて、
あまり緊張しなくなるそうです。


年をとってくる、って・・
それって、何歳の話?



緊張の反対は弛緩ですが、
弛緩って・・・一日中、弛緩していたら、
なんだか、認知症になりそう。



だから、痛風の人は、
認知症にならない、とか、なりにくい、とか。

 


痛風の人は 認知症にならない?


 


ホントかなあ・・・・???




━・‥…━・‥…━・‥…━
『痛風 ねこきち』
http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風の人が冬に気をつける、3つの注意点とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 冬でも痛風発作は、デる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風の人が・・というわけでもないのですが、
地域にもよりますが、びゅうびゅうと北風の寒い季節なので、
風邪を引かないように、睡眠を充分にとって
体を温かくしておくことが基本的な冬対策です。


今日、知り合いの人に聞いた話ですが、
テレビのニュースでは、世間の景気の良い話ばかり(上場企業など)が
報道されていますが、場末の中小・零細企業の現況は厳しいです。

その人の会社は、大きな会社ではありませんが、
海外の工場で商品を作らせて仕入れをしているので、
仕入れ価格に為替の変動の影響を大きく受けるのです。

そのせいか、近年、会社の業績が悪く、この寒いのに
なんと・・社内の暖房をストップしているそうです。

で・・社員のみなさんは震えながら仕事をしているらしいのですが、
社長が、みずから暖房を止めているので、誰も文句が言えないのだ、とか。

ああ、社長さん。
なんてことを!

いくら経費節減といっても、社内に暖房は必要でしょう。
社員、全員が事務所の中で(室内にいるのに)風邪、引いちゃいますよ。

会社の事務所内にいるのに、全員がコート姿とは、これ如何に!?

得意先とか、対外的にヘンな噂が立っちゃいますよ!


う〜ん・・キビシイです。
本当に世の中、好景気なんですかね???

で・・そんな寒いとき。
この寒い季節。

「関節を温めていると良い」と言われています。



|■ その1“関節を冷やさないようにする
└──────────────────────────────

首。手首。足首。
これらの関節を温めているだけで風邪を引かない”とも。

なんで関節を温めると風邪を引きにくいのか?

関節は冷えやすいからです。
冷たいからです。

筋肉は特に温めようとしなくても、動かすと熱を持ちます。
これは筋肉中にたくさんの毛細血管があるので、
その熱で血液が温まって、その血流が良くなって全身を巡ります。

ところが、関節はよく動かす箇所で、動かしやすくするため
関節周辺には、ほとんど筋肉が付いていないのです。

で・・関節は冷えやすい、と。

この、冷えやすい関節は、同時に痛風発作が出やすい箇所でもあります。

といっても、痛風発作が出るのは、もっぱら足の関節が多いですけどね。

基本的に心臓に近い箇所は血流も多いので、
あまり痛風発作は出ません。
心臓から遠い、末端の関節などに結晶化した尿酸が溜まりやすいです。

痛風発作が発症するシーズンというものがあって、
圧倒的に多いのが「夏」。
一般的に、6月〜8月頃かな。

でも、次に多い季節が年末年始なのです。

夏場に痛風発作が多いのは、暑さによって汗を多くかきすぎて、
体内が水分不足になって(トイレにいく回数が減るので)
尿酸のハイセツが減って、尿酸値があがることが主な要因です。

ちなみに、このトイレの回数というのは、
尿酸は、尿と一緒に(尿に溶けて)排泄されるのが大半だと
いうことに起因しています。


けど、年末年始の場合は、いわゆる暴飲暴食が原因ですね。
飲み会、宴会が多いですし。

飲み会、宴会を片っ端から断っていたら、人間関係が悪くなりそうですが、
顔は出すけど、飲みすぎと食べすぎは自分でブレーキかける、など
当人が、自分の体を守っていくようにするしかないです。



|■ その2“足の裏を冷やさないようにする
└──────────────────────────────

足の裏には、腎(腎臓・副腎)のツボが集まっていると言われています。

冬場は、特に手足が冷たくなりやすい季節です。
なるべく、足の裏も冷やさないようにしておきたいです。


痛風発作じゃないのに、足の裏が痛い


ほら、昔から「頭寒足熱」とか言うでしょう?
昔から言い伝えられている言葉には、意味があるのです。

靴下を履く。
それでも足が冷たきゃ、二枚重ねてクツシタを履く、とか。
コロコロになって、靴が履けなくなるで、
家の中、限定になりますが。

手っ取り早く、足が温まる方法は「歩く」のが良いです。
筋肉を動かす、ということ。

あと、足の裏を揉む、とかね。
ツボの刺激も出来て、足裏も温まって
一石二鳥かも。



【土踏まず楽】[勝野式 足の裏のMOMI×2(モミ×モミ)左右組]着けるだけで足裏集中ケア手もみ...


|■ その3“お腹を冷やさないようにする
└──────────────────────────────

屋外は寒くても、部屋の中は暖房などの空調が効いていて、
ぽかぽかと暖かい場合が多いです。

(私の知り合いの人の会社の事務所のように、例外もアリ!)

部屋が暖かいなら、冷たい飲み物もOKですが、
なるべく温かい飲み物を飲んだほうがいいです。

冷たい飲み物、冷たい食べ物(アイスクリームなど)は、
できれば止めた方が良いです。

お腹が冷えると、胃腸など内臓の機能が落ちるので、
体は内臓を温めて機能を維持しようとします。

どうやって、内臓を温めるの?

血液を内臓に集中的に集めるのですよ。
血液って、あたたかいですから。

ですが、内臓に集結した血液のせいで、
手足などの末端は血液不足になりがちです。
と、いうことは「手足が冷える」と。

手足、冷たくないですか?

たださえ、寒い季節にますます、手足が冷えてしまうのです。

手足の関節が冷えると、尿酸結晶が溜まりやすくなり、
痛風発作のリスクは上がります。
たぶん、当分は出ないでしょう、冬場は。

でも、じわりじわりと蓄積していく尿酸結晶は、
積もり積もって夏場に爆発する可能性が高いです。

来るべき夏に苦しまないよう、冬に足の関節に尿酸結晶を
なるべく溜めないように気をつけていくのが望ましいです。

あと・・ビールですね。

ビールが痛風に良くないのは、アルコール飲料そのものが
尿酸の生成を促進させるのと、作り出される乳酸が
ビールの分解により増産されて、腎臓などに溜まってくると、
尿酸排泄する力が低下するから・・なのです。

ですが・・・
人間は機械じゃないので、痛風に良くないから禁酒しなさい、
はい、そうですか、と次の日からキッパリ止めたり できません。
(できる人もいます)

で。
どうしても飲むなら、温かいものを。

つまり、ビールじゃなくて、日本酒とか。
熱燗、ですね。
ホットウイスキーとか。

風呂上りとか、夏でも冬でもビールはおいしいですが、
体の外(表面)が温かいから、といって、
体の内(内面)もあたたかいとは限らないです。

ビール党の人は、夏でも冬でも麦酒が好き、という人が
多いですが、(できる人は)季節に応じて
飲むモノも変えていくほうが、体のためには良いです。


要は、カラダは 冷やさないほうが良い、という話です。




腹巻きなら日本製 腹巻(日本製)腹ロール【メール便対応】日本製 保温素材腹巻き・腹巻・腹...


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/
 
【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

通風の人は何故水分をたくさん取らないといけないのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風の人は水分を多く飲まなきゃいけない?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“痛い”という言葉を使いたくないので、
もしかしたら、わかっていてワザと使っているのかもしれませんが、
「通風」ではなくて、正しくは「痛風」です。

さて、そんなことより、

「痛風の人は、なぜ
 水分を・・たくさん、とらないとイケないのか!?」
 

はしょって言うと、尿酸を少しでも多く、体外にハイセツするためです。

どういうことなの?

痛風に、なんでなるのか、といえば、
体内で作られる尿酸の量と、体外に排泄される尿酸の量が
バランスが取れてさえいれば、それでうまくいくハズなんです。
つまり、痛風になんか、ならないのです。

痛風になりやすい体質の人(痛風体質)は、
体内で尿酸を多く作り過ぎる体質であるか、あるいは
尿酸の体外への排泄するチカラが少し弱い体質の人。
もしくは、その両方を兼ね備えている人なのです。

いくら、少々、体内で尿酸を量産する体質であっても、
それに見合うだけの量産排泄量があれば問題ないはず。

この、バランスが崩れているわけです。

じゃあ、どうすればいいの、ということで、
それこそ、食事とか飲酒とか運動とかストレスとか・・
いろいろな要因が絡んでくるのですが、
とりあえず、たくさん尿酸を排泄すればいいんじゃないの、と。

で、尿酸はどうやれば多く排泄するのかというと、
大半が尿に溶けて、尿と一緒にハイセツされるのです。

尿、なんですよ。

大半、というと、それ以外は何?
というと、便とか、そういうものと一緒に排泄されるわけです。

でも、大部分が尿に溶けて「尿と一緒に尿酸が排泄される」なら、
尿をたくさん出せばいいんじゃないの、という発想です。

じゃあ・・
尿を出すには、どうやれば?

飲めばいいんですよ、水を。

で・・・
痛風の人は、なぜ水分を・・たくさん、とらないとイケないのか!?
→たくさんの尿を出すため、というわけです。

一説には、1日に2リットルの尿を、などと言われますが、
2リットルの尿を排泄するためには、普通に考えると、
少なくとも2リットル以上の水を飲まねばなりません。

水分というのは、単に水やお茶を飲むだけではなく、
食事にも水分は含まれますので、単に2リットルのペットボトルを
目の前にデ〜ン、と置いて、ごくごく飲まなきゃならない、
というわけでもありません。

しかし、夏場なら ともかく
なかなか、1日2リットルの水を飲めませんよ。

それにね。
水を飲みまくれば良い、というものでもないのですよ。

腎臓は、カラダの中で濾過を担当していますが、
あまりにも体内に多くの水分が入ってくると、
腎臓に負担がかかってしまいます。

普通、喉が渇いたら飲む、程度でいいのです。

喉が渇いていないのに、別に飲みたくないのに、
がぶがぶ水を飲んでみた経験はありませんか?

なんか、ちっともおいしくないし、
お腹は重たいし、なんか気持ちが悪い感じでしょう?

体が必要以上の水分を求めていないんですよ。

そのことから考えると、飲みたくも無いのに(特に冬場とか)
毎日2リットル以上の水を無理やり飲み続けるのが
あまり望ましいとは思えません。

要は、尿酸を多く体外に排泄すればいいのでしょう?

水を多く飲めば、たしかに尿量は増えるでしょうが、
尿酸が多く溶けているとは限らないかもしれませんよ。

同じ水を飲む、といっても、冷たい水を飲んだりしていませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● お腹は冷やしてはイケない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


冷たい水は、お腹を冷やします。
すると、体の中に入ってきた冷たい水は「胃を冷やす」ので、
体は胃腸の機能を落とさないために、体の血液を
胃に集めて、あたためようとするのです。
血液は、あたたかいですからね。
(これを「胃熱」といいます)

胃腸に集結された血液ですが、血液量は無限にあるわけではなく、
一箇所に集中されると、他がおろそかになります。

一番、おろそかになりやすいのは、
心臓から遠い、手足などの末端です。
つまり、手足の「冷え」が起こります。

手足が冷えると、どうなるのか?

尿酸が血液中に過剰なとき(つまり、尿酸値が高い状態)
体内の比較的、冷たい関節などに尿酸が結晶化して
蓄積していくので、手足(特に足先)に痛風発作が起こる原因が
できやすくなったりします。

ついでにいうと、
体温37度以上の人と、体温37度以下の人では、
血液中の尿酸の溶け具合が違うのです。

すなわち、
体温37度以上の人 → 血液中の尿酸は、溶けやすい
体温37度以下の人 → 血液中の尿酸は、溶けにくい

痛風になる人は、低体温の人が多いといいますが、
理由があるのです。

人間誰しも、というか、たいていの人は
子供の頃は体温が高く、大人になるにつれて、
体温は低くなりがちです。

痛風改善に「運動、運動」といわれるのは、
継続的な運動が体温を上げる効果もあるからです。
肥満防止ばかりが脚光を浴びていますが、
そういう隠れた効果も見逃せません。

たとえば、「歩く」だけで
体温は上がりますが、1日だけ歩いたって、
すぐに元に戻ります。

毎日、ほぼ毎日、継続的に
軽い運動でもいいから、続けていくことが
長い目でみれば、体温上昇であったり、肥満解消であったり、
ストレス発散であったり、いろいろな意味での
痛風改善に繋がるのだ、と思います。
 

痛風 鍼灸治療は体質改善に効果あるけど、こんな方法も おススメ
 


だんだん、話がそれてきましたが・・

尿をたくさん出す、という話でしたね。

ついでにいうと、
尿酸は尿に(大部分が)溶けて、尿と一緒に
排泄されますが、尿がアルカリ性に少し傾いていると
溶けやすいです。
逆に、酸性に傾いた尿、つまり、
酸性尿だと溶けにくくなります。

これは、食事に関係してくるのですよ。

食事といえば、プリン体のことばかりが
騒がれていますが、それだけじゃないんです。

たとえば、毎日、豚カツ、牛丼、カツ丼、ビーフカレー、
ハンバーガーのようなものばかり食べて、
野菜や海藻、酸っぱいものをまるで食べないと、
だんだん酸性尿に傾いてきます。

こういう状態で、
1日、2リットル以上の水を飲んでいるから、
大丈夫、と思っていても、案外、自分が思っているほど、
尿酸は体外に排泄されていないかもしれませんよ?

痛風は、遺伝などの体質が与える要因が大きいですが、
それだけではなく、生活習慣病といわれているのには、
それなりの理由があるのです。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 性格

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風になりやすい性格がある?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風になりやすい性格というものがあり、
痛風の本には、以下のような内容の記述があったりします。

--------------------------------
責任感が強く、真面目で仕事熱心。
活力に溢れて、自己主張も強い。
行動力があって、物事に積極的。
--------------------------------

・・・上記のような人が
痛風になりやすい人の特徴、だそうです。

ホントかなあ?
 

まあ・・たしかに、昔は「帝王病」だとか言われていましたしね。
と、そんなことは、ちょっとコッチへ置いておいて。

人間の体と心は、全然関係ないようで、多いに関連があります。

たとえば、体調を崩して入院したりすると、
なんとなく、弱気になったりするでしょう?

不調なときは、なんとなく、気持ちまで元気がなく、
スッキリしなかったりします。

性格というものは、みなさん、持って生まれたものだ、
生まれつきのものだと思っておられる方が多いかもしれませんが、
案外、生まれつきの体質が性格に影響を与えているのかもしれせんよ?

東洋医学(漢方医学)では、腎(じん[腎臓・副腎など])が弱ってくると、
体だけではなく、性格・精神状態などにも影響があると考えられているようです。
腎虚(じんきょ)と、いうのですが。

具体的にいうと、ささいなことでもクヨクヨしたり、
つまんないことを気にしたり、やたらと心配性だったり、
失敗したときのことばかり考えていたり、要するに
「マイナス思考」ってヤツですね。

腎が弱ると、こういうふうになるのです。


痛風 心臓疾患


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風といえば、腎臓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風では、腎臓が弱点です。

病院では西洋医学ですので、腎臓に関しては
濾過や排泄など、機能的なことが第一で
心との関係などはあまり重要視されていないようです。

ながく痛風で苦しんでいると、だんだん
年々、腎機能が低下してくる可能性もあります。

つまり、そのとき、腎の弱りが
性格や性分にも影響が出ているかもしれない、という話です。

冒頭の、責任感が強くて、積極的でバイタリティがあって、
真面目で活動的で仕事好き!

・・・というふうな痛風の人のイメージとは、
だいぶん、違っていますね。

思い当たる点は、ありませんか?

さて、その対策です。

マイナス思考なら、プラス思考を心がけよう、とか、じゃなくて。

胃腸を良くする基本は、温めることです。
中からも外からも冷やさないこと。

冷たいモノをあまり飲まない。
お腹まわりはあたためておく。
お腹を冷やさない。

胃腸?

だれが、お腹の話なんかをしろ、と?

いえ、実は「腎」は、胃腸と関係があるのです。

いっけん、まるで関係ないようですが、
腎を良くするためには、胃腸を整え、良くすることが基本です。

・・と、まあ、
そんなことをいっても、お腹を温めたくらいで
腎臓の不調が改善されるのかどうかは、どうもピンときませんが・・

でもね。
だんだん、年をとってきて、
なんか、このごろ、考えが後ろ向きだなあ、とか。
クヨクヨとマイナス思考ばかり浮かぶなあ、と思っている人がいるなら。

もしかしたら、年齢のせいなんじゃなくて、
腎臓が弱ってきているのかもしれませんよ?
 

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 心臓疾患

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風で心臓が悪くなる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


痛風で長期にわたって尿酸値が高いまま(高尿酸血症)、
放置しておくと、いずれは恐ろしい合併症を起こし、
高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす原因
となる場合もあるので、できるだけ早く治療を開始して、
つまり、薬を飲みましょう、当院が薬を処方しますから、
というのが病院側の言い分です。

ああ、心筋梗塞になってしまったら、どうしよう!?

とか、夜も眠れないほど、あまり心配しない方がいいですよ。
 

人間、最後は誰しも心臓が停止して、死にます。
(脳死したけど、心臓だけ動き続けている場合もありますが)
これは自然の摂理ですから、仕方のないことです。

そして、人は年々、体力が衰えて、細胞が老化していきます。
体のあちこちにだんだんガタがきて、
どこか悪くなってきます。
それも同様に仕方のないことなのです。

だからといって、尿酸値が高いまま、放置しておくのは
望ましくありません。
たしかに、前述のように、将来の合併症の呼び水になるかも
しれませんしね。
なんとか、少しずつでも尿酸値改善に努めていかなければなりません。

さて、
心臓が痛くなった経験は、ありませんか?

きゅう、と締め付けられるような感じだったり、
ずきん、と急に痛みが来たり。

ああ、狭心症じゃないだろうか。
心臓が痛い!
心筋梗塞かも!?

心臓が痛いからといって、必ずしも、
心臓が悪いとは限らないのです。

心配ならば、一度、大きな病院に検査に行くのも
良いかもしれませんが。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 心臓は精神的な影響を受けやすい臓器
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人間の体というものは、いっけん、全く関係ないようですが、
「心」と「体」が大変、密接な関係があります。

心臓という臓器は、特に精神的な影響を受けやすい臓器なのですよ。

「勤めている会社が倒産した」
「家族が入院した」
「借金で破産の危機」
「親友が死んだ」
「自動車事故で加害者になってしまった」

こういう出来事を経験すると、
心臓が痛み出したりすることがあります。

これは、強烈なストレスを受けると、
体が緊張して(交感神経優位というのですが)
血管が収縮します。

この状態が長く続くと、心臓へ血液を送る血管も収縮します。

それじゃ、まずい。
いくらなんでも、これじゃあ、マズイ、ということで、
体はその血管を広げようとするのです。

これを「副交感神経反射」といいます。

そのとき、無理に血管を広げようとするので、
そのときに心臓に痛みを感じるのです。

心臓が痛いと、誰しも
心臓が悪くなったのじゃないか、と心配になりますが、
本当は心臓が悪いのじゃなくて、
心臓が痛くなる“前が悪い”(つまり、何らかの原因がある)
のです。

本当に心臓が悪い(心臓疾患)場合と違う点は、
これらの深刻な心配事が解決すると、
嘘のように心臓の痛みは、治ってしまう、というところです。

あと、痛風の場合は腎臓が弱点の人が多いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 腎臓も精神的な影響を与える臓器
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東洋医学(漢方医学)では、腎臓のことを
もっと大きな範疇で、副腎などもひっくるめて、
腎(じん)といいます。

腎が弱いから、痛風になるのか、
痛風になったから、腎が弱っているのかは、
ニワトリが・・・みたいでよくわかりませんが。

腎が弱ると、精神的な影響を心に与えます。
つまり、考え方がネガティブになったり、
クヨクヨしたり、悲観的になったり、とか。

これは、悲観的なのは、自分のうまれつきの性格だから、
と思っていたりすると、腎が改善すると、
後ろ向きだった考え方が変わってきて、
もっと前向きな考え方をするようになったりするそうです。

腎(腎臓・副腎)は、体の機能面だけではなく、
精神面にも影響を与えます。


ストレスで痛風発作が出ることはある?
 

だから。
心筋梗塞になるんじゃないか、とか、
痛風の合併症になってしまうんじゃないか、とか、
たしかに尿酸値を下げる努力や生活習慣の改善は必要ですが、
あまりにも気にしすぎたり、心配しすぎたりするのは、
かえってよくない、ということです。

本当に調子悪くなっちゃいますよ。
心配のし過ぎが原因でね。

もし、心臓が痛み出してきて、気になるようでしたら、
病院に検査に行けばいいですが、
検査したものの、心臓は何も悪くなく、
原因はなんだか、よくわからない・・・とかいうのは、
良く聞く話ですよ。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 灸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 尿酸値と内臓は関係があるの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

痛風改善といえば、尿酸値さえ下げればよい、という雰囲気があります。

って、まあ、尿酸値さえ下がればいいのですけどね。

ですが、尿酸値という「数値」はあくまで目安であり、
『内臓の調子を整える』ということが、
人間が健康で生きていくための指針でもあります。

つまり、いくら尿酸値が下がっても、内臓がヘロヘロじゃダメよ、と。

んなこと、関係あるか。
尿酸値さえ下がれば痛風発作は出ないでしょ?
なら、いいじゃん。

たしかに尿酸値が低い水準に維持されていたら、
痛風発作は出ません。

ですが、痛風に関連がある“食事”は食道を通って、
はじめに「胃」に入ってきますし、
肝臓でプリン体が代謝されて、尿酸が生成され、
腎臓で濾過されて排泄されます。

また、尿酸の大半は尿からハイセツされますが、
少しは腸から便として排泄されることもわかっています。

全部、痛風と「内臓」は関係あるのです。

昔から、五臓六腑といいますが、
内臓の調子を整えることが、痛風対策の基本でもあります。

そんなことを言う人はあまり聞いたことないのですが、
ホントなんですよ?

で、対策って具体的にナニをするの?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 痛風のための、内臓改善には何をするの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


特に、コレ、というものは何もありません。
まったく、スルことは、今まで通り。

つまり・・

夜は早く寝る。
充分に睡眠をとる。

腹八分目にする。
満腹まで食べない。

肥満に気をつける。
太りすぎの人は、少しでも痩せる。

ストレスで、ぶっ潰れないように気をつける。
楽しいことをする、好きなことをする時間をつくる。

アルコール飲料は禁酒。
無理なら、できる範囲で少し減らす。

運動をする。
歩くだけでも良し。

ストレッチをして血流を良くする。
特に股関節などの下肢。

・・・・・・・・・など。

えっ?
ありきたり?

う〜ん・・たしかに。
もう、語り尽くされたような注意事項ばかりです。

それ以外に、私は「お灸」というものを実践しています。

おきゅう?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● お灸がどうして痛風に効果なの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お灸というのは、いわゆる漢方療法ですが、
お灸が痛風に効果だといっても、どうせ
誰も信じてくれないだろうし、興味もないと思うので、
駆け足でぶっ飛ばします。

体にはツボというものがあり、それは内臓の状態を写し出す、
反射鏡のようなものです。

内臓の不調で、
その反射鏡であるツボが、硬くなったり痛くなるのであれば、
逆に、そのツボをほぐしてやれば、内臓の不調も改善・緩和されるのではないか
というのが「ツボ健康法」の基本的な考え方です。


痛風 鍼灸治療は体質改善に効果あるけど、こんな方法も おススメ
 

具体的な痛風に効果的なツボで主要なものは、以下↓

----------------------------------
照海(しょうかい)→ 腎臓のツボ

(右手の) 合谷(ごうこく)→ 副腎のツボ

足三里(あしさんり)→ 胃のツボ

太衝(たいしょう)→ 肝臓のツボ
----------------------------------

こんなこと書いてもピンとこないでしょうけど、
とりあえず先へ進みます。

これらのツボに“お灸”をするわけですが、
お灸には「間接灸(かんせつきゅう)」と「直灸(じかきゅう)」があります。

一般に言われる“お灸”というのは、間接灸を指すことが多いように思います。

お得でリーズナブルな価格の「のりなしタイプ」です 【ファロス(PHAROS)】【ファロス(PHAROS)】...

いっけん、紙管のように見えますが、内部にモグサ成分があり、
これを燃やします。
紙管の先はシールや糊(のり)で皮膚のツボの箇所に、簡単に乗せる(貼る)
ようになっています。

なんで、こんなことをするのか?

皮膚とモグサが直接、接触せずに「熱だけが伝導」するように
させるため、です。

つまり、皮膚に傷痕を残さないためですね。

この、間接灸はしばらくすると熱くなくなるので、
取って捨てます。

効果は一時的かもしれませんが、たしかに一定の効果はあると思います。

一方、それに比べて、
直灸(じかきゅう)ってのは、直接、肌(ツボの箇所)の上にモグサを置きます。
そして、直接、もぐさに火をつけるのです。

ひえええ!

そんなことをしたら!?

慣れないうちは、飛び上がるほど熱いですが(皮膚を燃やすので)
大丈夫、すぐに慣れますよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 直灸(じかきゅう)って・・・マジ!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この直灸ってのは、はじめのうちは
水ぶくれ(ヤケドなので)ができて、それが治ってきたと思ったら、
今度は瘡蓋(カサブタ)になって、そのカサブタが取れたと思ったら、
その部分の皮膚が膜のように薄くなっていて、その薄くなった上に
またモグサを置いて皮膚を燃やすのです。

それって・・マゾ!?

なにかの拷問ですか??

人間には、自然治癒力というものがあって、
この直灸でデキた傷を、体が治そう、治そうとするのですよ。

この「治そう」というチカラが刺激となって、
ツボの箇所を『24時間刺激し続ける』のです。


つまり、起きている間も寝ている間も
ツボを刺激し続けてくれるのです!



これが、まさに 直灸(じかきゅう)の真骨頂。

間接灸には、これがありません。

たしかに間接灸のほうが手軽だし、
痛くないし、熱さもたいしたことがないし、
傷痕も残らないし、いいことばかりですが、
肝心の効果のほどは、といえば、

直灸(じかきゅう)の効果の方が 絶大です。

ですが、女性には全く勧められません。

ヤケドの跡に似た、汚い跡が残りますので。
(一年経っても消えないこともあります)

男性になら、おススメかというと、やっぱり
あまり勧められません。

なんで?

お灸の跡が、自分の手足に ずっと残るのですよ。
気にしない人ならば、それもいいのですが。

他人から見ると、お灸(直灸)の跡は、
「昆虫の目玉」のように見えるらしいですよ (涙)。

 

・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風 鍼灸治療は体質改善に効果あるけど、こんな方法も おススメ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 鍼灸治療が癌に効果がある、こんな理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鍼灸(しんきゅう)治療というのは、
体質改善や健康増進に効果があるのですが、
がん患者の方も大勢、鍼灸院にいらっしゃいます。

病院の先生が、匙(さじ)を投げたような患者の方もおられるそうですが、
藁にもすがる思いで鍼灸院に来院されているのでしょうね。


ハッキリ言って、おそらく、
鍼灸治療では癌は完治しないと思います。

ですが、癌の進行を遅らせたり、がんの痛みを緩和させたりすることは
充分に可能です。

だから、遠方から、どこから探してきたのか、
病院ではなく、鍼灸院へやってこられるのです。

具体的に、どういうことなの?

鍼灸治療を受ける前と、受けた直後の体温を測ります。

すると・・鍼灸治療を受けた直後には、
体温が上がっているのですよ。

いわゆる、鍼(はり)治療と、お灸だけ、ですのにね。

がん患者の方は、往々にして、体温の低い方が多いそうです。
低体温というやつですね。

体温が上がると、免疫力も上がります。
免疫力というのは、人が本来持っている、
病気と闘う力のことです。

がん患者の方は、その力が低下気味なのです。
低体温ですと、免疫力も低下します。

鍼灸治療の基本というのは、人間の体の血流を良くすることです。

血の巡りが良くなることで、全身に くまなく栄養分を
運ぶことができます。

え?
そんな話より、痛風のことを書けよ、って?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 鍼灸治療の代わり(?)に、こんな簡単な方法が
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なんで、痛風ブログなのに、癌と鍼灸の話がでてきたのかというと、
低体温という点で少しだけ似ているからなのです。

そりゃあ、若い方は、手足がポカポカでしょうが、
中高年になってくると、だんだん血流が悪くなってきて、
気がついたら、手足がいつも冷たくなっていたりします。
(特に冬場)

ああ、子供の頃は、あんなに手足は温かかったのに!

鍼灸治療は、血流改善に確かにおススメではありますが、
治療代がかかるのですよ(当たり前ですが)。

なにか、いい方法はないの?

てっとりばやく、誰でも手軽にできて、
低体温から脱出できて、血流も良くできて、免疫力も上げられて・・・

そんな方法って、何か、ないの?

それが、あるのですよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 「散歩」には絶大な効果!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それは「歩くこと」です。

ウオーキング。


え?
つまんない?

ありきたりでありますが、散歩することによって
全身の血流が良くなります。

さらに歩くことで筋肉があたためられて、
糖などの栄養分が全身を巡ります。

体温も上がります。
ということは、免疫力も上昇。

さらにさらに、脚の筋肉もついてきて、
全身に対する筋肉量の割合も増えてきて、
(筋肉は熱量を消費するので)
太りにくい体になります。

肥満は内臓脂肪の増加につながり、
内臓脂肪は尿酸値をあげる要因となる物質を
分泌するので、散歩がその対策にもなります。

毎日、1時間、ゆっくりでもいいですから、
歩くことが理想です。

痛風改善における運動とは、
単なる肥満対策だけではなく、
さまざまな効果が期待できるのです。


なぜ、運動不足が痛風の原因のうちの一つ、なのか?
 

仕事などが忙しい人でも、
細切れの10分間でもいいですから、
毎日継続できたならば、塵も積もれば山となる、です。


痛風改善といえば、プリン体の多い食品を減らす、
というのが有名ですが、
それだけじゃないのよ、ということです。

 


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風発作じゃないのに、足の裏が痛い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風発作 足の裏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

えっ!?
痛風発作で「足の裏」なんかが痛くなることがあるの!?

・・・と思う方もおられるでしょうが、
残念ながらというか、痛風発作で「足の裏」が痛くなることもあります。

 

痛風初期症状の人で
「左足の親指の付け根の関節」しか痛くなったことが無い人には
どうも現実味がないでしょうけど、基本的に
痛風発作というものは、ありとあらゆるところが
痛くなるモノなのです。

 

どこが痛くなっても不思議じゃありません。

 

で、正確にいうと、
「足の裏」というのは、足の裏の(内部にある)筋に
結晶化した尿酸が沈着するのです。
足の裏には、親指の付け根やくるぶしのような関節はないですからね。

 

基本的に、大きな関節ほど、尿酸結晶の蓄積も多くなりガチなので、
痛みや腫れも強めです。

 

じゃあ、なぜ?
足の裏は、どうして痛いの?

 

痛いのは、歩こうとしたときなんです。
つまり、ソコに全体重がかかるワケです。

 

これは、痛いです。

 

足の裏の筋は、それほど面積が広いわけではないので、
比例するかのように尿酸結晶の蓄積は少なめでも、
歩くたびに足の裏を地面に接触させねば歩けません。

 

ですので、事実上、歩けなくなります。

 

同様の理由で、アキレス腱が痛むときも、
尿酸結晶の蓄積が大きめの関節より少なくとも、
歩くたびに体重がかかって、激痛となります。

 

う〜ん・・ここだけはホント、勘弁して欲しいです。

 

でね。
そういう、痛風発作のときの話じゃないんですよ。

 

痛風発作で足の裏が痛いのでしたら、
猛烈に腫れあがって、激烈に痛みますから、
すぐにそれとわかります。

 

じゃなくて、そうじゃないのに、普段どおりなのに、
なぜか足の裏が痛いんです。

 

画鋲を踏んづけた、とかじゃないですよ。

 

これは、なぜか?

 

足の裏の痛みは「腎機能」と関係があるのです。
つまり、腎臓や泌尿系などに変調をきたしている可能性があります。

 

腎臓が悪い、とかじゃなくても、
暴飲暴食(年末年始など)で食べ過ぎていたり、
飲みすぎて水分の過剰摂取だったり。
あるいには、寝不足、疲れが溜まっている、
寒い時期で体が冷え切っている・・など。

 

こんなときには腎臓にも少し負担がかかるのです。
体の不調と反射するように、足の裏が痛くなることがあります。
 

 

痛風 季節の変わり目



原因が上記の場合は、
それらの要因が改善されると、足の裏も痛くなくなってくると思います。

 

寝不足   →ぐっすり休んで疲れを取る
暴飲暴食  →食事を減らして、水分も少し減らす
冷えている →体をあたためる

 

それでも、改善されない。
一年中、足の裏が痛い、というような場合は、
もしかしたら、腎臓に少し変調があるかもしれないので、
もし、心配でしたら、病院で診てもらうのも良いかもしれません。

 



 

━・‥…━・‥…━・‥…━
   『痛風 ねこきち
  http://e.gout.tokyo/


 

【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ

痛風の語源は「風が吹いても痛いから痛風」ではないのです


痛風の語源は「風が吹いても痛いから痛風」と呼ばれています、
と言われていますが、これは実は違うのですよ。
真っ赤な嘘、とまでは言いませんが。

中医学(中国医学)では、
“風”という言葉は、「全身を侵す病気」という意味があり、
ここから語源は きているのです。


つまり、痛いばかりか、いずれは合併症で全身が侵されてしまう、
怖い病気ですよ、という意味なのです。

怖いですね・・全身が侵されるのですか?
いや〜ん。

ところが。
日本では、痛風は風が吹いても痛いから痛風、という内容が
まかり通っていて、右を向いても左を向いても前を向いても
後ろを向いても、そんな説ばかり。

さて、話は変わりますが、
日本語というか、言葉というものは
時代とともに、どんどん変化していきます。

よくテレビで見かけるのが、タレントなんかが

「全然、大丈夫ですよ」

なんて言葉を平気で使います。

あの、日本語はマチガイ。
本当は「全然、大丈夫じゃない」というふうに
使うのが「全然」の使い方。

ところが、誰もかれもが
「全然オッケー」なんて使い方をするので、
それがもはや、
デファクトスタンダードになりつつあります。

それから、言葉は古くなります。

たとえば「イケメン」。

そんな言葉は昭和の時代にはなくて、
「男前」だとか「二枚目」だとか「ハンサム」だとか。
そんな言葉、今じゃ、誰も使いません。

「イケメン」こそが、正統な日本語、
という感じです。

てなわけで、
「風が吹いても痛いから痛風」は、
誰もが正しいと思い込んでいるので、
それが正しいのです。

痛風の本ですら、そう書かれていたりするのです。
西洋医学の先生は、東洋医学のことなんか
知らないのでしょう。

私が、痛風というのは、中医学で風が全身を・・とか
叫んでみても、誰も聞いてくれません。

というわけで、痛風の語源は、
 

風が吹いても痛いから痛風」なのです!
 


・‥…━・‥…━・‥…━・‥…
『痛風改善法 尿酸値が高いと』
    http:// e.gout.tokyo/

 


【おすすめ記事(広告を含む)】
 カテゴリ
無料ブログ作成サービス JUGEM
【プロフィール】
[Author: ねこきち]
痛風で長年、苦しんでいます。
以前、「痛風に負けない。薬は飲まない。」という痛風ブログを書いていたのですが、なぜか、
ここ『痛風ぶろぐねこきち』に流れ着きました。
・・てなワケで、あいかわらず痛風の記事を書いています。




【痛風ねこきち サイト内検索】





[ スポンサードリンク ]
Copyright © 痛風 東洋医学 | 痛風 ねこきち All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

ブログパーツ